calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ヌアクショットからダカールへ

R0018182.JPG

ヌアクショットからダカールへ

朝の7時過ぎに宿を出て、ヌアクショットの南に位置するロッソ方面のガラージュから8時前に出発し、セネガル国境の町ロッソに11時頃到着。前方シートは二人乗りな所を2倍の料金で一人乗りにしたので楽勝。

R0018175.JPG

R0018178.JPG

R0018179.JPG
道中。

Rosso-Mauritaniaのチェックポイントからすぐの場所にタクシーは停まってくれるが、非常にアフリカらしい国境で、荷物かつぎ、両替商、口利きや気取りの兄ちゃんが大量発生して鬱陶しい。日本円にして700円とか800円くらいだろうけど、きっちりボラレてしまった。

まあ、一応渡し船で国境を越えたので、国際フェリーの項に国境越えの件は別途アップデートする事にする。

R0018190.JPG
セネガル!

セネガルにサクッと入国して、小額ながらユーロをまたまたキツいレートで両替し、馬車でバスガラージュへ向かう。

R0018193.JPG

R0018195.JPG

モーリタニアでは、ラバが頑張っていたけれど、セネガルでは荷駄として馬が活躍しており、地方都市ではこうして馬車タクシーが現役な様子。空気が乾燥していることもあってむしろ、人間より匂わないかもしれない。

R0018197.JPG

Rosso-SenegalからDakarまでの直行乗り合いタクシーは8,500CFA。そのうち1,000CFAは荷物代らしいが、現地の方が払ってるかは不明。例によってボラれたかも。

R0018198.JPG

ボロッボロなシトロエンのバンは、赤ん坊を抱えたお母さん4人、大人の男4人の12人乗り。道中の景色は砂漠からまばらに木立もチラホラなサバンナ?な景色になったけれど、正直退屈。そのうえ、後部座席に押し込められた身動きの取れないギュウギュウ詰めの8時間移動。

R0018200.JPG

最後の数時間は長距離移動に慣れた体のはずなのに、足が痺れて浮腫み、マッサージし続けてなんとかしのぎきる。西アフリカ旅は始まって間もないが、8時間の長距離ぎゅうぎゅう詰め移動はキツい!一応無傷で辿り着いたけれど、ヘタってしまった。本当にキツいのはこれからなのに、西アフリカ旅のこれからは、大丈夫なのだろうか。。。。。

R0018201.JPG

おまけに、宿がある地区が停電中。タクシーをダカールの黄色いのに乗り換え。目安の場所に降ろされるけど、荷物を抱えてあっちをフラフラこっちをフラフラ。セネガル人に助けられてようやく宿にたどり着く。

R0018202.JPG

長距離移動も問題だけど、これから訪れる国の電力事情は更に悪くなる。日没後に到着しないよう計画を立てないといけないなぁ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック