calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ビザ取り完了!@ガンビア

R0018458.JPG

ビザ取り完了!@ガンビア

またまた、朝の10時前にギニアビサウ領事館に出向くが、本日は領事閣下が遅刻されている様子。ブチっといきそうになるけれど、深呼吸。結局本日も11時過ぎまで待たされて、ようやくパスポートを手渡される。また明日来いなんて言われたら、リアルに、金を返せやら云々をせざるを得ない状況だったので一安心。

R0018451.JPG
バカウの交差点。中華民国大使館がある。

急いでバンジュールに向かって、シェラレオネハイコミッションに向かうが、タッチの差で担当の方が外出。守衛のお兄さんに2時頃戻って来なよと言われる。昨日、11時に来るっていったのを待ってたくれたみたいで申し訳ない。あのギニアビサウの唐変木め。。。。

R0018453.JPG
ロンプラのマリ大使館の位置は大間違い、Maritaime Officeしかないよん。

せっかくだからバンジュールの町をふらつき、ギニア人(自分たちの事はギニアコナクリ人と言う)と屋台でコーヒーをやったり、小さいながら充実したガンビア国立博物館を見物したりする。バンジュールには倉庫や卸売りの店が多く、トラックからの荷物の積み降ろしなんかの光景を良く見かけるが、基本的に人力。フォークリフトのようなものは無く、市内の各所で、運び屋、担ぎ屋が活躍している。

R0018470.JPG

R0018471.JPG

R0018472.JPG

2時過ぎにようやく、ハイコミッションで担当官とお話ができ、若干のフォーム訂正を経て、無事申請を受理される。「本当は明日発給なんだよ!」なんて言われるが、融通を利かせてすぐに発行してくださった。有り難い。あったく、ギニアビサウの唐変木は、インターンでも丁稚でもいいから、ちょっと修行してこいよ。ったく。

ダブルエントリーで申請したのだけど、ビザスタンプには"MULTIPLE"の表記。あら?マルチなんですか?と尋ねると、「ダブルより良いでしょう」とのこと、有り難い。一昨日、手に入れたギニアの3ヶ月マルチビザと併せ、これで3ヶ月限定ながら、シェラレオネとギニアを無限に行き来できる!ま、あんまり意味ないし、やらないけれど。。。

ただ、ギニアかシェラレオネでトラブルやら体調を崩した場合、マイル発券でビュッとヨーロッパやらに一時的に戻って態勢を整え、再出撃っていう旅のオプションが得られた。「体力、根性、金も無し、けれどマイルがあるザンス」な、オッサン旅行者にとってこのアドバンテージは大きい。

ビザ取得状況は、常に変化しているので何とも言えませんが、2011年5月現在、うまくすれば最短1泊2日で、シェラレオネ、ギニア、ギニアビサウのビザが取得できます。私は一番駄目な順序で申請してしまった為に2泊3日だったけれど。。。。

1日目

1、バンジュールのシェラレオネハイコミッションでビザ申請即発給。
2、セレクンダのギニア名誉総領事部でビザ申請即発給。
3、バカウのギニアビサウ領事館でビザ申請。

2日目

1、バカウのギニアビサウ領事館でビザ発給。

っていうのが一番効率的かな?

1日目の午後2時半までにギニアビサウ領事館で申請を済ませなければならない!という時間的な厳しさと、到着翌日だとまだまだ土地勘が掴めずに効率的に回りきれないという不確定要素もありますが、是非、ゲーム感覚でトライして欲しいなぁ、どなたか。。。。。挑戦する方は事前にメールでもください。みっちり事前準備のサポートをいたします。

シェラレオネハイコミッションを出たのは午後も3時。奴隷を積み出し、「Roots」のクンタキンテでお馴染みのジェームス要塞にはこの時間では間に合わない。まあ、シェラレオネまでのビザ取りやらの問題は完全に解決したし、良しとしよう。

R0018482.JPG

今夜は、今後のジュルスケをもう一度練り直し、明日セネガルに入るか、はたまたもう一泊ガンビアるか、ちと考えてみる事にします。


コメント
お久しブリーフ。香港楼イッたんすね。宿はアッバですか??

西アフリカ、ガッツリ回る感じっすか?僕は西アフリカは味見程度だったんでギザウラヤマシス。色々あったみたいですが、無事にビザが取れてよかったっすね。

5月から仕事してます。悪名高き旧社保庁です。ところでハコビャーさんは年金保険料ちゃんと払ってますか?
でた!華麗な社会復帰!

西アフリカ全部回りますよ!とりあえず、リベリアまで行って、そこからマリに向かいます。丁度一年前にぶらりサンがマリでおっぱいがいっぱいした頃になるかな?

さて、年金保険料ですが。。。

会社やっていた頃の一部の保険料が未納のようだ。と実家から先月連絡を貰った気がします。。。。。帰ったら課徴金を払って前納します。すんません。
  • 運び屋@ジガンショー
  • 2011/05/12 11:58 PM
どうも、御無沙汰しています。元OYAJIMAFIAです。
バッラからバンジュールへの船、つい2カ月前に
乗ったばかりなので懐かしさでいっぱいです。
私はダカール→国境→バッラ→バンジュールを
1日で突破しました。大西洋に沈む夕日が
感動的でしたよ。またその辺から旅を再開するので、
ガンビアでのビザ取得情報は非常に有益です。
あ、ジガンショールにいるならそこでのビザ情報が
あれば物凄く助かります…場合によっては
ダカールからジガンショールまでフェリーの
可能性もありますので…。

後、今月はカーボベルデにお邪魔します。
5月26日 LIS 22:10 TP217 0:15 SID
5月28日 SID 1:05 TP218 6:55 LIS
でも、運び屋様とはかぶらなさそうですね…
  • barbaroi787
  • 2011/05/13 12:30 AM
ガンビアを5/11に投函されたエアメール、昨日の24日に千葉に到着しました。貼ってあった切手には、消印が捺されていませんでした。で、この切手は、コラという楽器の美しい絵のもの。これは貴重でした。ありがとうございます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/コラ_(楽器)
「人と人との距離が無い」とは、どんな感じなのでしょう。
ご報告、楽しみに待っています。
  • w_yoshi
  • 2011/05/25 4:38 PM
丁度、新しい葉書をフリータウンから投函しました!

ブバケ島では、コラとジャンベとクラッピングで暇な若者たちが
海に向かってセッションしてました。

こらは、ボウンボウンという音と瓢箪の部分をカカカンと叩く調和がいいですねぇ。

あ、何故かカザフスタンのドンブラが聴きたくなってきました。。。
  • 運び屋@フリータウン、シェラレオネ
  • 2011/05/27 3:28 AM
「ブバケ島では、コラとジャンベとクラッピングで暇な若者たちが
海に向かってセッションしてました」
こういう瞬間こそ、旅の醍醐味といえるのでは?
本でも映画でも決して味わうことの出来ない、時間と場所の一期一会だな〜

「カザフスタンのドンブラ」
ネットでトゥランを見てから、ぼくも同じ気持ちです。
  • w_yoshi
  • 2011/05/31 8:12 PM
w_yoshiさん

ブバケ島では、3月頃にアフリカンミュージックのフェスティバルがあるようです。不便さは否めませんが、時間の流れは揺ったりしており色んな出会いもあったし。いい旅ができたと思ってます。

そうなんですよ、ドンブラの響きを聞くと、その場所にいられなくなるような感覚になるんですよね。。
  • 運び屋@バマコ
  • 2011/06/01 10:37 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック