calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ロンドン 7日目 / London 7th Day



ロンドン 7日目 / London 7th Day

完全停止不能グタグタ状態になり、何から手を付けて良いものか分からなくなってしまい、飛行機乗れませんYOメールを貰った夜から次の夜までの12時間は、ほぼ何もアクションを取ることができなかった。

こういう状況に陥ったとき、人から受ける助言や同情というのは、それを受けておいて失礼な言いぐさだけれど、気持ちはこもっていて次に繋がらないモノだったり、そもそもピントがずれていたりして、事態の好転に直接的に繋がることは正直ない。

けれど、もらった言葉の長短や、気持ちの濃淡に関わらず、言葉を吟味したり、そのコメントに返事をしているうちに、とっちらかった脳内が次第に整理されてゆき、自分が何をしなければいけないのか?優先することは何か?を思い出し、順序づけができるようになる。バラバラになった機械仕掛けが、言葉を貰ったり返したりしているうちに、コトコト動き出した感じがする。だから、やっぱり助言や同情というのは有り難いことです。あらためて有り難うございます。

脳内の靄が晴れてゆくと、

☆ ロンドンも悪くはないが、まず、とにかく動こう
☆ ダメ元で空軍基地に向かうこともできるが、次回にとっておき
☆ できれば週末中にサウジアラビアに向かおう

という気持ちが蘇ってきて、

要は脱線しただけだ。時間的金銭的なロスもあるが、線路に車輌を戻せばよいのだ。と思えるまで気持ちが回復する。客観的に見ると、なんとも馬鹿らしいけど。

今の自分にとっての最優先事項で、テンションが上がるのは、全部の国に行くぜ!Yeah!と叫んで、前向いて行くことだし、「多少の金はかかっても、トラブルがあったとしても自分が行きたいところに行けよ!」と、十日前の自分だって、一ヶ月前の自分だって、一年前の自分だって言うはず。そう思えたら、少し気が楽になった。


髭も髪も伸びたなぁ。

ま、そう思い込んで、自分を肯定していかないとやっていられない。

ということで、ショッキングなメールが届いた翌日夕方から、なんとか頭が回復し、冷静さを取り戻し、発券の所で躓いたりしてしまったのだけれど、今後の日程!なーんてものを大まかに組み直すことができました。

夜は、またもやパブ。

ということで、頑張って行きます。近いうちにまた、ガックリビックリな事態に陥るかと思います。その時は、懲りずになんでもいいので、パパパと言葉を投げてやって下さい。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック