calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ザンダー / Zinder

R0019365.JPG

ザンダー / Zinder

ジンダーでも分かってもらえるけど、ザンダーの方が通じます。

ザンダーは東にチャド湖、西にはニアメイに続く道、南にサヘル随一の歴史都市カノ(人口400万)、そして北にサハラへの最後の町アガデス。まさにサヘルの十字路といった町。

R0019363.JPG

乗り合いバスターミナルでは40度を超える中、人やら荷物をギュウギュウに詰め込んだプジョーやハイエースが犇めき、黒い煙を吐き出して出発してゆく。その車を避けながら歩いていると、ナイジェリアの通貨ナイラの札束を手にした両替商が近づいてくる。ターミナル近くではトラックからの荷卸しで人々が汗を流し、なるほど。人と物が行き来する町なのだということが伝わってくる。

R0019356.JPG

町を見下ろす低い丘にはには要塞というより、物見櫓程度のささやかなフランスが築いた砦があるけれど、それ以外に見るべきものもない。1時間も歩けば町の様子を感じるのに十分かもしれない。

さて・・・。西アフリカに入ってからずーっとなのだけれど、マリやブルキナファソ等のサヘルの国々に入ってから「貧しさ」という言葉を感じ、自分ができることの少なさ、旅人という身分のいい加減さに愕然とすることが多くなった。

R0019360.JPG

ギニアでもマリでも、小さなポリバケツを手にする子供を多く見かけ、食事の残りや小銭をあげてきたけれど、ニジェールに入るとそのバケツが、ただのブリキ缶やプラスチック製のお椀なんかになり、差し向けてくる人々も子供やおばあさんだけでなく、おじいさんや障害をもった人なども多くなる。

貧しさは、西アフリカのサヘルの国々になるとさらに厳しくなるように感じられる。サヘルとは、サハラ砂漠の南縁に東西に延びる帯状の地域を言い、人間が牧畜や農業をして生き延びるギリギリの土地。ひとたび干ばつが起これば飢饉にみまわれ、雨期の恵みの雨も振りすぎて洪水になると、社会的インフラの未整備などからコレラを蔓延させることもある。

国名で言うと、モーリタニア、マリ、ブルキナファソ、ニジェール、チャド、スーダンなどがそれに当たる。ナイジェリアやカメルーンの北部も含まれるかな?その中でも自分が旅しているニジェールは国連が世界で最も貧しい国の一つとされており、旅をしているだけでも、マリやブルキナファソより更に厳しい状況だという印象を受ける。

ニジェールは国民の65%が1日1ユーロ以下で生活しており、世界的な食糧危機や石油の高騰などの影響が生き死にに直結るのを強いられているのだと、ナイジェリア大使館で参事官の方から言われ、「アフリカの貧困をや矛盾をどうしたら解決できるのか?」なんていう難題を投げかけられ、苦し紛れ気味に

「やっぱり教育かと。。」

なんて言ってみたものの、

「ニジェールのような最貧国では、教師に給料を支払う事もできなければ、子供が学校に行く交通手段もなく、歩いて行くために必要な朝食すらとれないという状況なんだよ。」

と返されてしまい、結局、頭を抱える以上の事ができなかった。

西アフリカのバス停や乗り合いタクシー乗り場で、ホームレスの子供らを観ない事はないし、ワガドゥグの食堂では、隣の客が食事をして勘定を済ませ、席を立って歩き出したかと思うやいなや、ワッと子供達が集まって、残飯を手づかみで口にしていた。このニジェールでもバスから空きペットボトルを投げると子供達の取り合いが始まってしまう。

貧しい地域の中でも更に状況が厳しい土地を旅しているのだと感じた上、こんな事を書きつつも。ビザ取得やらで戸惑い、バスのスピードに一喜一憂しつつ呑気に東を目指している自分は・・・・。知らんぷりして通り過ぎているのと大差がないな。

そんな自分がこの支離滅裂な書き込みをしたのは、ザンダーの中心にある宿、ホテルセントラル。

ションベン臭くて清潔とは言えないけど、確かにセントラルと呼べるような立地条件で、10,000CFA。なのにロンプラには地図にしか宿の記載がない。何でだろ?と思っていたら、理由は明快。

夜になるとレストランバーを兼ねている宿の中庭は、携帯片手に酒をかっくらい、元気爆発状態のニジェール人で大騒ぎ。そいつらを相手にする怪しい商売の女性にその彼女らと時間貸しの部屋にしけ込んで行く客。。

貧しい国だって、しっかりお金を稼いで好きな事を遣るのは構わないんだけど、夜中の3時まで、怪しい女の方々と騒ぐなっつーの。

まあ、そういう宿だから仕方ないか。。。

R0019366.JPG
雲行きが怪しくなり、空の色がおかしいぞ。。と思ったら

R0019370.JPG
大雨

そんなアレレな宿の二泊目にパッキングをしていると、激しい雷雨がザンダーを襲う。その影響か断水に加えて停電。この町を出るとまともな宿はしばらく期待薄なので、シャワーくらいはキッチリ浴びておきたかったんだけどなぁ。

本当は、心の砂漠化とサヘルを絡めた書き込みにして、油断した女性をクラクラさせようと思ったのだけど、大雨は降るし、洒落臭い変なアップデートになってしまった。。。

さ、明日は4時起きでディファ/Diffaに向かいますよ!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック