calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ングィギミ → ディジュゴウム* / Nguigmi → Djougoum*

R0019440.JPG

ングィギミ → ディジュゴウム* / Nguigmi → Djougoum*

夜の9時には寝てしまったので、日が昇って周りが明るくなると目が覚めてしまう。心配していた虫やらに刺されるような事もなく、完全復調とは言わないまでも体力も回復できた。

R0019420.JPG
こんな所で寝てたのか。安全な町で良かったw

が、日が高くなってこの集落の営みが始まっても、マオ/Maoを目指すという女所帯な7,8人の乗客がバス待ち場?に現れても、国境越えの四駆が現れない。

R0019443.JPG

ディファ/Diffaからここまでの悪路で4時間半かかったけれど、ここからチャドのマオ/Maoまでの距離は、その倍はありそう。更に国境での出入国プロセスなんかを考えると、所要10時間じゃきかなさそうなので、朝の早いうちに出発したいところなのだけれど。。。。

R0019425.JPG

R0019426.JPG

R0019436.JPG

さて、そんな心配な心持ちでングィギミの町を歩いてみる。なんとか電気が通っているので、冷たい飲み物が手に入るのは有り難いけれど、正直面白みゼロ。砂をかむような味とは、まさにこの町のこと。サヘルを2週間も旅していると流石に、乾燥の度合いの強弱程度ではもう感動しない。

後から衛星写真やWikipediaでチャド湖をチェックすると、ングィギミの町は、かつてのチャド湖の湖岸線に沿っていたようだけれど、チャド湖の水運の北の要だった時代は遙か昔の話で、現在では町自体が砂に埋もれ、人間が生活するのには厳しいのではないか?という空気すら流れてる。

現在のチャド湖の湖岸線は遙か彼方。

おまけに今は雨期直前で、消えゆこうとしている湖が一番小さくなってしまう季節。港町だった頃の縁を辿り、往時の面影を感じる事ができればもう少し見え方も変わったかもしれないが、それも無し。

南のディファとの幹線道は補修の手が入っていなかったし、大型バスの運行も途絶えた様子。荷物を満載にしたトラックやそこから荷卸しするような気配もなく、国境の町特有の賑やかさや猥雑さがない。そもそも町のサイズの割りに人が少ないし、新しく家を建てたり、大きく手を入れようとしている様子も感じられない。

ぬぅ。チャド湖同様、どんどん元気が無くなって行く町のように自分には思えた。

この国境の集落には、何の落ち度もないのだけれど、ちょっと長居はしたくないなぁ。。。というのが少し歩いてみて感じた正直なトコロ。

待合所に戻ると、昨晩「乗り合い四駆の出発は不定期だけど、明日は出そうだよ、出発しないとしても、自分が車を借りてマオまで行くからさ」と調子の良い事を言ってきたオッサンがゴザをひいて寝っ転がっている。どうやら、乗り合い所脇で自動車の部品やガソリンを売ったりしているのが本業みたいだけど、どうもやる気がない。

ようやく10時過ぎにランクルが現れるが、運転手はタイヤを交換したりエンジンの具合を確かめるだけで、ふにゃふにゃしてる。まずいなぁ、今日は出発できないかもしれない。。。

R0019434.JPG
自動車をゴニョゴニョ時々弄くるだけで、出発する気配ゼロのランクル

昼を過ぎても、ランクルはさっぱり出発する気配がないので、「やいオッサン、どういことだよ、アフリカ名物優しい嘘にはうんざりなんだよ!50,000CFAでマオまで行ってくれよ!」と部品屋のオヤジに言うと、金には心動かされたものの、どうも今日はいい時間になってしまったのか、出発したくない様子。

うわぁ、嵌った。

明日になってもローカル四駆は出発するかわかんないし、このオッサンの世話になって大枚を渡すのもアレだなぁ。。何より、1センチも動けずに砂の町で野宿2連発が精神的に辛そうだぞ。。。

ここで「零歩進んで零歩下がる」完全停止不能チーター状態にはなりたくない。。嗚呼、やっぱり、年寄りはキツいルートなんて選ぶものじゃないなぁ、退却退却!

ということで、ディファに戻るジープを探しに出かける。もういい加減午後の良い時間だし。。。僕の駄目仏語にも頑張って耳を傾けてくれる、近くの雑貨屋の店員に尋ねると、ディファ行きのジープが出るのは集落の反対側だよと、指し示す。あらら。。。

R0019446.JPG
警察署や学校などが集まる、町の中心部。からっから

ずぶずぶの砂場みたいな道を歩いていくのかぁ。。遠いなぁと思いながら、ついでに「この町から、チャドに行く車は出てるの?」と身振り手振りで引き続き尋ねると、雑貨屋の目の前に停車しているピックアップを指さし、

「それが、チャドに行くんちゃど(運び屋式スーパー意訳)。」

「え?」

近くの人やらにいろいろ尋ねると、どうやら本当らしい。マオ行きを半日かけて待ちぼうけしていて、近くにいたあのオッサンは何にもそんな情報くれなかったのに、なんだコレは。。。。

どうやら、マオどころか、何台かの車でまとまってチャドの首都のンジャメナまで行くらしく、取り持ってくれた男性に25,000CFAを支払って、荷台を確保する!午後のお祈りをしたら出発するので、それまでに町のポリスに行って、出国スタンプを押して置くように言われる。辺境のポリスはコワモテながらフレンドリー。さくっとスタンプを押してくれて、「良い旅を」と声をかけてくれた。

R0019444.JPG

そんな急展開でドタバタするが、4時過ぎにピックアップに乗り込み、町外れの警察署兼チェックポイントでパスポートチェックをして、サヘルの轍道を東に向かって走り始める。やった。道がつながった!

R0019447.JPG
YEAH!

日が傾きはじめていたので、暑さはさほどではないけれど、やはり荷台は揺れるなぁ。ンジャメナに向けて旅の歯車が動き出したのは良いけれど、この荷台旅で体力が持つのかが、新しい心配事になってきた。。。

R0019449.JPG

1時間半ほど走って、最後のニジェール側のポストを通過、更に30分走ったところで、チャドの集落に到着。どうやら今日はここで野宿。村はそれほど大きくないけれど、数人の軍人と入国審査を担当する人がおり、預けたパスポートは、1時間後に無事チャドの入国スタンプが押され戻ってきた。

R0019452.JPG
チャドに着いちゃど!

R0019455.JPG

R0019456.JPG

月夜の中、初のチャド飯をワサワサと頬張り、食後の甘苦いお茶を頂いたあと、横になると意識が遠のいてくる。良かった。なんとかチャドに入る事ができた。。。

*チャドでパスポートチェックを行った集落の正確な名前を失念してしまいました。。。。ぼやけたパスポートスタンプと併せ、地図で調べ直して改めてアップデートいたします。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック