calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

フォークランド東島北岸(マルビナス)で鱒釣り/ Trout Fishing in Falkland,Malvinas Islands. East Island North Shore and rivers

RIMG0059.JPG

フォークランド東島北岸(マルビナス)で鱒釣り/ Trout Fishing in Falkland,Malvinas Islands. East Island North Shore and rivers

RIMG0058.JPG
茶色!

ウシュアイアでルアーを新調したり、大物ドント来い!のロッドも用意した。いぇあああ!が、それは持ってない男こと運び屋。

当然気合いは空回りする。

まず、一日目、フォークランド紛争でイギリス軍が逆上陸したサンカルロスへの道すがら、渡るフォークランドでも大きな川、Marlo RIverとSan Carlos Riverで釣りを試みるが、どうもパットしない。

RIMG0056.JPG

RIMG0055.JPG

40センチ近い細身のブラウントラウトを筆頭に、2時間で5匹釣れたのは嬉しいのだけれど、フォークランドの河川は、土壌の関係か、濃い茶色。千葉の温泉かよ!状態。

RIMG0057.JPG
紛争時、爆弾か砲弾が落ちたところかと思う。

ルアーを投げるのは、川底の様子は流れの速さや水面の様子を見極めてなんとかするしか無く。また、季節や、天気の関係もあるだろうけど、川の水量が少ない。ある程度深さがあって多少流れのある茶色い水面に、ただひたすらルアーを投げ、そのうちの何回かに一度、アタリやフッキングがあるといったところ。人っ子一人いない場所でシチュエーション的には最高なのだけれど、肝心な魚とのシーク&フィッシュなやり取りができない。管理釣り池で魚釣りしているみたい。。。

RIMG0061.JPG

水に濁りがあるからか、虹鱒とかブルックトラウトはいない様子。逆に言えばブラウントラウトは濁りに強いんだねぇ。

観光局で頂いた地図を元に釣りを試みたけど、中流部(といっても河口から数キロ)でまともな釣りになるのは、東フォークランド島北岸に注ぐMarlo RIverとSan Carlos Riverくらい。フォークランドは車で走ってみると消して小さな島ではないし、降雨量だってそこそこあると思う。見かけだけなら、チベット高原の黄河や長江の水源地のような景色のようで、なかなかなんだけどなぁ。

けれど、タップリと水を蓄えるには山のサイズも、山の樹木も少ないのかもしれない。川からかなり離れた草地に踏み入っただけで、水浸しの湿地や窪地があるくらいなのだから、バラバラに海に流れ出す川が攻めてひとまとまりになればなぁ。。なんて思う。

RIMG0054.JPG

RIMG0051.JPG

フォークランド/マルビナスで釣れるブラウントラウトは、ヨーロッパから移入されたモノで、シートラウトとも言われる降海型。海と川を行ったり来たりしながら大きくなる種類のようなので、なんだかパットしないこの魚釣り状況を打破するのは、河口付近で、自分なりの釣りを見つける!がキーワードかもしれない。

RIMG0049.JPG

RIMG0048.JPG

川の色をみた時は、卒倒しそうになったけど、魚がいて良かった。まったくゼロではない。

そういえば川の色はチョコレート色で、釣りをしたのは2月14日。釣れたのは嬉しいけど、心の底から喜べないブラウン色した鱒は、義理チョコといったところかな?あ、すぐ川にお返ししましたけど。。


この記事のトラックバックURL
トラックバック