calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

アスマラ / Asmara Day-2

R0112231.JPG
アリタリアの看板が郷愁を誘う。アスマラへ便を飛ばすヨーロッパの航空会社はルフトハンザのみ。

アスマラ / Asmara Day-2

本来、港町マッサワに行く予定だったのだけど、パーミッションが必要なことに気がつかずにバスに乗り込んだために、アスマラ市街の外れのチェックポイントでいきなり「コレより先に進むのは罷り成らん」ということになる。

R0112207.JPG

R0112208.JPG
ソマリア 2 - 1 エリトリア ケニア 3 ー 1 タンザニア

R0112216.JPG
モスクに

R0112217.JPG
イスラームの匂いのする市場?に

R0112219.JPG
シナゴーグ

R0112229.JPG
そしてカテドラル。

ツーリストオフィスでの、パーミッション発行の手続き(申請翌日/土曜午後と日曜は申請不可)や料金(料金20Nkf/1.3USD)はたいしたことないのだけれど、今回のような金曜の夜に到着するような急ぎ旅のパターンだと、土曜日中になんとか即日発行して貰わない限り、週末はアスマラに釘付けされてしまうことになりかねない。もし、エリトリアの旅行をお考えの方が入らしたら、夜中のフライトで疲れ、次の日うっかり!なんてことがないよう、旅行計画を立てて頂きたい。

R0112227.JPG
中心部のツーリストオフィス。週末を挟む旅程の方は注意!

R0112232.JPG

親切なムスリムに町までヒッチさせて貰ったりしたのは良かったけれど、新しい宿に移り、洗濯を済ませ、軽く町歩きなどをし、宿で一休みしてると停電。そのまま翌日の昼まで停電が続き、本を読めないことはもちろんだけど、PCのバッテリーも程なく切れ、ブログの準備はできないやら、温水器は使えずシャワーを浴びることはできないやらで難渋する。

R0112238.JPG
うーん、結構高いお金を払ったんだが。。自家発電、それがないなら部屋にろうそくくらいもってこい。

うーん、停電や断水に悩まされ、旅の調子の上がらなかったエチオピアやらの事を思い出すし、闇夜にボゥと浮かぶカテドラルが不気味だ。

R0112237.JPG

このようにして、非常にグダグダなアスマラ2日目の夜が更ける。

結局午後9時くらいには寝てしまう。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック