calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ヌーク / Nuuk Day-5

ヌーク / Nuuk Day-5

ヌークニート生活も5日目を向かえ、明日はグリーンランドともおさらば。想像を絶する勢いで何もせずに5泊6日の旅が終わろうとしている。まともにしたことといえば、自炊くらい。5泊6日の14食、全て自炊である。

とは言ったけれど、材料のほとんどはドイツの激安スーパーや、レイキャビクのホステルのフリーフードコーナーから拝借したモノで、それにヌークで購入した冷凍野菜なんかをぶち込み、パスタやお湯を加えるだけ系の自炊なのだけど。。。

R0112523.JPG

それにしてもヨーロッパのスーパーは、ベーシックな食材が安い。500g
のパスタも750mlのトマトソースも、スープミックスのどれも、0.4Eur以下。日本円にして50円にもならない。

グリーンランド、アイスランド、フェロー諸島等をバックパッキングする場合は、是非大量に食材を買い込んで向かわれるべし。現地の食は高い上に貧弱ですぞ。

ま、そんな安いけれど限られた食材をやり繰りし、クリーム系とトマト系料理を順繰りに食べてゆく。が、料理が下手くそな上に適当なので、自分だから食えるが人には出せるようなシロモノではない。うーん、トマトならトマト味、クリームならクリーム味だけ、野菜の苦さやらが引き立つばかりの不味いモノばかり。

うーん、それならばと、最後は鋼の錬金術師(見たこと無いけど)、否、端金の栄養士よろしく、残ったトマトソースとクリームスープの粉末に宿にあるスパイスやらを混ぜてスープを作ってみる。

1,カレーや豚汁の要領で玉葱、人参、茄子、その他野菜、肉を炒める。
2,(水と)トマトソースを適量注入。
3,トマトの酸っぱさが柔らぐまで、ホワイトソースの粉末を注入。
4,棚にある目にとまったスパイスを好みで適当に注入。

この適当料理が、空振りやら凡打続きだったグリーンランド自炊生活での初ヒット!

R0112526.JPG

ドミトリー暮らしが長くなった時期に誕生した料理なので、このスープは
ドミ暮らしスープと名付けることに。阿呆でもでき、格安食材のみで完成できる料理なので、勇気のある貧乏パッカーはお試しアレ。


コメント
今朝起きてドミのドアを開けたら、なんとレセプションにコウメイくんの姿が・・・。
そんな偶然ステキやん。

ぬくぬくヌーク!ずっと自炊ですかー。トドとかオットセイとかクジラとか食べなかったんですか?
ぶらりさん

ぬー、基隆の貴公子は、歩き方で旅してるんですか?

でも、レセプションに彼がふらりっていうのはいいですな。アンマンで語り尽くせなかった話しの続きがカイロで始まったんですねぇ。

イイ話しや。

ヌークの珍獣系料理はサッパリでした。ヌークのカラーリット人達は、ふやけたピザなんぞ喰っており、情けない限りであります。

海獣系はスーパーで鯨をチラリみかけたのみ。海獣生肉モリモリゾーンは、グリーンランドの北部とか、限られたエリアだけになっちゃってる様子でありました。無念。
  • 運び屋@レイキャビク
  • 2010/08/31 9:10 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック