calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ラバト二日目 / Rabat Day-2

R0017783.JPG

ラバト二日目 / Rabat Day-2

さて、二日目。

否、一日目の後半から。

パスポート更新の申請を終え、町の中心部で両替屋等を済ませ、タジンを胃袋に放り込むと、先日の空港泊もあってか睡魔に襲われる。魔物のされるがままとなり、夕方までの記憶無し。軽く洗濯などをしてもまだ日が沈まないので、宿の地図で目星を付けておいた「お城」を見物に出かける。

R0017772.JPG

「お城」に向かう夕焼けの海岸の道はモロッコカップルやら釣り人、そして海にはサーファー。若干チョッピーだけど、スウェルが突堤で整えられ、きっちり波乗りできる波が立っている。海を見下ろす場所の風はオフだった。夕方だからかな?そういえば宿には真っ黒に焼けた韓国人サーファーがいた。世の中には面白い連中がたくさんいるなぁ。

沿岸砲台やウダイヤ城を見物し終えると、日がとっぷり暮れる。

R0017809.JPG
鳥のタジン

R0017811.JPG
デーツが入っており甘くてフルーティー。チキンにしみ込んでうまい!

夕方の祈りの時間は、モスクに男たちがぞろぞろ向かうものの、スークですれ違う女性の服装も体のラインだってポンポン出してる西欧風が多い。髪の毛を隠している人なんて半分かそれ以下かな?

R0017813.JPG

ラバトは首都としてはコンパクトなサイズかもしれないけれど、鉄道駅も新しければ、そこからトラムが伸びていたり、西欧的なインフラが導入され何かと新しい。

ヨーロッパに大きく引き離された国というイメージはどんどん覆されるけれど、遺構やらそこそこの飯が食え、思いのほかラバトの居心地はいい。

R0017814.JPG
イイ顔してるなぁ

夜はカフェでクラシコ観戦したあと、市場近くの食堂でまたもタジン。

-------------

タップリ睡眠を取って、日本大使館に向かうと既に新しいパスポートが出来上がっている。在外日本大使館の対応やら仕事っぷりは、旅人によって評価がまちまちだけれど、自分自身はあまり悪い思いをした事は無く、今回お世話になったラバトの日本大使館の担当官の方も、仕事が早く、余計な心配やら何やらを言われる事も無い。

お礼を述べて退出。発給料は1000DHだった。

日本大使館がある地域は、市の中心から南東へ車で10分(20DH程度)程、各国の大使館や敷地の広いお屋敷が集まる山の手の高級住宅地といったところ。近くの公園では奥様方がウオーキングしたり、あり得ないスピードでモロッコ人のランナーが駆け抜けていったりします。モロッコでスリやらかっぱらいにあったら、絶対追いつけない。下手したら自転車でも負けるかも。。。。そんな高級住宅地の道をフラフラとあみだくじ形式でモーリタニア大使館へ向かう。

因みに日本大使館の隣は、パキスタンとチリで、モーリタニア大使館にたどり着くまでに、ヨルダン大使館、ナイジェリア大使公館、マリ大使館、ドイツ大使館などがあり、変わり種ではマルタ騎士団の代表部なんかもある。結局最終的には少し迷ってしまい、モロッコ人の親切な案内でようやく到着。

R0017821.JPG
フランス語がさっぱりなので、これからの南下はますますキツくなる。。

ビザの申請は、申請用紙がフランス語/アラビア語表記の為に苦戦するが、近くにいた兄ちゃんに教えてもらって無事申請を受理される。ボールペンは持っていかれてしまったが、まあ許してやろう。発給料は340DHで、明日の午後2時にもう一度来なさいと言われる。

R0017750.JPG
マトウダイかな?大西洋に面していることもあって、チュニスより遥かに魚種が増える!モロッコのマルシェはなかなかたのしいなぁ。

R0017751.JPG
マルシェの脇の食堂で調理してくれると思う。

さて、これにてやらねばラバトな申請は終了。残った時間はラバトとその周辺に5つ以上ある、お城や要塞、都市囲郭の遺構の見物で終わりかな。

明日カサブランカで一泊して、明後日朝出発の30時間バスで西サハラを目指すことにします。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック