calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

エルビル入国で別室送り

R0016529.JPG

エルビル入国で別室送り

ネットで集める知識なんてのはホントに当てにならない。サウジアラビアでの人柱に引き続き、このイラクでも、人柱となってしまった。

まず、入国審査の列に並ぼうとすると

「ビザがないだろ、ビザの列に並びなさい」

と促され、そちらの列に並ぶ。前に到着したスラブ系の人たちがさくさくアライバルビザを支給されるのでその最後尾に付き、パスポートを係官に渡すとなにやら険しい表情。

「アジアの人はは事前にビザが必要だよ」



「エルビルのホテルや観光局で、クルド自治区ならば日本のパスポートでアライバルビザが取得できるときいている。3月に実際にこの件についてやりとりしたメールがこちらにあるので見てください。」

と言い、それらの内容を見せるけど、

「アジア人はビザが必要」

の一点張りな上、

「飛んできた飛行機でドバイに戻れ」

と言われる。それはたまらないと思い、フランクフルト行きのチケットがあるので、それで出国する旨を伝えると、荷物を引き取るように言われて別室、というより空港警察(出入国審査を担当?)の詰め所に案内され、そこで待っていろと言われる。ただ、対応は非常に穏やか。どいつもこいつも拳銃と手錠を持っている某国の入国審査とは大違い。

しょんぼり臭を発散させ、詰め所の隅で小さくなっていると、戻りの便が無いのか、部分的に情状酌量してくれたのか、「飛んできた飛行機でそのまま帰れ!」みたいな厳しいトーンはなりを潜めた感じ。なんとか夜明かしはできそうだなぁ。

R0016530.JPG

安心して、詰め所のソファーでうとうとしていると、近くにいた空港警察のお兄ちゃんが詰め所の奥の部屋に案内してくれ、ここで寝てなよ。というゼスチュアをされる。既に先客二人くらいがうつぶせで寝てる。

どうやら奥の部屋は彼らの雑魚寝スペースらしい。床に絨毯が敷かれただけなのだけれど、疲れもあって思いのほか寝心地がよく、結局、空港警察のお兄さん達と一緒に、仲良く夜中から朝7時過ぎまでぐっすり眠ってしまった。

R0016531.JPG

翌日、少しメンツが入れ替わった詰め所の上長?に話してみるが、昨晩に引き続き、

「アジア人はビザが必要」

の一点張り。ぬーん。

エルビル空港はピカピカの新空港なのだけれど、接続可能なWifiなどが飛んでおらず、ネットで航空券の予約や変更ができないし、電話なども使えない!これじゃ航空券の変更も、暇つぶしもできない。

と思っていたら空港警察の優しいお兄ちゃんが空港のWifiのパスワードをどっかからゲットしてきてくれて、ネット開通!

R0016533.JPG

R0016534.JPG

この時点で入国が厳しい事が分かったので、少しでも早く飛び立たなければならないと思い、手持ちの航空券の日程を変更する。変更手数料なし!有り難い。

R0016535.JPG

R0016536.JPG

空港警察のお兄さんが、ルフトハンザもオーストリア航空も同じ会社だという認識で、「航空券変更してもらっちゃえYO!」と言われ、LH/OZが一緒になっているチケットオフィスに出向くが、そう簡単に変更はできない。アワード発券だしなぁ。

この時点で完全に入国審査の向こう側に入って、イラクにいるんだけど。。。ま、入国にはならないよな。

つーことで、前進ゼロ。水前寺清子ことチーターでおなじみの、

「0歩進んで0歩下がる」

なまま12時間程経過。

R0016541.JPG

一日4便しか国際線が飛ばないピカピカの空港で、自由ながらも、実質監禁状態だなぁ出発まであと16時間。

コメント
トーホグはふぐしま産の日本酒を飲みながらコメ!

おおぅ、クルディスタンっすか!!・・・って、入国できないんすか??大変っすねー。

こちらは日本で無事花粉症とアトピーが再発です。でも日本でシコシコ生きていきます。

西アフリカはどうなったんすか?イクんすか?日本から、世界をオマタにかける運び屋さんを応援してまっせ!
  • ぶらり
  • 2011/04/16 4:24 PM
ぶらりさん

フィリ○ン最終決戦編をすっ飛ばしてブログを終わらせようとしてるでしょ!そこのお兄さん!更新したとたんに突っ込もうと思ってるのですが。なかなかアップデートしないな。

体調崩されましたか、でもシコシコできるくらい下半身に力が入ってるならいいじゃないっすか。

もう、俺は卑屈とルサンチマンでバックパックが重くって大変なうえ、下半身なんてほとんど使ってないので、ガタがきてます。

西アフリカ行きますよ!

ただ、モーリタニアの長い列車はパスし、中華料理屋だけにします。海岸線の国はさっさと訪問し、マリはあとからじわりと旅しようと思っとります。

  • 運び屋@エルビル空港
  • 2011/04/16 5:11 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック