calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

サントメタウン / Sao Tome Town

R0027970.JPG

サントメタウン / Sao Tome Town

良かった良かった。赤道ギニアのビザが取れたぞい!

中央アフリカ旅の目的を果たした(って、まだ赤道ギニア入国は果たしてないのだけれど)開放感と達成感、多幸感に包まれつつ、あらためてサントメ観光。

結論。

太陽とアフリカンな活気、そして時々ポルトガルの哀愁が漂うサントメはイイ!

R0027940.JPG

R0027944.JPG

R0027943.JPG

旅行者が少ないあまり、ネットで検索すると、20年も前の旅情報が出てきたりするサントメ・プリンシペ。まだまだ、最貧困国のうちの1つではあるかもしれないけれど、中華民国(台湾)、欧米からの手が差し向けられ、かつては廃墟と化していたという中心部は活気で溢れていた。

R0028030.JPG
中華民国!

R0027955.JPG

R0027978.JPG

首都のサントメに限ったことかもしれないけれど、ストリートチルドレンもほとんど見かけず、子供達が制服を着て元気に登下校し、友達と語らっている姿がなんともなんともほほえましい。

R0028010.JPG

R0028008.JPG

黄色い乗用車タクシーやバンタクシーが溢れる市場周辺は若干ションベン臭い箇所もあるけれど、老若男女が元気でアフリカが爆発している。

R0028033.JPG

ギニア湾沿岸諸国は、オイルマネーで急速な発展を遂げており、このサントメプリンシペも周回遅れながら、最貧国を脱し、産油国として離陸しようとしている。廃屋同然の家やらがそこかしこに残る中、ポコポコと銀行だけが、ガッチリと新築されているのはその証左かもしれない。

R0028049.JPG

R0028047.JPG

R0028053.JPG

高級車が颯爽と駆け抜ける横を、体の不自由なホームレスがゴミを漁ったりする光景はある。当然貧富の差もあるかと思う。

R0028052.JPG

石油で潤ってゆく過程で、この国にもご多分に漏れないアフリカン病な状況がやってくるのかもしれないけれど、銃を持った警官なんかが辻辻で睨みをきかすより、日が沈んでも、元気な子供達が登下校するような町であり続けて貰いたいなぁ。。。

と思うのでした。

飯も旨いし、人もイイ!そして赤道ギニアのビザも取れた!

サントメ・プリンシペ最高だぜ! YEAH!

コメント
そいつぁよかったっす!
ほうほう、サントメ・プリンシペはそんなにいいんですねぇ・・・。想像がつかない(笑)
なんにせよ、想像外に良い感じのところだと嬉しくなっちゃいますよね!
まぁ波がありますけど
  • K
  • 2011/12/11 11:54 PM
テンション上がってるみたいで良かったです。
読んでても楽しそうで、豊かになりきる前に一度行ってみたいものです。

桃井和馬氏著の「観光コースではないアフリカ大陸西海岸」の中で、サントメでは台湾人カメラマンだと言うと取材拒否が一転するという話がありましたが、外交のある島嶼国での中華民国の存在感は凄いものがありますね。
  • 常緑樹
  • 2011/12/12 12:41 AM
Kさん常緑樹さん

完全に躁鬱病ですね、俺w

良くも悪くも、これからもずっとテンションがブログに反映されるとお考え下さい。

そうそう、明日は台湾のちょっとした展示会が開かれるようです。出発前にちょいとのぞいてきまする。
  • 運び屋@サントメタウン
  • 2011/12/12 5:26 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック