calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

WM 435 SXM-SAB

R0015448.JPG




WM 435 SXM-SAB

HND-JFK-MIA-CUR-BON-CUR-SXM-SAB-SXM-EUX-SXM-IAD-LGA//JFK-HND

世界有数のオモシロ空港のSXMとSAB。二つの空港を結ぶのは、カリブの小さな島々を結ぶウィンエア。

R0015433.JPG

R0015434.JPG

それではサバへ。小さな機材はターミナルの端の沖留めゲートからの出発。なんだかサバ便の案内が表示されず、アナウンスで乗客を呼んでの搭乗だった。

R0015435.JPG

R0015436.JPG

バスゲートで搭乗となり、DHC-6に乗り込む。乗客は15人くらいで少し空席がある。なんだか飛行機に乗り込むのを急ぐ人がいるので、「なんだ?」と思ったが、搭乗して納得。自由席なので、このフライトに乗る場合、前の方のシートに座った方が、運転席が丸見えだし、全長僅か396Mの滑走路への着陸の臨場感を味わえるのか。。。。なるほど。

R0015442.JPG

R0015443.JPG

離陸してすぐに右旋回。そのまま真っ直ぐサバ島の方向に向かう。

後ろのシートのため、刻々と迫ってくるサバの島影を堪能する事はできなかったけれど、気がつくとズドーン!と目の前に岩山が迫り、気がつくと空港が機首右前方に見えてくる。

R0015449.JPG

R0015454.JPG

R0015448.JPG


小さい!ヘリポートみたい!すぐに島の絶壁を右手にしながら滑走路への進入となり、無事着陸。ググッとグリップを効かせ、あっという間に機体が止まる。それでも396メートルの滑走路のうち300メートルくらいは使ってる。

R0015463.JPG

R0015464.JPG

入国審査はスムーズ。宿泊先を尋ねられるが、日帰りである旨を伝えると「ホイ」とスタンプを押されたパスポートを返される。パスポートは兄弟のような立ち位置のボネールとほぼ同じな、EUの意匠に近いモノ。ボネールではフラミンゴが片足で立っていたけれど、サバのスタンプには椰子の木がひょこっと描かれていた。

R0015465.JPG

R0015466.JPG

入国審査を終えたところにちょっとしたスナックバーがあるので、そこで飲み物を少し補給。あのタクシーが出ちゃうと足がないわよとお姉さんに急かされたので、それに乗ってしまう事にした。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック