calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

セーシェル マヘ島 / Seychelles Mahe Isle.

R0028361.JPG

セーシェル  マヘ島 / Seychelles Mahe Isle.

出だしで躓いてしまったけれど、まずは入国できたのだからよしとしよう。ビーチでうたた寝、目を覚ませば左右はトップレスのクレオール美人がまってるぜ!Yeah!メリークリスマス!

俺のサンタさんがグヘヘ。。。なんてことはない。

水着は持ってきているけれど、そもそもビーチでノンビリすらセーシェルには望んでいない、セイシェルも俺のことを気にかけない、俺もセーシェラないという、まあそんな滞在になりそうな空気満々で一日目は終わった。

R0028358.JPG

セーシェルは、空港脇にすぐに岩山が聳えるような、平地に乏しい地形。山がそのまま海岸線まで落ち込むような地勢で、家々が密集している様子は、少々強引だけれど、伊豆あたりを彷彿とさせる。伊豆と違うのは、山が急峻な割りに傾斜が海の底までストーンと続かず、マングローブ混じりのゆったりした浅瀬が続いていること。少なくとも、空港近くのホテルから首都のヴィクトリア近郊までは、そんな景色だった。

R0028365.JPG

干満で海水のやり取りはあるものの、こういった海岸線のため海岸は泥混じりの砂浜で透明度は低い。けれど、波打ち際がゴミまみれでなく、自転車やバイクなんかが、泥に埋もれているような萎える海ではないのは素晴らしい。魚の多さや、力のあるマングローブ林からは豊かさが伝わってくるし、海に流れ込む小さな細流も済んでいる。ということで、決して悪くない。泳いで楽しむより、魚釣りをする方が面白そうな海だ。

ううう、今回は荷物を最小限にするため、釣り道具を持ってこなかったんだよなぁ。。。。

斜面は、木立の中から岩々した絶壁が所々で剥き出しになり、その欠片が転がって、海岸線や家並みの中に大岩がゴロゴロしている。なんだか、この感じ、ジンバブエやらナイジェリア、タンザニアなんかで見かけたのと似ている。湿りを帯びると黒々として、乾くと灰色な岩肌からすると花崗岩かな?

R0028375.JPG

豊富な石材を利用し、石積みを駆使して平らかな場所を作り、家を建てている幹線道路脇の家並み、花崗岩のなだらかなカーブに沿った石積みなどはマダガスカルを想起させる。。。

で、調べてみると、マダガスカル(を含まない)周辺のモーリシャス、コモロ、レユニオンあたりが火山性なのに対し、セーシェルはゴンドワナ大陸が分離し、アフリカ大陸やマダガスカル、インド亜大陸から分離した時にインド洋に沈まずに海の上に残る。。という経緯でできた島らしい。

ゴンドワナっていう大きなケーキを切り分けるときに、ポロっと落ちた欠片のような島と言えばいいのかな?

R0028366.JPG

クリスマス前だからってケーキを例えに出したのじゃないんだけど、首都のヴィクトリアは、クリスマス前な喧噪。店にも通りにも人が溢れてる。

通りを行き交う人のなりを見ていると、モーリシャスやレユニオン、マダガスカル同様、人種の坩堝。

R0028377.JPG

ヴィクトリアがあるマヘ島に限ったことかもしれないけれど、ナイジェリアやケニアにいる黒檀のような肌をしたアフリカ系はほとんどおらず、混血が進んだカフェオレ色の肌のアフリカ系が多い。もうこれはクレオール系といった方がいいのかな?

次に多いのはお馴染みインド系。インド系はご多分に漏れず、ミニマーケットやらで健闘している。インドと一口で表せない!ということがこの小さな島でも現れていて、ターバン巻いたシーク教徒系北方アーリア系インド人もいれば、南のドラヴィダ系もいる。

マダガスカルを訪問したときの衝撃はないけど、がっちり地に足に付いた感じのマレーな顔立ちの人も歩いてる。彼らもマダガスカルをルーツにしているかと思う。

R0028381.JPG
マレー系?

そして、それらが混ざって何人!と限定できなくなったクレオールの人々。多分、このルーツがたどれないほど混血が進んだ人々だけが通りを歩いていたら、自分が地球上のどこにいるのか分からなくなると思う。

この4グループで95%以上かな?

この島に根を下ろしたフランス系や、華人もいるけれど、かなり少数派で、賑わう通りでは余り見かけない。もっと沢山見かけると思ったアラブ系は全く見かけなかった。

ららら?なんだか、セーシェル訪問記は博物的な視点が強すぎる?

というのも、ヴィクトリアの中心部にたどり着いたタイミングが悪く、雰囲気良さそうなローカル食堂がしまっており、開いてる店は鶏の唐揚げパターンだったから。クリスマス前の日本だって、猫も杓子もチキンチキンチキンになるので、まあ同じ様なもんなんだけど。

R0028368.JPG

南の島のクリスマスな雰囲気にやられることも無かったけれど、テンションがグイグイ上がることもなかった。そうそう、このセーシェルで243カ国目。残りは南スーダン、サウジアラビア、リビア、フォークランド諸島、セントヘレナ島。

以下は、クリスマスのオマケ。

海ニモイカズ
カフェニモイカズ
雨期ニモリア充ニモマケヌ
丈夫ナココロヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモヘラヘラワラッテヰル
十二月二十四日ハ
ナルホド
ヴァレンタインデヒニマグワフト
コドモガウマレルヒデモアルノダトオモヒ
ミズト少シノ果実ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レナヤミ
ヨクミキキシナヤミ
ソシテワスレ
中野ノ東ノ寺ノ脇ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰトキドキ居テ
東ニ未訪問ノクニガアレバ
行ッテハンコヲオシテモライ
西ニ未訪問ノ島ガアレバ
行ッテツレナヒツリヲシ
南ニ未訪問ノジチリョフガアレバ
行ッテシロアトヲタドリ
北ニ未訪問ノトビチガアレバ
行ッテクニザカイノシャシンヲ撮ル
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
ヒトシレズドコカニアルヒテユク
サウイフフラウニ
ワタシハナリタイ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック