calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ワガドゥグ → ニアメイ / Ouagadougou → Niamey

R0019270.JPG

ワガドゥグ → ニアメイ / Ouagadougou → Niamey

バンバラ語だったか、正確な言語は忘れてしまったのだけど、ワガドゥグー、デドゥグ(Dédougou)、キシドゥグ(Kishidougou)のように、ギニアやマリでやたらと「ドゥグー」という地名を見つけるので、ドゴンのガイドに聴いてみたら、どうやら「町/Town」を意味するらしい。

そんな我が町、ワガドゥグをあとにすることにした。

東隣のニジェールの首都、ニアメイまでは幹線が走っており、道もそれほど悪くないらしい。直線距離だと400キロだけど、まあ南に大きく弧を描くルートなので、600キロ位といったところか?

ロンプラの記載では、

BURKINA FASO
The main crossing is Foetchango, southwest of Niamey. Minibuses (CFA8100, 11 hours) leaving Niamey’s gare routière, 1km west of Kennedy Bridge, and SNTV buses connect Niamey and Ouagadougou (CFA10,000, nine to 11 hours, Tuesday to Sunday).
Those with vehicles can also cross via Téra, northwest of Niamey.

とある。

R0019266.JPG
ワガドゥグの朝焼け

さて、ロンプラ以外にもバス会社はあるみたいだけれど、STMBという宿の近くのバス会社を利用する(10,000CFA/荷物代は何故か取られなかった)。所要時間も出発時間も期待しないけれど、一応の出発時間が6時となっているので、6時にはバス会社の乗り場*に向かう。

*ブルキナファソやマリは、バス会社の乗り場からの出発のとたくさんの会社が集まるバスガラージュ発の二種類ある。自分の場合、ワガドゥグ
に到着したのは、バスガラージュ、出発はバス会社の乗り場。

R0019268.JPG

まあ、出発しないよね。

そもそも、ニアメイ行き!と言われたバスの周りに積み重なった荷物の量が半端無い。これを10分でバスの上に載せることができるのは、山姥か超人ハルクだけだね。そもそも載せきれるのかなぁ?

R0019273.JPG
プラスチック薬缶。水をいれて、飲料用はもちろん、食堂では手洗い用にも使われるし、ムスリムにとってはお祈りの前に、手足を清めるのに使います。

R0019275.JPG
チャリンコ数台は当たり前、バイクも楽勝で詰め込みます。

R0019276.JPG
鉄製の唐箕かな?

もうこの時点で、ニアメイに明るい時間に到着するのは諦め、なるべく頑張れ程度に出発までの軽めのカオスを楽しむことにする。さて、6時出発予定のニアメイ行きは、なんやかんやで9時に出発!

R0019277.JPG

R0019280.JPG
出発!

R0019282.JPG
故障!

が、バス会社の乗り場を出る前に、右後輪でガキっという嫌な音がして、バスが止まる。オイオイ。これから600キロ走るってのに、5メートル走っただけで故障するなよ。。。

もう西アフリカの交通機関には何も驚かなくなってるけれど、出発してすぐにトラブル。コレじゃ鳥人間コンテストで、バンジージャンプみたいに真下に落ちる飛行機だよったく。天井に積んだ荷物の重みで、ごっぷしと車内の天井は凹んでるし。。。大丈夫かなぁ。。。

で、結局4時間遅れで出発。うーん、4時間あれば、成田から台湾とかに楽勝で行けるなぁ。。。とか考えながら、東へ。

R0019284.JPG

R0019288.JPG
山羊のグリル

R0019289.JPG

R0019290.JPG
パンケーキみたいなもの

R0019291.JPG
味付け一緒。

R0019293.JPG
オジサンにおかわりを頼んだ茶色のスパイスがGood!それ以上におっさんが良い顔してるなぁ。

ブルキナファソの乾燥地帯な景色は相変わらず。緑の濃淡や途中の集落の大小はあるけれど、見渡す限り同じような景色が続き、雲に溶けてしまうような景色な為に若干退屈し、眠ってしまう。

R0019299.JPG
両国のチェックポイントの間。

ブルキナファソ側のカンチャリ/Kantchariで、出国プロセスを済ませたのが、夕闇迫る午後6時過ぎ。両国のチェックポイントが非常に離れているため、ニジェール側の、マカロンディ/Makalondiで停車し、入国プロセスを済ませるともう辺りは真っ暗。

R0019301.JPG

R0019303.JPG
うお!このバスも積んでるなぁ。。

ここで、ニジェール側の税関検査などが行われると同時に、日没のお祈りや、その後の食事タイムとして時間が取られているようなのだけれど、辺りの停電に、バスの右後輪の再アクシデントが重なって、なんと4時間も待ちぼうけを食らわされる。

R0019309.JPG

R0019310.JPG

もう、フラフラ。

ほとんどこのマカロンディからの記憶がないまま、バスに揺られる。。。

気がつくと、真っ暗だけど、西アフリカスタンダードからするとかなりこざっぱりしたバスターミナルでバスが停車し、車内は降車時のざわめき。

時計をみると午前2時。ブルキナとニジェールの間には時差があるから午前2時前か。。。と時計を直す。。

R0019315.JPG

もう、ここからホテルを探す気力も体力もないので、結局バスの座席でしばらく粘ったあとは、バス停の堅いベンチで朝を待つ。

ロンプラには(nine to 11 hours)と記載があったけど、出発の遅れもあわせれば、ニアメイにたどり着くまで結局19時間近くかかってしまった。。。西アフリカ恐るべし。。。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック