calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

クルディスタンイラクの空港で感じた事やら。

R0016548.JPG

クルディスタンイラクの空港で感じた事やら。

見た事、聞いた事、感じた事を、ザーッと。

ドバイから飛んで来ると、非常に世俗的なムスリムな印象を受ける。空港職員はクルド系がいからか、もともとイラで比較的世俗的な政権が続いたからか、女性の髪出しは各自に任せると行った印象。アザーンも流れなければ、メッカに向かってお祈りする事にも熱心で無い。髪を出し、体のラインをプリンプリンな何処かへ旅立つ女性と、その知り合いなのか、空港セキュリティーの色男が、ガッチリ握手をしてから立ち話をしていた。どういう関係なんだろう?

クルド人自治区での民族構成はアラブ系半分、クルド系半分といったところらしく、空港などの職員はクルド系が多め。クルド系のお姉さんが、砂漠や乾燥が強い場所は「アラブの土地」と呼び、そこにエルビルの町が含まれ、砂嵐がおこるような、エルビル市内やその周辺の乾燥地帯より、寒くとも緑が広がる高原の方が住み心地が良いと言う。夢も希望も破れたわけじゃないのだけど、やっぱり山が近い所がいいわ。なんて遠い目をして言う、東京砂漠在住の山岳長野美人みたいな感じ。あ、適当な印象です。

クルド族は、トルコ、アラブ、ペルシャに挟まれ、各民族国家に支配された人々だけど、世俗的な印象、顔出し髪出しの女性、顔立ちなどからするとクルドを囲む3つの多数派民族の中ではトルコに一番近いと感じる。

R0016549.JPG

R0016550.JPG

R0016551.JPG

R0016552.JPG

まぁ、そもそもトルコだってアタチュルクみたいなかなりヨーロッパ度合いの強いトルコ人などもいたりで多様なため、何がトルコと言い切るのは難しいけれど、アラブ人とペルシャ人とは一線を画している、「中央アジア人」といった印象を受けるからかな?

まぁ、そういった意味でやっぱりトルコに近い。現在トルコの領土となっているクルド人は快く思わないかもしれないが。

いずれにせよ、ユーラシアに散らばる「トルコ系諸族」といった顔立ちで、トルコ、コーカサス、中央アジアなんかの匂いがビンビン来る。

剽悍な雰囲気を身に纏いつつも、北暇さえあれば民族系の音楽を携帯から流し、歌を歌ってくれる所なんかは、気のよいウィグル人やウズベク人みたい。音楽だけではアラブ系かトルコ系かきっちり判断する事はできなかったけれど、ドンブラのような弦楽器を使う様子。イイ!

クルド系の多い空港警察びスタッフ同士は、年齢や階級の差などはあまり気にせずにじゃれ合って、時々強烈な肩パン!やバチーンと大きな音を立てる握手をしたりと、明らかに人同士の触れ合い方がアラブとは違う雰囲気。上長が特別なのかもしれないけれど、長幼の序、みたいなガチガチした上下関係が希薄に感じられる。

NHKのトルコクルドの特集でも、トルコの圧政により途絶えかけたクルドの文化を復興させる運動や努力が出ていたけれど、古いクルド語話者や、クルド語の民謡を歌う事のできる老人に対して、村の若者が、さほど緊張せず、友人に接するように語りかけ、文化を学び受けるなんて光景があったが、それを連想した。

また、家族的の結束が強過ぎたり、結婚費用などが馬鹿にならず、晩婚化なども問題になっているようだった。直接関係あるか分からないけれど、ゲイのカップル(空港警察です)が恥ずかしげもなく、空港警察の休憩所で転がって抱き合っていたりする光景も。

----------




いつまでも出発せず、出入国審査場を行き来する怪しいアジア人が気にかかり、掃除のスタッフなどに話しかけられて言葉を交わすようになったが、彼らはクルドでもアラブ人でもなくスリランカ人。空港のカフェはではフィリピン人が働いていた。入国も出国もうまく行かずに空港で2泊する事になった自分に義憤か同情を感じたのかスリランカ人のうちの一人が、

「この国のビザの問題は難しい、そして外国人にとってまだ安全とは言えない。」

なんて言う。

詳しく話すと、スリランカ人労働者が交通事故死しても、死体がどこかに持ち(連れ)去られ、何週間も経ってから発見され、まともに捜査もされないとのことだった。カフェで働くフィリピン人は暢気なものだったけれど、掃除夫のスリランカ人はひたすら年季が明けるのを待っているといった感じで、なんだか気の毒だった。

市街や市場を見て、人々の暮らし向きや物価の実情なんかを見ることができれば良かったのだけれど。空港でふらついた感じでは、クルディスタンイラクでは、キルクークのような世界有数の油田があるからか、豊かな暮らし向きなのかもしれない。単純労働を南アジアの人々に任せているようで、スリランカやフィリピン以外にも中国人やネパール人がお仕事していた。

--------------------

旅能力の低下や情勢の変化もあって、非常に消化不良に終わってしまい、旅的にはほとんど何も残せなかった中東をおさらばすることにする。言い訳しても仕方が無い、次回きっちりオトシマエを付けに戻ってきます。

マイナー国訪問の比重が高くなってきて以来、思うように旅が進まず頭が痛い。全ての国に行きたいぜ!とハードルを上げた事で、思いもつかなかったような場所に突っ込んでいけたりと、それはそれで楽しさもあるし、今までの旅の積み重ねが決して小さくない実感はある。けれど、自分自身の旅能力や、物事への興味はなんだか削られ気味の低下気味。「何やってる俺?」感はつのるばかり。

ゴールテープを切った所で、自分自身の阿呆な部分や、しょうもない箇所が生まれ変わるわけもないってのが目に見えてて。。萎える!

まあ、こんな生活になる前も、このまま会社で働くのも無理だろう、そんな人生なんて。。。なんて思っていたのだから、同じか。

さて、時々発症するグダグダ自己嫌悪症候群の書きちらしはこのくらいにして、いざ出発!

ま、そんな自分を慮ってか、空港警察(入国管理担当)の皆さんは非常に優しく、入国は許可してくれなかったけれど、空港の中は自由に動かせてくれるし、2泊も詰め所に泊まらせてくれるし、空気を吸わせてくれたり、出国審査だけはしてくたり。。。

そして出国スタンプを押してくれたり!

本当にお世話になりました。アリガトウ。


入国できなかったけど、出国はできたw

さて、ルフトハンザでフランクフルトへ!

*敢えてウィキとかを読まないで感じた事を書いてみました!間違い探しがてら、クルドやトルコのあたりの事を勉強してみては?面白いっすよ!

コメント
まずはお疲れさまでした。やはり入国が難しいようですね…。でもクルド人に関する印象、非常に興味深かったです。
国がない最大級の民族、クルド人。イラクの北部で多数派を占め、油田の恩恵を受けているクルド人。いろんなクルド人の面がありますよねー。クルド語は一応、インド・イラン語派に属するようですが、中央アジアの匂いがしているようですね。おもしろいっす!歴史上のシルクロードの大きさをヒシヒシと感じてしまいます。
やはり、シルクロードの国々はmustですね!いきてー。
  • K
  • 2011/04/17 7:09 PM
Kさん

言葉は、インド・イラン語かぁ。口ごもるように喋るのが、ロシア語っぽく感じたのだけど、その辺りの感覚が「X」なのでよくわからなかった!

アフガニスタンといい、イラクといい、中央アジアやその「きわ」のいろんなものが混じり合って面白い場所に限って、旅するのが厳しいんだよな。

でも、やっぱり俺の旅のルーツはシルクロード&中央アジアだとあらためて感じました。あそこ(っても広いけど)が一番ビンビン来ます!
  • 運び屋@HEL ヴァンター
  • 2011/04/17 7:57 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック