calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ブエノスアイレス 2月3日 / BuenosAires

DSC01609.JPG

ブエノスアイレス 2月3日 / BuenosAires

滞在は一泊半、酒を飲んでいるか、酒を抜いているかの時間を除くと、ほとんどブエノスアイレスのお姉さん達に目を奪われているばかりで、タンゴも観なければボカ地区も行かず、名物料理なんて一切手を出さず、カロリーはほとんどビールかワインから摂取するような、完全停止糞駄目昆虫童貞オヤジパターンだった。そのパターンをキリリとしたいっぱしの旅行者モードに換える間もなく、出発の時間になってしまった。

DSC01602.JPG

DSC01603.JPG

ただ、出発前の夜にはカレーを野郎4人で作り、宿の旅行者達と食べたり、飲んだり、語ったり。書いててベタだけど、南米の良さ、旅の良さを再確認した1.5泊で、ちょっと名残惜しいくらいだった。

DSC01607.JPG

この時期は、パタゴニアの短い夏の後半戦、南極ツアーの最盛期、ウユニ塩湖のベストシーズン、あと少しするとブラジルでカーニバルと、タダでさえキラキラしている南米が更に輝く季節。ブエノスにたどり着いた旅行者達は、たいした荷ほどきもせずにザックを担いで、次の町、次の国に向けバラバラに旅だって行く。

DSC01610.JPG

DSC01612.JPG

けれど、南米は、コレだ!という見所がある程度限定されるため、旅行者同士のすれ違い、出会いと別れと再会の大陸になる。それがまたいい。

南米旅のブログやホームページの内容は、どいつもこいつも一辺倒。本当に南米って面白いのかよ!と思う方もいるかもしれないけれど、南米は特に、ブログやFBの向こうに楽しいモノが沢山ある大陸です。濃い旅行者ばかりで最高な出だしだった。ありがとう上野山荘@ブエノスアイレス。

DSC01613.JPG

DSC01616.JPG

お会いした皆さん、またどこかで会いましょう。楽しい時間を有り難うございました!

今の時期は長期旅行の学生や、仕事を辞めた人間なんかが多いのだけど、あと一週間もしない間に、今度は卒業旅行系の学生なんかが加わる。オッサンになると、手垢のついた旅話と交換に、元気な若人からヤングな生命力を奪い取るという楽しみも増える。最高だw YEAHHHHHHH!

あ、これから南米に向かう旅人の皆さん、特に直接アルゼンチンやパタゴニアの日本人宿を目指す方は、是非カレーをはじめとした日本食材をお忘れ無く。200円とかの割引きカレールーが、それこそ同じ大きさの金のインゴット並の価値を放ちますよ(嘘)。

DSC01619.JPG

その昔、ヨーロッパで千金の価値があった絹を、中国からタリム盆地や砂漠のオアシス年を経、パミールを超え、西アジア・ヨーロッパを運んだ交易ルートは、後にシルクロードと呼ばれるようになりましたが、日本と南米をカレールー結ぶ、語呂も中々良いカレールートを切り拓くのは、貴殿かもしれません。はい。

DSC01621.JPG

日本のカレーは、長く日本離れた日本人旅行者はもちろんですが、世界中の老若男女もたいてい「旨い!」といってくれ、大好評。食ってしまえば荷物でなくなるんですから、バックパックの隙間に是非!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック