calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

アルジェ / Alger

R0014552.JPG

アルジェ / Alger

バスを乗り継いでアルジェに向かう。路線バスの一区間は距離にもよるけれど、10〜25DZDほど。20分乗って10DZD位。

R0014545.JPG

R0014544.JPG

本日は金曜のお祈りの日。学校もお店も軒並み休み。大きな交差点には、野菜を満載した軽トラックが並び、そのまま市が立つような賑わいを見せているところもある。売るのも買うのも男性が多い。

R0014549.JPG

R0014550.JPG

アルジェに到着後、かつてのアルジェの中心、歴史的地区、世界遺産でもあるカスバにテクテクと歩いて向かう。そして登る。若干ションベン臭かったり、潰れた家の跡地にゴミが山盛りになっているのはご愛敬。

R0014554.JPG
独立戦争の闘士達の写真が飾られたカフェ

細い路地、寄り添うようにアラブとコロニアルがミックスされた建物。それらに縁取られた紺碧の海と駆け上ってくる子供達。なーんて書くと旅情を誘われる。

R0014563.JPG
この路地なんてゆったりしてる方、もう一本奥に入ると傾斜系路地裏。

R0014572.JPG
あ、Liberoの2人がサッカーした所だ。

R0014574.JPG
マルシェ(市場)もお休み

けれど、世界の「旧市街」と呼ばれる地区というのは、そういった掻き立てるモノを持っている反面、社会的インフラの整備や刷新がなかなか行き届かない。山高ければ谷深しではないけれど、天然の良港っていうのは、大きな船を抱きこむ深い海を持つ反面、ゆったりした平地を確保できず、斜面に市街が切り開かれるというパターンが多い。そういった港町というのは、インフラの整備が更に難しくなる。だからこそ古い町並みが温存される。なんだか卵と鶏の話になってくる。悩める世界の港町。

R0014564.JPG

こういった町の対極にあるのが、世界中のちょっとした郊外なんかに作られる新興住宅地かもしれない。真っ平らな土地に上下水道をひいて電気ガスを引き入れ、均一な幅の道で均一な碁盤の目の区画。味気ないけど便利、不便だけど趣がある。。。なんてことを考えながら登る。

R0014566.JPG

釜山、ヴァルパライソ、長崎、尾道。。。。

頂上のカスバ*にたどり着くと、城壁やガチガチに固めた胸壁なんかが見えてくるのだけど、カメラを出した瞬間に「NON!」とフランス語で怒られる。場所によっては迷彩服にヘルメット機関銃の歩哨が立っていたりと、一部は現役の軍事施設(軍関係の宿舎?)になっている様子。

ということで、そそくさとカスバを去る。

道を下りていると、アラブな衣装(トーブ?)を身に纏った人が多い。おそらく礼拝に出かける人。のんびりついて行くと、大きなモスクに吸い込まれて行く。天気が良くて気持ちがよいのだけど、午後になるとカスバ付近はレストランはおろか、カフェも昼休みか?半ドン?か分からないけど、ほぼ100%といって良いほど店が閉まってしまう。

R0014575.JPG
モスクに向かう人々。

R0014576.JPG
振る舞いクスクス?

R0014578.JPG

ゆったり、アルジェリアの人に交じってエスプレッソをバチッとキメる!なんてことができないためテンションが下がる。その上、金曜礼拝後のデモを警戒してか、人が集まる場所に配された警官の多さも気にかかる(ま、いつものアルジェを知らないから何とも言えないが)。町で写真を撮ると、少しでも彼らが入ってしまうと、「NON!」と言われてしまう。

R0014579.JPG

R0014585.JPG
帰り道。郊外は数十年の年を経ているモノからピカピカなものまで、集合住宅が多い。また、軍や警察施設とくっついているモノも多く感じる。そういった人達に優先されるのかな?

R0014587.JPG
現在ライトレールを延伸中。これのおかげで道が混んだ!

R0014588.JPG

R0014589.JPG
Ain-Taya行きのバスを乗り換えたBordjのバススタンド。

R0014599.JPG

これはもう仕方ないなと思い、早めにアルジェを撤退。見逃したモノも多いかもしれないけれど、なんとなくアルジェとアルジェリアはまた来る気がするので、次回の楽しみにとっておくことにしよう。


*カスバ casbah:フランス語。アラビア語のガスバァgasbahは砦の意で、城塞/城市を指す。主に、城塞に囲まれた居住地区を指し、このアルジェリアのモノが有名。カスバだけだと、このアルジェのカスバを指すと言っても良いかも。英語と混ぜるとThe Casbah的な立ち位置?モロッコにはドイツの古城街道に対抗して?カスバ街道なんてのがある。ただ、城壁で囲まれた居住地域と、本格的な軍事施設が集合する要塞的なカスバが併設/一体となった場合ちょっと混乱するかも。ご多分に漏れず、アルジェには、カスバを見下ろすカスバがある。


コメント
3/7アルジェ投函のエアメール、本日届きました。
やはり時間がかかりますね。
たえず思索しつつ旅を続ける運び屋さんの姿勢が、今回も伝わってきます。アルジェはまだまだ緊張しているんですね。

ところで、ぼくも伊集院さんのポッドキャストを聴いてみました。
運び屋さんの話題に、ついていけるだろうか……
  • w_yoshi
  • 2011/03/23 12:22 AM
w_yoshiさん

届きましたか!遅いけれど届いただ得よかったです。アルジェリアは空港にポストが無く、ポストカードを買った本屋さんの店主への手渡しだったので、心配だったのですが。。

見ての通り、思索してるというより、揺れ動いて、アタフタして、一喜一憂するだけです。旅をすればするほど、喋れば喋るほど、書けば書くほど、一貫性が無くなり、頭を抱える毎日です。

あ、伊集院のポッドキャスト聴きました?

w_yoshiさんにはオススメできないなぁ(笑)
  • 運び屋@ニューアーク空港のラマダプラザホテル
  • 2011/03/23 12:33 PM
そうでしたか! 本屋さんに手渡しね〜
わかるわかる、そういう時は心配ですね。でもいい人だったってこと!
あと、伊集院、最後にピエール瀧のリクエストとして、満月の夕をかけていた。伊集院の心の一面がきらっとひかってた、かな。
  • w_yoshi
  • 2011/03/23 10:41 PM
w_yoshi様

さっそくサンピエールからも送りましたよ!

なんだか、w_yoshiさんと伊集院って繋がらないw
  • 運び屋@サンピエール島
  • 2011/03/25 2:39 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック