calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ヌーク / Nuuk Day-6

IMG_1304.JPG

ヌーク / Nuuk Day-6

先日は祝日か何かだったからか、グリーンランド国旗の小旗をてにした人達や、国旗を沢山刺した記念ケーキなどを見かけた。何かの祝日だったのかな?

IMG_1316.jpg
記念日は冷凍Sushiで!

グリーンランドがデンマーク領ながら、自治政府を持つというのは知っていたものの、2008年の住民投票の結果、この自治政府の権限がかなり強くなったらしい。エノクセン首相は「遠くない将来に完全独立が実現することを望む」と語った。。。そうな(by wikipedia)。

IMG_1328.JPG

IMG_1330.JPG

グリーンランドはアメリカ大陸に連なってゆく場所に位置する島な上に、南西岸の主都のヌークを筆頭に、町や集落といった人の営みがヨーロッパ(というより北大西洋)側の東岸よりアメリカ大陸側の西岸に多い。

IMG_1335.jpg
雨でも傘を差す人がほとんどいない。

18世紀に先鞭を付けて以来の統治の歴史や投下した資本に加え、氷の下に眠っていると言われる膨大な地下資源をデンマーク政府は手放したくはないだろうけど、住民が「Yes We Can!」と声を上げてしまえば、それを拒絶する明確な論拠がデンマークにはないよなぁ。人口比でもヨーロッパ系は完全に少数派だし。

IMG_1332.JPG

現時点で既に手厚い補助金などで、僻地ながら都市の民であるヌークのイヌイット/カラーリットの人達が、完全独立を果たした後、鯨や海獣を追う元の姿に戻るとは考えられず、自らの文化と資源を切り売りしながら豊かさを求めて、国家を運営して行くのだろう。。

IMG_1331.JPG

やっかみ半分ながら、新しいカラーリットの国として、デンマーク並みに自らの国家を運営し国際社会に参加する。。というのはそう簡単にはいかないかと思われる。

町の中心に聳えるグリーンランド銀行のビルには、国作り株式会社としてお馴染みのデロイトも入っていたし、準備OKな印象も受けたけれど、小さい国に来ると、そもそも国家って何?何人人と人が手を繋げば国民になるんだ?そもそも幸せって何だとか考えちまうんだよなぁ。

IMG_1334.jpg

まあ、僻地でワシも考えた的に今回の旅は終了。ここが終着。

こっからは帰り道。

コメント
週末、尾道に行っている間、9月4日(土)にエアメールとどきました。消印は31日だったから、なんと5日で到着か!
グリーンランドのリポートは、いろんな国と比べてもとても考えさせられました。キルギスそっくりの顔立ち、民族のアイデンティティと生活習慣の変化、補助金漬けの経済とそれでも消えない独立への思い。
隋部の者がコメントするのは難しいが、ではどういう幸福を目指すのっ?て問いたい。
どこまでもどんよりとした低い雲と厳しい自然、でもそれゆえに同時代人としてこの目で見たい、大地に立ちたい、と思わせる国ですね。
最後の桟橋の写真、秀逸。
  • w_yoshi
  • 2010/09/07 10:18 PM
w_yoshi様

ヌーク → カンゲルルススアーク → コペンハーゲン → 成田 

というルートでしょうか。

航空ルートがあったと仮定すると最短ルートは、グリーンランドからアンカレッジを経由して成田といった、所謂、モンゴロイドが歩いてきた道を逆にたどる。になるんですよね。

国家という枠や独立ということを、南太平洋の旅でもいろいろ考えることになりそうです。
  • 運び屋@成田
  • 2010/09/08 1:37 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック