calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ビサウからブバケ島へ / Bissau to Ile ha de Bubaque

R0018584.JPG

ビサウからブバケ島へ / Bissau to Ile ha de Bubaque

定期便に乗り遅れた為、ローカルボートでブバケ島に向かう。ブバケ島はギニア・ビサウ沖のビジャゴス諸島の中心の島。ギニアビサウの田舎も捨てがたいけれど、ラッシュラッシュな陸路移動の前に一息きつき、魚釣りやら潮騒の音で目覚めるのも。。。と考え、通り過ぎるだけの予定を変更する。ギニアビサウ辺りから気合いを入れて旅しなけりゃいけないのだけど、まあ焦らずに行こう。

R0018565.JPG

R0018535.JPG
同じ場所の先日の昼の潮位

ビサウの船着き場は、昨日の昼間とは一変、昨日はゴミだらけの灰色の水底を晒していた場所にプカリプカリ船が揺らいでいる。ブバケ行きのボートもすぐ見つかる。すぐに出港とは行かなさそうなので、魚市場や船から水揚げされる魚をみて過ごすことにする。

R0018564.JPG

R0018566.JPG

R0018571.JPG

R0018573.JPG

R0018575.JPG

潮位差はあるとはいえ、ビサウが河口にイチしているのか、海水魚、淡水魚どちらの魚も市に出されている。メーターオーバーのオニカマスとナマズが隣に並んでいる光景が面白い。この辺りの水域の豊かさが伝わって来る。

R0018583.JPG

8時前に波止場について、10時前に出港。

竹葺きにビニールシートを被せただけの屋根のボートには、担ぎ屋のおばちゃん達の日用雑貨、シガンショールのセネガル人がリゾートバンガローに運ぶ塩ビ管などが載っており、乗員乗客は合わせて20人くらい。貨客船といったところかな?

ビジャゴス諸島が大西洋のうねりを遮るからか、波はほとんどなく、船は揺れない。エンジンの調子が悪くなって推進力を失うと、あっというまに潮に流され、船が滑るように回転してしまったりするが、そんなトラブルも一度だけですぐに調子を戻し、最初から最後までスムーズな船旅だった。

R0018583.JPG

拙い言葉でいろいろ声をかけられるが、やっぱり英語が通じるガンビア人との会話が多くなってしまう。ガンビアにも、ギニアコナクリや、ギニアビサウ人を見かけたけれど、西アフリカの人々は自分のIDカード程度で自由に国境を越えている様子だ。

彼と色々話していると、ブバケ島からコナクリへもこれと同じようなボートが所要、一日半で出てるという。おおぁ、その船に乗ることができれば、ビサウからコナクリへの面倒な陸路移動がブバケる、いや省けるかもしれない。

R0018587.JPG

R0018590.JPG

R0018594.JPG

R0018595.JPG

屋根に乗っかり救命胴衣を枕にし、担ぎ屋のおばちゃんの歌声を子守唄にしながらブバケを目指し、リゾートバンガローの前の浜に塩ビ管を降ろしたり、軽く寄り道をしてブバケ島に無事到着。(5Hrs/2,500CFA)

宿はガンビア人の彼に促されるまま、当初の予定を変更して彼の友人が経営するというゲストハウスに投宿。

日没まで時間があったので、海に出て少しルアーを投げてみるが反応無しだった。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック