calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

開城・板門店 / Kaesong・Panmunjeom

R0022211.JPG

開城・板門店 / Kaesong・Panmunjeom

板門店の訪問は台風が近づいていて雨でした。

ガイドさんの説明は分断の悲劇や、停戦協定を結ぶときのアメリカの狼狽っぷりをアピールする感じだったけど、ほとんど心に響かない。

R0022170.JPG

R0022173.JPG

R0022180.JPG

R0022183.JPG

停戦協定調印をした建物に、板門店に向かう前に立ち寄れば、

「大事な国連軍旗を置いて行くほど、アメリカ軍は慌てふためいていた」「劣勢な状況下での停戦協定なので、建物でなくアメリカ軍はテントのような施設で行おうとし、歴史を捏造していた」

などなど、元気に説明してくださる。

個人的にはどうでもよいし、板門店周辺で起きた事件も、所謂「北側の主張」でしかないので、どうしても真剣に耳を傾ける気にならないし、

R0022185.JPG

R0022194.JPG

R0022203.JPG

国連軍の名をかたっても内実はアメリカ軍であった事、そのアメリカは不倶戴天の敵であるという事、南(韓国ですね)に対してはそれほど感情的な言葉は出てこず、同胞であり、分断されてしまった事実が強調される事、統一が悲願である事、そして、ドイツは敗戦国で東西に分断されたのに日本はそうならず、我々が世界で唯一の民族分裂を肩代わりしているなんていうこと等々。。

恨み節のように説明されるので、どうもテンションが上がらない。

中国やベトナムがなし崩し的に国を開き、部分的には日本より自由気ままにやっている様なんかを真似て。。。っていうわけにはいかないんだろうなぁ。体制が硬直化しすぎて、徐々に国を開き、どこかのタイミングで雪崩を打つような統一!なんてことは難しいのかな?なんてことをガイドさんの説明を聞き流しながら考える。

R0022219.JPG

米朝の高官の動向が日本でもニュースになっているけれど、説明を受けていると、北朝鮮は、米軍基地を抱える日本や韓国と交渉したところで話が始まらないというスタンスのようにうつる。米国が北朝鮮と本当に交渉するのかなぁ?北東アジアが不安定な方が動きやすいと見るのは穿った見方かな?

ま、そんな気分で雨の中の板門店とそのエリアを見物しました。

板門店観光では一緒のバンになった、日本人の方は、中国人の奥さんと二人組。なんと新婚旅行とのことだった。言葉を交わすようになった奥さんに言わせると、平壌近郊はともかく、地方の北朝鮮の兵士は中国人民解放軍の志願兵*に比べ格段にだらしがないとの事。確かに湿気を帯びた暑さの中、ボタンをだらしなくした兵士を多少見かけた。

*中国人民は、兵役を非常に肯定的に捉えており、競争率も高いらしい「人間がシャンとなるし、何より退役後の仕事が安定してる!」

が、やはり板門店・軍事境界線エリアの兵士達の目つきは厳しいし、軍服から出た拳は喧嘩だこができ、ゴッツゴツ。

その拳を見て、ヘラヘラ傍観者気分だった観光が、脳内までかるくへっぴり腰になったとさ。というあたりで板門店観光は終了。残りは画像で。

R0022268.JPG

R0022232.JPG

開城に関しては、小さな博物館と宮廷料理のレストラン前だけしか車を降りる事が出来なかったけれど、引き続き雨模様で、ただでさえどんよりした町並みが、もの悲しさを更に引き立てる。北朝鮮を旅行した人のブログを読むと、テンション低くなったり、ノイローゼ気味になったりする方もいるようだけど、気持ちが少し分かる。

ほんと。。オモシロ要素がないもんなぁ。。。

良い意味で、期待を裏切るようなことも、驚きも無いんだよなぁ。ゲンナリしてしまい、平壌までの車ではガッツリ睡眠。

あ、夜の平壌人民軍兵士サーカスは面白かった。。。以上!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック