calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ナウルビザの取得と入国方法 ナウルを目指せ!




ナウルを目指せ ナウルビザビザと入国方法

ナウル入国、ビザの手配は、想像以上に簡単です(2010年9月現在)。


グダグダ書きますが、人柱上等!な旅人が状況を打破していますので、アップデートをあらかじめ。

ノービザ、ノーコンタクトでナウル入りし、アライバルビザをナウルでゲットできるのが確認できたのは、タラワ(キリバス)、ナディ(フィジー)、ホニアラ(ソロモン)から。残るOurAirの搭乗地はブリズベンだけなのですが、おそらく問題ないかと思います。メールでのコンタクトが厳しい上、到着前にレターをゲットしてたどり着くなんて、忙しい我々日本人には不可能に近い!

ということで思い立ったら、ナウルエアのホームページでチケット買っちゃいましょ!あ、自己責任でw  
2011年9月。

まず、入国前の事前情報が少なく苦労した。

ビザが必要とか、ビザがないと飛行機に乗れないとか、そのビザをとるためには、ホテルの予約や在住者の招待状が必要だとか。ロンプラの記載だと、ビザ発給の許可をナウル到着前に済ませ、その旨が記載されたレターを必ず持参。到着時にパスポートを預け、翌日イミグレーションオフィスで100ドルを支払って、ビザスタンプが押されたパスポートをピックアップするなんて方法も説明されているけど、ロンプラに記載のあるウルのイミグレの電話番号にかけてもスカイプからだか繋がらない。

レターを持参と言われても、旅をしてばかりな運び屋は受け取ることができない。

なので、元駐オークランド領事部の方に伺った「アライバルでとれる」という情報に望みを繋ぎ、何の準備もせずにナウルに行くことにした。

結果としては、既にブログにアップデートした通り、キリバスで搭乗拒否をされなかったこともあって無事入国。入国後のプロセスもロンプラの記載とほぼ同じく、到着時に空港で取り上げられ、翌日以降に政庁舎に出向いて100AUDを支払いビザを発給する。という方式だった。

ロンプラに「the helpful chief immigration officer」

と紹介されているErnest Stephen氏にいろいろお世話頂いた折、

「今回、事前にコンタクトがとれず、こういった方法でナウルに来てしまいましたけれど、私の渡航方法はまずかったですか?」

と率直に尋ねると、

「航空会社で搭乗を拒否される場合があるから、ナウル入りする前に出発前に到着日と到着フライトを連絡するか、メールを私宛に送ってくれると確実です。
 メールに到着日等を記載してくれれば、レターを発行し、それをPdfでメールを返します。レターがあればナウルに向かうフライトのチェックインの時に搭乗拒否されることはありません。そのあとのプロセスは、アライバルでパスポートを一旦お預かりして、その後、オフィスで発給という手続きです。」

とのこと。整理します

☆ ナウルビザの簡単な取り方

1,ナウル入りする前に、出発前に到着日と到着フライトを連絡。
  メールでもOK。Tel 444 3133; fax 444 3832。
  メールアドレスはアップしませんが必要な方はご連絡ください。
  お伝えいたします。

  ////送付するもの//// 

  A,到着予定フライトおよび日付
  B,パスポートの顔写真のあるページコピー

2,確認後、ナウルのイミグレーションオフィスがレターを発行される。
  メールの場合はPdfで添付されたものがリプライされる。

3,そのレターかコピーでナウル行きのフライトの搭乗は可能。
  すなわち、事前にビザが無くともレターがあれば、入国可能。

4,到着後、いったんパスポートを入国審査時に預ける。

5,翌日、イミグレーションオフィスに出向き、簡単な申請フォームを
  その場で記載、100AUDを支払って無事発行(1ヶ月)。

ということで、旅行中にナウル行きを思い立っても問題なし。入国するまで仰々しいことを書いてお騒がせし、申し訳ございませんでした。

玉砕覚悟で自分のようにビクビクフライトするのでなく、是非コンタクトをとってから、ナウルへ行きましょう。

念のため、ロンプラにも載っていたコンタクト先をアップデートいたします。メールアドレスも頂いたので、ご希望の方がいらっしゃれば書き込みください。

イミグレーションオフィス Tel 444 3133; fax 444 3832

☆ 情報はどんどん陳腐化して行きますので、是非、コメント欄に最新渡航情報、ビザ状況などを追加記載下さい!俺も頑張りますので!皆様の貴重な情報をお待ちしております!

コメント
こんにちわ。
11月下旬にナウルに行こうと考えているのですが、
宜しければその入国管理官の方へのメールアドレスを教えていただけないでしょうか??
このまま何もせずナウルに突入しそうな感じです。。

何卒、宜しくお願いします!
  • uukui
  • 2010/11/03 10:54 PM
uukuiさん

ナウル行きますか!何しにww?

アドレスが書かれた書類やらを実家に送ってしまいましたので、数日お待ちください!
  • 運び屋@成田
  • 2010/11/03 11:12 PM
運び屋様

昔バヌアツ→フィジー→サモアと1ヶ月半ほど旅行した際に南太平洋にはまり、先日、会社辞めちゃったんです(笑)11月13日から3ヶ月ちょっとを使って南太平洋をだらーっと回ろうと思っておりまして。。

何しに、、。何もしないためにww

是非、ご指導、ご鞭撻のほど、宜しくお願いします。
  • uukui
  • 2010/11/04 2:55 AM
uukui様

あー、頭がポッポしちゃったお仲間がw。嬉しいですねぇ。是非是非だらーっとしてきてください。

ernest.stephen☆naurugov.nr

です。☆は@に!

万が一、手に入らなかったらキリバスからドウゾw

ソロモン諸島のホニアラとブリズベンのチェックインカウンターは、ビザチェックがキッチリしているような印象を受けました!

武運長久!
  • 運び屋@中野基地
  • 2010/11/05 12:55 AM
運び屋様

ありがとうございます!
早速メールで送ってみようと思います。

おかしいですね、秋なのに、頭がポッポしてしまい、ちょっと南の方で頭冷やしてきたいと思いますw

一応キリバスから入ろうと考えていますか、それまでに出来る限りのことはしてみようとありがとうございます!
  • uukui
  • 2010/11/07 2:42 AM
uukuiさま

こちらこそお力になれて光栄です!

入国はキリバスからが無難です。釣り道具を持っていくと楽しいですよ!

ナウルでMenenに滞在されるなら、台湾人の体育の先生、Maalang君に是非宜しくお伝えください!

  • 運び屋@SLC
  • 2010/11/08 2:52 PM
運び屋様

お久しぶりです。
運び屋様のおかげで、無事ナウルに入国できました。
現在、郵便局の隣のデジセルから書き込みです。

結局メールはしたものの全く返信は来ず、特攻しましたがなんとかなりました。

かなり暑いのですが、この中、島一周とは。。すごいですね!
まだ滞在の日程に時間がありそうなので、もう少しだらーっと過ごしたいと思います。

この度はいろいろとありがとうございました。
  • uukui
  • 2010/11/27 9:34 AM
uukui様

やったぁ! やりましたね!

これは嬉しい。なんだかナウルに自分がもう一度入国したような気分です。

メールは来ませんでしたか。でも結果オーライですね。税関のこぶとりのおばちゃんに宜しくお伝えください。

6時間で一周できますよYO!何にもありませんが!

とにかく入国おめでとうございます!そして、楽しいご滞在を!

おおお、なんだかこっちも力が湧いてきたぜ!日本に帰ったらアンゴラ攻略準備に取りかかります。
  • 運び屋@DL2825便搭乗中
  • 2010/11/27 10:49 AM
お久しぶりです。ただいま、アメリカンサモアでトケラウ行の船に乗るまでの時間を潰しております。
結局、島一周しました、何もやることがなくて(笑)
これからもブログにちょくちょく覗きに来たいと思います!ありがとうございました!
  • uukui
  • 2011/01/20 5:35 PM
uukui様

やたらランドローバーが走ってたでしょ?

キリバスから入ると2日間くらい退屈になりますよねw

いいですねぇ、羨ましい!トケラウ行かれますか!

僕は、トケラウの他、ニウエ、ニューカレドニア、ウォリス=フツナ、ピトケアン、パラオの6つの国と地域が未訪問です。

是非そちらも時間とお金を作って遊びに行きたいと思います。

色々お話お聞かせ下さいね、良い旅を!

  • 運び屋@成田基地
  • 2011/01/21 5:06 AM
はじめまして。
僕も運び屋さんに感化されてナウルに行ってしまった一人ですw
一昨日OurAirlineに乗ってフィジーからキリバス経由で入国し、デジセルの隣のネットカフェから書き込んでます。
ビザの件ですが、2011年2月現在も簡単にアライバルビザが取得できます。
入国後の具体的な手続や必要金額も運び屋さんがレポートされてる通りです。
フィジーのナンディ国際空港ではビザチェックはありませんでした。
なお、ビザ発給の際にイミグレーションオフィスの職員に「日本人観光客は年間どれくらいなの?」と尋ねたところ「10人ちょっとかしら」という返事を頂きました。
引き続きナウル人と同様の手持ち無沙汰状態で島をウロウロしたいと思います。
それでは!
  • mitsudai
  • 2011/02/18 7:46 AM
mitsudaiさま

でた、ナウル馬鹿参号機(失礼)!

お役に立てたようで何よりです。また、情報が少ないのにも関わらず、ナンディからのナウルトライ有り難うございます。これで、東のキリバス、フィジーからの入国は、アライバルビザの手続きながら(今のところ)問題ない事が分かりました。この調子でナウルの日本人観光客を倍増(といっても20人ですが!)させたいですね!

イミグレの女性職員さん。私もすごくお世話になりました。mitsudaiさんの宿泊先がメネンホテルでしたら、現地で体育教師をしている台湾人のMaalangさんに宜しくお伝え下さい!島で唯一のケンタッキー?とマクドナルド?を案内してくれるかもしれませんよ!

残すところは、微妙な海岸線を、謎の大量ローバーやら日本軍のトーチカやらを堪能しながらほっつき歩くw徒歩6時間ナウル1周ぶらり旅ですね!

良いナウル滞在を!
  • 運び屋@NRT
  • 2011/02/18 1:49 PM
運び屋様

はじめまして、こんにちは。
私は、年に1回は旅に出たい、OLバックパッカーです。
以前からナウルに興味を持っていました。
ビザの情報を探していたら、ここにたどり着きました。

この春、時間がたっぷりとれるようになったので、旅行の計画をたてようと思っています。
タヒチ、ツバルも回りたいと思っていて、ルート設計で悩んでいます。
入国までのルートや、ナウルのぶらりスポットなどアドバイスあれば、ぜひお聞かせください。
  • さえもん
  • 2011/02/28 1:26 AM
さえもんさん

無常の喜び!

一旦これから日本に帰るのですが、明日の夜、なんとナウルをかませた世界一周をしている卒業旅行生氏とお会いします。

N.Y.時間の明日夜。

ナウルにツバルならよいのですが、タヒチが加わるとなかなか厳しいですね。飛行機のスケジュールがかなり厳しいので、予算も大事ですが、日程をどれだけ揺ったりとれるかが大きいかもしれません。

その辺りも踏まえていろいろ話しますが、明日N.Y.で飲みませんか?

。。。。冗談はさておき。

予算と時間がどのくらいあるのか書きこんで頂ければ、卒業旅行生氏との話の肴がてらモデルプランwを考えてみます。

ナウルに日本人観光客が増えるのなら努力は惜しみませんよ!


  • 運び屋@JFK
  • 2011/02/28 1:45 AM
運びや様

さっそくのレス、ありがとうございます。
私も明日の夜はNYにいるんですよ。
NYといっても<N>AGO<Y>A、なんですけどね(笑)

本当のNYに行けないので、旅行の条件を書き添えます。
【期間】
1ヶ月以内
…3月末日をもって退社します。(コトブキではありません)
確か1月に1度、決められた日に職安に行かなければならなかったと記憶しているので、期間は1ヶ月以内、と考えているんです。

【予算】
30万前後
…宿泊で予算を削るのはウェルカム、相部屋も気にしません。

ガイドブックで調べてみたら、おっしゃるとおり
ツバル周辺とタヒチ周辺のアクセスがリンクしなくて、頭をかかえておりました。
(スカイチームのマイレージがたまるカードを使っているので、デルタ航空、エアタヒチヌイ航空や大韓航空利用だとベターだなぁと思っています)

勢いあまって、たくさん書いてしまいました。
もし、お二人がお嫌でなければ、話のネタにしていただけると嬉しいです。
  • さえもん
  • 2011/03/01 12:10 AM
さえもんさん

結果から申し上げると、ほぼ不可能です。

スケジュールをキッチリ決めれば30日でナウル、ツバル、タヒチを巡る事自体は可能ですが、急ぎ足な上、予算は50万〜になります。

ナウルは良くも悪くもあの調子ですし、ツバルも短い滞在となれば、本島のフナフティ環礁だけ。そうなると南の島ライフというより、学術調査やボランティアな視点になりかねません。

また、50万前後でタヒチを加えたとしても、タヒチ島と隣のモーレア島にちょろっと遊びにいく程度とお考え下さい。。

うーん、タヒチは切った方が良いのでは?

それなら30万でなんとか収まって、フィジーで南の島ライフを味わえると思います。

いずれにせよ、南の島のバックパッキングはキツイッす!


  • 運び屋@マドリッド
  • 2011/03/03 8:20 AM
運び屋さん

うぅむ、難しいんですね。残念。
でも、ありがとうございます。
距離感も全然分からなかったので、参考になりました!
もっと色々検索してみて、ナウルの次に一番気になる国に焦点を絞ろうかな、と思います。
  • さえもん
  • 2011/03/04 12:24 AM
さえもんさん

南の島には、タヒチに負けない美しい島々が沢山ありますよ!

敢えて言うなら、その国の本島でなく、離島に出かけてみるのが、美しい海や自然に触れる事ができ、南の島の良さを実感できるかもしれません。

それでは良い旅を!
  • 運び屋@AIN-TAYA
  • 2011/03/04 5:46 PM
運び屋さま

はじめまして、ビール大王と申します。
私も近々にナウルに行こうと考えています。
いろいろネットで探していたら、貴殿のサイトを発見いたしました。
私のような旅人にとっては、非常に有用な情報を感謝しております。

すでに、ソロモンからのチケットは押さえました。
で、ご教示いただいた、アドレスにメールしたら、
どうやらメールボックスが一杯のようで、
cannot update mailbox ...
というエラーリターンメッセージが返ってきました。

なので、私もアポなしで突撃したいと思います。
あるいは、飛行機に搭乗できないかもしれないので、
いんちき返信メールでも作っていこうかと思っています(笑)

とりあえず、有用な情報にお礼申し上げます。
  • ビール大王
  • 2011/08/03 10:58 PM
ビール大王さま

ソロモンルートが開拓されましたら、東西の空路から、結局ビザ無し(アライバルビザでの入国)が可能となります。

是非是非、ローバーだらけの島を半日ちょっとかけて歩いて回ってみて下さい。

そうそう、私も追っかけで、再来週にフィジー入りします!

それでは良い旅を!
  • 運び屋@KLIA
  • 2011/08/04 8:05 PM
運び屋さま、
ご多忙の中、ご返信ありがとうございます。
一昨年のツバル、昨年のキリバスに続き、ナウル訪問になります。
お勧め(?)のローバー写真とりまくり島一周にチャレンジしたいと思います。
私の訪問は9月になりますので、またご報告させていただきます!

この季節、ナンディー空港前を通る、さとうきび列車は、あまりの風情のなさに笑えて結構好きです!

それでは、引き続き良い旅を。
  • ビール大王
  • 2011/08/04 10:41 PM
ビール大王様

こちらは9月までには、ウォリス・フツナとトケラウの最新情報をお届けしたいと思っております。例によってグダグダになるでしょうが、お互い良い旅を!ですね。

それでは首を長くして、ソロモンルート開拓の朗報をお待ちしております!


  • 運び屋@TSN
  • 2011/08/05 6:25 PM
運び屋さま

ご無沙汰しております。
ナウル行ってきました!
入国に関する情報ありがとうございました。

ソロモンでの搭乗時にチェックなし。ホニアラから乗ったのは4人。
隣に座った商用ニューギニア人、入国審査で前に並んでいたフィジー人、オーストラリア人、
みんなどこで入手したのか同じ様式の「レター」を持っていましたが、
結局、入国審査官はチラ見しただけで、パスポートと一緒に引き出しの中に預かり状態。
オーストラリア人は抵抗していましたが、私は、どこに取りに行けば良いか、いくらかかるのかと、
運び屋さんからの情報の通りであることを確認だけしました。
結論を申し上げると、結局はレターは、搭乗の時にチェックされなければ、
入国時にあってもなくても同じようです。翌日も入国管理事務所で問題なく(名前すら名乗っていない)
ビザが発行されました。特に書類の提出はなく、ノートにサインだけでした。

メネンホテルのバーで会ったオーストラリア人ビジネスマン(医療用品の輸出をしているらしい)に
聞いたら、年4回ブリスベンから来ているが搭乗時にチェックはないとのことです。
日本人はどうか知りませんが、ブリスベンから挑戦する勇者を待ちましょう。

余談ですが、そのバーでビリヤードの順番を決めるのに、じゃんけんをしていました。
現地では、ジャーケーと呼んでいるようですが、70年前に日本人が持ち込んだもの
でしょうか。パスポートを取りに行った入国管理事務所でもみんな知っていました。

飛行機は往きが13時間遅れ(事前にメールで連絡あり)、帰りは2時間早く出発。
行きはキリバスは通過。帰りはソロモン通過でした。燃料が良く持つと思いましたが...
飛行機は残念ながらアワーエアのカラーでなく、ほかの日に当該機材を使っている、
ノーフォーク航空のカラーでした。(ノーフォーク島も未踏です)

私も、ナウルを訪れる日本人観光客の間で密かなブームの島一周ウォークを挙行。
ツバル、キリバスに続いて、滑走路歩行も制覇。
アジサシが飛び、プルメリアが咲きほこる、すばらしい島でした。
ランドローバー、私も何枚か写真をとってきたので、宝くじのあたりチェックのように
同じのがあるか確認してみたいと思います。


長くなりましたが、ご報告まで。
運び屋さまの情報のおかげで、ナウル踏破できましたこと、重ねてお礼申し上げます。
また、どこかの国のブログに登場させていただきます。

その足でダーウィンから東ティモールにも寄ってきたため、
ご報告が遅れてましたこと、お詫びいたします。

では。
  • ビール大王
  • 2011/09/26 12:23 AM
ビール大王さま

西ルート開拓!ありがとうございます。そしてお帰りなさい!

> みんなどこで入手したのか同じ様式の「レター」を持っていましたが、

誰がどうやって発行してるんでしょうね?島には安宿もなければ航空券もないのだから、少しやる気のある人が、オーストラリアやらでサポートするとか、

「アライバルビザがかくかくしかじかの国にいくらで発行される」

と島の政府がアナウンスするだけで楽になるのに。。仕事嫌いなナウル人でもそれくらいはやって頂きたいモノですね。それさえ済めば少なからず観光客が増えるだろうに。。


> 余談ですが、そのバーでビリヤードの順番を決めるのに、じゃんけんをしていました。現地では、ジャーケーと呼んでいるようですが、70年前に日本人が持ち込んだものでしょうか。パスポートを取りに行った入国管理事務所でもみんな知っていました。

素晴らしい!ジャーケーするだけにまたナウルに行きたくなってきました!

こういう話、大好き!泣きそうです

。因みに今いる仏領ポリネシアには、真珠の養殖業者や、リン鉱石!採掘を行っていた島などが戦前にあり、見た目はバッチリタヒチ人なのに名字が「カトウ」さんとかがいらっしゃるらしいです。

書き込み誠に有り難うございます!

ピトケアンにもたどり着き、拙い情報ですが渡航方法やらをアップデートしました。トケラウと併せ次回!

  • 運び屋@タヒチ
  • 2011/09/26 6:31 AM
運び屋さま

ナウル行ってきました。時系列で状況説明します。
10月19日
アワーエアにメールでビザのこと問い合わせる。
10月20日
アワーエア (fabiana.harris@ourairline.com.au)から返事ありビザ問い合わせのメールアドレス教えてくれる。
Mrs. Charisma Capelle 宛でアドレスはcharisma.capelle@brisbane.gov.nr
早速メール送るとすぐ返事来る。内容は
Please advise how many traveling, date of intended travel and the purpose of your visit. I will need to know the purpose of your visit if either for tourism or business purposes.
すぐにパスポートコピー添付して返事送る。

アワーエア ブリスベン11月6日発とナウル11月9日発の便ネットで予約するがクレジット決済でうまく行かずメールで問い合わせる。
10月24日
アワーエアよりクレジット決済完了のメールにイーチケット添付されていた。

Od'n Aiwo ホテルodnaiwo@yahoo.comにメールする。
すぐ返事が来て金額の説明があり部屋のタイプ聞かれたのですぐに返事。

ビザの件返事ないのでMrs. Charisma Capelle にメール。
10月28日
ビザ、ホテルともメール来ないのでどうなっているのかメールで問い合わせる。
11月1日
ビザアプリケーションフォームが添付されたメール来るがホテルのブッキングの証明求めて来る。
11月2日
ホテルから返事ないので説明しフォームだけ送る。
11月3日
返事が来てやはりホテルを予約せよとのこと。
ホテルに電話するがネットで調べた3つの電話番号すべて繋がらず、そのことをメールで訴える。あとでわかった電話番号は
Tel. No. 5588644 or 5581154.
11月4日
本日夜ゴールドコーストへ出発。ビザ、ホテルとも返事ないのでとにかくアワーエアチェックインさえクリアーできれば何とかなると思っていたらなんとMrs. Charisma Capelle からentry permitを添付したメール来る。彼女には今日出発することは伝えていた。
11月6日
ブリスベン空港アワーエアチェックインでentry permits 見せずに試してみたがビザのこと聞かれ到着時に取ると説明すると係員どこか行きなんと我々のentry permits のコピー持ってくる。チェックインカウンターにすでに送られていた。手続きに1週間ほどかかるとメールに書かれてた割りに最後はちゃんとしていることに驚く。結局レターなしでブリスベンから乗れるかどうかはわからなかった。
11月7日
無事ナウル入国、やはりパスポート取られ午後にビザ着きのパスポート取りに行く。
ホテルの迎えはなかったが公共交通機関がないので誰か車に乗せてくれる。
ホテルの人によるとネットの状態が悪いのでメールできなかったとの事。
私の場合最初の問い合わせから2週間ほどでentry permits が来ましたが結局ブリスベンからレターなしでのチャレンジはできませんでした、すみません。
  • KEN
  • 2011/11/17 9:13 AM
KENさん

貴重な情報を本当に有り難うございます。

周到に用意し、難関国ナウルをキッチリ訪問されたその粘りとスタイルに感服しております。アワーエアのキッチリとした対応が印象的でした。おかげでブリズベンルートのノービザ出撃が可能かが分からなかったのですがw

内容を纏めさせて頂き、これは再アップデートしなければいけません。有り難うございました!

&#184;
  • 運び屋@大崎
  • 2011/11/18 1:39 AM
こんにちは。
遅ればせながら、渡ナウルしてきました!

時間があいてしまいましたが、日本語のサイトでナウルビザについてはこのページが最新だと思うので、ブリスベン発の状況を報告させてください。

結論から言うと、レターなしでもブリスベンからOur Airlineに搭乗できました!

何度かブリスベンの領事館とメールのやり取りはしたものの、書類の不備なんかもあり、そうこうしているうちに週末になったりで、最終的なレターはないまま突撃しました(^_^;)

チェックイン時に「レターはないの?」と聞かれ、「何度かやり取りはしたんだけど、まだもらっていない。到着時にビザを取る予定」と答えたら、あとは職業だけ聞かれて、搭乗券をゲット。

入国時のプロセスは運び屋さんたちと何ら変わりなく、パスポートを召し上げられ、午後に総合庁舎みたいな建物で100豪ドルと引き換えにパスポートが返ってくるというものでした。

「今年に入って初めてよ!ほら、新しいノート。」なんて言われながら、ここでも「レターはないの?」と確認されたので、こんなギャンブルはしないで、無難にレターをもらっておいた方が良さそうな雰囲気です。

ついでに言うと、OD-N-Aiwo Hotelのシングルが100豪ドルに値上げされてました。ご存知の通り、コスパはよくないけど、仕方ないかもです。
  • そら
  • 2013/01/10 6:22 AM
そらさん

在外ナウル公館は、相変わらずですね。小言を言いたくなる所ですが、結局の所、Our Airが就航しているどの空港からも、ナウルのビザやビザに準ずるレター等が無くとも入国できるということですね。

2010年の渡航以来、ナウル入国のスッキリしなさは解決しておりませんが、皆さん、そしてそらさんの果敢なアタックもあって、ここまで辿り着きましたねぇ。。

ナウル便への搭乗拒否がされなかった履歴が積み重なったことで、

粛々と航空券を準備し、ナウル到着時に粗相せず、謙虚に審査官と向かい合えば、日本人なら入国できる!んですね。

いやあ、チームプレーで謎の国ナウルへの道を切り開いた感ありますねぇ。。嬉しい!
  • 運び屋@NRT
  • 2013/01/10 9:20 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック