calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

カラマからサンチャゴへ / Calama to Santiago

DSC00823.JPG

カラマからサンチャゴへ / Calama to Santiago

チリの国内移動は、LAN航空の寡占状態が緩まり、SKYとかPALという新興の格安系航空会社が路線を充実させつつあるけれど、どうも発券までのプロセスが面倒だ。

Web発券であれば、バスで20時間以上かかるカラマからサンチャゴまでを2時間程度で飛んで、最安値は70,000CLPちょい。約140USD位でひとっ飛び。20時間以上かかるリクライニングバスの値段が、38,000ぐらいの値段なので、ここは飛行機でバシッとサンチャゴに向かいたい。

DSC00812.JPG

が、SKYの発券プロセスが地雷だらけで躓いてしまう。発券しようとすると、会員登録を要求され、それらを済ませてクレジットカードで発券しても、プロセスの最後の最後にスペイン語で「発券できませんでした」と出てしまう。一応その段階で発行された予約番号をSKY Airlineのカラマオフィスに持っていき、発券して貰おうとすると、

「Web発券でないから、値段は100,000CLP!」

の一点張り。決して居丈高な対応じゃないから、ぐだぐだ絡まなかったけれど、うーん。

前回のチリ訪問の時点で、SkyAIrlineの存在は知っていたけれど、今以上に発券完了までができない糞サイトだった。月日は流れ、サイトの見た目も路線網もかなり充実したのだけれど、引き続き使い勝手は悪い。

DSC00817.JPG

以前は国内線のみの格安航空会社だったけれど、現在はアルゼンチンやペルーにも路線を延ばしており、是非とも乗ってみたかったんだけどなぁ。

ということで、結局、Semi Camaと呼ばれるリクライニングバスでサンチャゴに向かう。バス会社は、チリの大手TUR BUS。もうひとつの大手のPULLMAN BUSは満席で座席が確保できなかった。

DSC00820.JPG

DSC00822.JPG

午後8時出発、翌午後4時過ぎ着、20時間のバスの料金は37,800CLPだった。6,000円位なので、アルゼンチンのバスに比べ遙かに安い。

途中、アンティフォガスタとサンチャゴ到着2時間前くらいに大休憩があっただけで、基本的に爆走。約、1,500〜1,600キロの旅が無事終了。日本に換算で青森北九州くらい?

DSC00846.JPG

DSC00857.JPG

DSC00870.JPG

DSC00886.JPG


DSC00890.JPG

DSC00895.JPG

DSC00899.JPG

DSC00903.JPG

DSC00908.JPG

ちなみにカラマから北のチリ国境の町アリカまでは550キロ強、サンチャゴからバスでアクセスできる最後の都市プエルトモンまでは1350キロ前後ある。チリは長い。サンチャゴ到着後は、時間つぶしがてら頑張って人の写真を撮るけど、まあ上手くいかない。修行します。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック