calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ヌクノノ / Nukunono

R0023702.JPG

ヌクノノ / Nukunono

ヌクノノ環礁に到着。

さすがに上陸も三度目、うねりは今日も激しいけど、さすがにもう慣れ手来る。ヒョイッと貨物船に横付けされた船に飛び乗って上陸。昨日は陸酔いが無かったけれど、昨日の夜の航海は激しく揺れたので、クラクラする。ボートに警察官などは同船せず、上陸時のチェックなども無かった。

R0023699.JPG

R0023700.JPG

R0023701.JPG

これまでの環礁同様、これ!といった見所は無さそうなので、さささっと人が住んでいる範囲を歩る。ヌクノノの人が住んでいる島は、庁舎があるメインの島と住宅がポツンポツンと点在する二つの島で構成されており、礁湖と海原を結ぶ水道で隔たれているのだけど、そこに橋が架かっていたのが印象に残るくらいだったなぁ。時々すれ違う人に、手を振った以外、島の人との交流は無し。

R0023728.JPG

観光中に女性警官にパスポートを警察署に預けるように言われ、その通りにしたくらい。ということで観光終了。

さっそく庁舎が固まる島の中央部、礁湖側で釣りを始める。

細長い環礁で魚釣りにはアタフよりイイかもよ!とアタフで食事を頂いた男性の言う通り。大海原側は、ラグーンが浅すぎて、満潮にならないと釣りにならなさそうだけれど、庁舎が固まるエリアの裏手は、礁湖側の海の深みが程よい浅瀬に囲まれた場所がある。いかにも大型魚が捕食にやってきそうな場所だ。

R0023710.JPG

ヤガラやダツがちょぼちょぼ釣れて、ヌクノノ!お前もか!と思っていた頃に、カスミがススススぅーとルアーをチェイスしてパックンチョ!

思いのほか冷静に、

イエア!

とフッキングさせ勝負開始!

と思ったら、プツッとミノーを吐き出されてしまう。。。。庁舎で軽くネット利用した時間を挟み、頑張ったけれどゲームオーバー。

R0023711.JPG

R0023718.JPG

どうやら船の荷下ろしが早く済むらしく、午後6時の出港予定が早まって昼過ぎになった様子。その旨を先ほどの女性の警察官が教えてくれる。

到着早々「島にいる間はパスポートを預かります!」なんて声をかけられ、噂通りトケラウの滞在や上陸はきっちり管理されるんだなぁなんて感じ、他はのんびりしてるのに、この女性警官は厳しいねぇ。。。なんて思っていたのだけど。

釣り竿をたたんでいる自分に、

「この島には何も無いからこれを上げる!」

なんて言って切手の貼られたの絵葉書をくれる。

「出港まで時間がないから、早めに書き上げて私の所に持ってきて!」

だって。嗚呼、なんだかホロリと来るなぁ。

送り先が思い当たらないので、自分宛に「頑張れよ俺」みたいな葉書を書きあげ、何度もお礼を言って女性警察官に渡す。

R0023733.JPG

これにてトケラウ旅終了。

サモアの出港から帰港までの長さを考えると、三つの環礁で過ごせた時間はほんの少し。島の記憶も波間に隠れてしまうようなずっと波に揺られていた旅だった。けれど、クリケットにつれない魚釣り、そして女性警察官のプレゼント。

うーん、短いなりにトケラウの人と出会い、文化や自然に触れられような気もする。今度来れる日はいつか分からないけど、時間と心に余裕のある旅行者には、自信を持ってトケラウはお勧めしたいなぁ。

コメント
思わずグッと来ました。
ついつい何度も読み返してしまいました。

「この島には何も無いから」と言いつつ差し出される「切手の貼られた絵葉書」。
さらには「出港まで時間がないから、早めに書き上げて私の所に持ってきて」だなんて…。

ちょっとぉ、読み返してもググッと来るじゃないのぉ…。
実に良いですなぁ。
  • masa
  • 2011/08/31 3:43 PM
masaさん

お名前は伺わなかったのですが、警察官の女性には、お礼のお葉書を送ろうと思ってます。

トケラウだけでなく、海外で受けた恩は、日本できっちり倍返しますよ!
  • 運び屋@ウィントフック
  • 2011/09/01 5:31 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック