calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ロトルア / Rotorua

R0026213.JPG

ロトルア / Rotorua

湖に面した温泉の町。

「何も出来ませんでした」

なーんていう言い訳に事欠かない、到着してからずっと天気が優れないロトルア。


ずっとこんな天気。

これはもうあれだ、旅の神様が「お前みたいな阿呆は、カフェやらマックやらでグダグダし、運動不足と怠惰で早死にしろよ!」と言ってるのだ。そうだ、神様には逆らえない。それなら仕方ないな。魚釣りしても、ロトルアって「ロストルアー」みたいで不吉な予感。残り少ないルアーを無くしたりするのも嫌だし。。。。

言い訳にオヤジギャグを絡ませるなんて、引き篭もりが絶好調な証。怠惰なう!だ怠惰なう!

と思ってたら、昼前に青空が見えるじゃない。

これは気が変わって「観光しろ!」モードになった旅の神様のサインだと思い、慌てて宿に戻って車を出す。

向かう先は宿のパンフレットで写真が魅力的だったワイオタプのThermal Center。どうやら、マッドプールなんてものがあるらしく、阿呆なヤツがチン○丸出しで、ヤッホー!何て言ってプールに飛び込んだり「潜望鏡!」なーんて馬鹿なことをやるらしい。

というのは嘘。そっちのマッドじゃありません。泥のマッド。おかしなプールがあるならば、ロトルアに到着するなり、雨が降っても槍が降ってもそのプールに出かけるけどなぁ。ソレはソレで観光地になるんじゃないの? ならないか。。そもそも無理か。

R0026243.JPG
マッドプール

R0026230.JPG

R0026224.JPG

R0026215.JPG
この世のモノとは思えない、温泉が湧き出す光景を、コチラでも「Devil」や「Hell」という言葉を地名や呼称に用いるのが日本の「血の池地獄」「地獄巡り」やらと共通して面白い。

温泉の噴き出す泥のプールや、この世のモノとは思えない色をした温泉巡りは、別府(ロトルアと姉妹都市)やら箱根、草津やらで当然経験済み。僕は地震火山大国の日本出身で、温泉ヴァージンでもなんでもないので、そんなモノを観ても痛くもかゆくもないのである。。。と思いつつも出かけてみた。

感想。  まあ、こんなもんかなぁ。

35ドルとかの入場料金に見合うといったら、どうだろ。見合わないかなぁ。

R0026250.JPG
この後カレーが。。

夜は同宿の日本の方とニュージーランドワインとカレーの夜。ワーホリ+語学留学が半年終了し、コチラの生活にも慣れていらっしゃり、なかなか話が面白い。実家が東久留米で、我が東村山のお隣なのには笑ってしまった。そんな1日。

R0026249.JPG

あ、そういえば、スパにもでかけたし、ロトルアの図書館でマオリの歴史を勉強しつつ、ワイカト戦争の砦巡りのアップデートを完了させたり、文句を垂れつつも、なかなか充実した1日でした。

頑張れニッポン!

-----------




宿のメガバイト制のネットが眇君。

前半終了時点で100MB(10NZD)+200MB(20NZD)をストリーミング観戦で消費。約2000円也。余りにも高いので、氷雨のロトルアを歩いてマクドナルド(無料)に移動。が、今度はネットが遅過君。Twitterとスポナビ観戦がやっと。

今日の日本はキレキレだったみたいだけど、マクドナルドのネットも負けずに切れ切れでしたとさ。

慢心せず、来月のアウェーでもザックジャパンが爆発しますように!

コメント
お久しブリーフ。色々トラブルもあったようですが、相変わらずお元気そうで・・・。

NZってネットが従量制で、ネットフリーの宿が少ない!そして高い!・・・ような記憶があります。確かオーストラリアや南アフリカもそんな感じっすよね。南のお国のネット事情はイマイチっすね。

こちらは社蓄モードでシコシコやってます。それなりに頑張って働いているので、11月にはバリのウブドでリゾートするつもりです。アジアの都市部はメシはうまいっすけど喧しいので、程よく開発かつ演出されつつ、便利でそれなりにのんびりしてて雰囲気もよいウブドに決定。「ンギモヂイイィィッ!!」休日を過ごして参りまん。

ご無沙汰阿部定!

NZの従量制(この言葉が思い出せなかった!)課金体系は、ネットばかりしててもいけないなぁと思わせる部分もあり、引き篭もりがちな自分には有り難い部分もあるのですが、どうしても!な情報がネットの制約で集められないことがちょっとありますね。日本人がワンセグでサッカーの試合みながらTwitter。。。みたいな世界はコチラでは考えられないですね。

社畜モードですか、でも「公僕」なんて言葉もありますよねw。

ぶらりさんが短いながら旅に復帰されるのは嬉しいですが、もちろん一人旅ですよね?二人だったらコチラとしてもちょっと対応を考えなければ行けませんw
  • 運び屋@ロトルア
  • 2011/10/12 3:44 AM
覚えているでしょうか?初めて海外に行ったグループの一人です。
たまたま、一度も開けていない実家からの荷物をのぞいてみたら、懐かしい面々の古き良き思い出たちが、たくさん出てきました。
まさかのまさかで、お名前を調べてみたら、良い時間を過ごしているようですね。
私の教え子も今、NZにおり、ホテルで働いております。
  • かんちゃん
  • 2011/10/12 8:04 PM
元職場の後輩との2人旅っすよ。後輩はプリケツですが、残念ながら男の子であります。

11月23日から26日まで滞在するウブドでは、中級のバンガローを予約しました。居心地良さげなテラスからは田圃に落ちる夕日が見られるらしいっす。あまりの美しさに、日照り気味の僕の股間が久々に濡れるかもしれませんね。

ウブドではひたすら酒飲んでゴロゴロするつもりですが、運び屋さんもレッツエンジョイ、トゥゲザーしますか?

27日は昼から夜更けまでシンガポールっす。なんかうまいもの喰って旅を締めくくろうと思っております。

PS 魚釣りもいいっすけど、そろそろパイオツカイデーのチャンネーとか釣ってください。
かんちゃん!

覚えてますよ!もちろん!

うわああ、かんちゃん!あの船旅から20年ですよ。信じられないですね!教師という道を選ばれたのですか!僕はプー太郎です!

船旅をする毎に、晴海から出発し、かんちゃんや皆さんとお会いできた事を思い返します。感受性が強すぎたり自分の「中二病」的な無様な行動やら言動やらがあったりで、しばらく意図的に意識から外していた時期もありますが。。。高校卒業した辺りからしばらくかな(笑)

あの船旅から本当にいろんなことが始まり、こんな人生を送っているのだとつくづく思います。丁度、今回の旅に出る前に、僕も班の班報?みたいな封筒(サングラスかけた太陽のマーク)やらが出てきて懐かしんでたんですよ。
  • 運び屋@タウランガ
  • 2011/10/13 7:00 AM
ぶらりさん

男二人でウブド!でも、そんな後輩がいるってのもいいことだなぁ。

ぶらり股間ダムの、貯水率付きの日程紹介アリガトさん。

バリはキツイかもしれないけど、シンガポールの27日はガッチリメモライズしました。アフリカの旅に早くケリがついたら、シンガポール経由で日本にきこくすることにしまする。

んぅ。。

パイオツカイデーのチャンネーは、24/7スタイルな餌釣りを展開してるつもりなんだけど。。。。まったく反応無し。日照り気味?どころか、全く雨が降らない完全砂漠絶望状態っす。

あ、旅行自体は短いかもしれませんが、ぶらりブログがチラリと更新されるのも楽しみだなぁ、ブログの復活を楽しみにしてる人って沢山いると思うぞお主!
  • 運び屋@タウランガ
  • 2011/10/13 7:11 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック