calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

サバ島 / SABA

R0015524.JPG

サバ島 / SABA

396メートルの滑走路だけ見て、飛行場で時間を潰して帰ろうと思っていたのだけれど、到着前の大絶壁とターミナルから見上げた斜面の家々を見て、飛行場だけではもったいないぞという気分になる。

定期的にコソ泥にバッグやら財布やらをかっぱらわれ、寝過ごして列車やバスや飛行機をミスりつつも、旅慣れたと言われる人間になったの、旅的感受性はどんどん摩耗してしまっている、アレな状態だったのだけど、このサバは「すごい」な、と純粋に唸ってしまう。

ターミナルにあるスナックバーのお姉さんにボトム(島の中心集落、政府庁舎などが集まる)までどう行くの?と尋ねると、正に出発しようとしている乗り合いタクシー(ハイエース)を指さして、「あれ!乗り過ごすと無いよ!」と言われる。迷わず乗り込む。

R0015472.JPG

どうやら、ホテルに滞在するお客さんを空港でピックアップし、2軒ほど回りつつボトムに向かう様子なので、そのまま助手席に乗って島を簡単に散策したいのだけどと伝える。オヤジが「引き受けた」といった調子で頷く。

空港の駐車場を出るとすぐに九十九折りの道となり、飛行場がみるみる小さくなる。道路脇には石積みで平らかにしてようやくへばりつくような人の営みがあると言ったところ。ただ、生活水準は低くないという事前に得ていた情報通りで、家々はこぎれいに纏まって自家用車が各家庭に一台ずつ位もっている様子。空港からの九十九折りを上りきったところに協会を中心にしたひとまとまりの集落があり、そこからは、険しいモノのあまり高低差のない道を進む。しばらくすると、Windwardside/ウィンドワードサイドの集落。

R0015493.JPG

R0015496.JPG
道を設計した人のメモリアル

そこで、カップルを降ろし、ボトムに向かう。この間の道も急斜面にようやく拓いたトレイルといった見晴らしはよいけどかなり険しい道。カラコラムハイウェー状態。大きな車同士はすれ違う事すらできないかと思う。

R0015475.JPG

ボトムにたどり着いてホテルで残りの乗客を降ろす。どうやら小さな島のホテルでウェディングパーティーを行う様子。到着を待っていたコンサルジュがキッチリエスコートするようなしっかりしたホテルだった。

R0015477.JPG

R0015479.JPG

さて、残った乗客は自分のみ。改めて帰りの飛行機の時間を伝えると、簡単に車でボトムを散策して、Windwardside/ウィンドワードサイドに戻り、そこで軽く散歩して空港に行こうと言う事になる。

R0015481.JPG

R0015484.JPG

R0015485.JPG
カシューナッツの木

R0015486.JPG

島の産業は、政府関係、観光、漁業といったところで、人口は2,000人。そのうちの400人は島にあるアメリカの医科大学の学生だそうだ。教会と政庁舎が集まる建物なんかを見て回り、サバ医科大学の中を軽く車で流してもらって、「」に向かう。

鯖烏賊鯛、変換を間違えると寿司屋の湯呑みみたいになってしまうね。

ま、いいや。

R0015497.JPG

冗談はさておき、町を案内されているうちに何処から来た?という話になって、「日本」と答えると、なんだか会話がギクシャクしてしまう。自分がそういう対応されるのに身構えた空気を出してしまっている事もあるからか、陽気なオッサンなのに、会話が流れずに途切れてしまい、「本当に大変な時だな」「言葉がないよ」なんてことを言われてしまう。

なんだか会話が途切れ途切れになって、Windwardside/ウィンドワードサイドに向かう。断崖絶壁の山の上の集落が見えたところで、「こんな山の上なら津波が来ても大丈夫だね。」と言うと、「ここまで津波が来たときは、世界の終わりだよ。」なんて話す。少し和む。Windwardside/ウィンドワードサイドにたどり着き、30分ほど時間をもらって近くを散策に出る。

R0015501.JPG
ウィンドワードサイドの集落。

R0015502.JPG

R0015503.JPG

R0015507.JPG



よくもまあ、こんな所に住んでいるなぁというのが正直な実感で、それ以上に何かを感じたか?というとあまりそういうモノはない。一泊しても良かったなぁと思うけれど、崖系高度恐怖症な自分にはとても住みたいとは思わない。

R0015513.JPG

R0015524.JPG

時間になったので、同じ飛行機に乗る二人のフランス人をピックアップして、空港に向かう。到着前に飛行場の見晴らしの良い場所で降ろしてもらい、少し写真を撮ってからターミナルに向かう。3時間弱のサバ観光はおしまい。



コメント
ああ、ボネールやサバって、
ダイバーで地味なカリブ愛好家の私の行きたいところばかりだ・・・
ペンギンさん

行くしかないですね。あの断崖絶壁を見てしまうと、同じような崖が海の底までガッツーンと続いているってことですよね。

考えただけで気持ち悪くなっちゃいます。。。

現在、シント・ユータティウスですが、これから出発する便の乗客はダイバーばかりですよ!
  • 運び屋@シント・ユータティウス
  • 2011/04/02 11:38 PM
3月31日消印のポストカード、本日(4月20日)千葉に届きました。
日本人の99.9%が知らないサバ島の、たぐいまれなかぐわしさを纏いながら。こういう国こそ記念切手で稼げばいいのに、と思いますが……。
こちらも無事に韓国より帰国しました。植民地時代の遺構を訪ねるのは、ほんとうに難しい旅でしたが、現地側の誠実な歓待のおかげでいい旅ができました。
またいつかご報告の機会があれば……
  • w_yoshi
  • 2011/04/20 7:39 PM
w_yoshi様

サバからチバ!

隣国を旅する、掘り下げるというのはそのような難しさを乗り越えなければならないですよね。僕も倭城を見物するときも、ニコニコしながら

「秀吉の城を見に来ました!」

なんてのたまうことができないのと同じかもしれません。

李舜臣は相変わらず日本の事にらんでますし。。

ご報告の機会を楽しみにしております!
  • 運び屋@GCI ガーンジー空港
  • 2011/04/22 5:04 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック