calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

アセンション島 - セントヘレナ島航路 3日目 / Voyage from Ascension to St.Helena Day-3

DSC00259.JPG

アセンション島 - セントヘレナ島航路 3日目 / Voyage from Ascension to St.Helena Day-3

午後早々に到着の予定だったセントヘレナへの到着が、午後3時過ぎに遅れるとのアナウンス。向かい風やうねりが思いの外アゲインストなのと、出航の際にもたついて遅れたのが響いているらしい。

結局船のエンジンが止まったのは4時過ぎで、船の中での入国審査やらを済ませ、島に降りたったのは、5時を過ぎていた。

船にはメールの送受信をする設備が整っており、有料で乗客にも開放されているのだけど、レセプションにもある船の端末経由で、パーサーさんが島の旅行会社やガイド、ホテルとも連絡を取ってくれる。

「午後着午前発の1泊だけのセントヘレナ滞在なのだけど、どうしてもナポレオンの墓と、幽閉された屋敷だけは見学したい。。。」

なんていう事前のリクエストには、お手の物といったところ。

DSC00225.JPG

DSC00226.JPG

セントヘレナ到着のその日、朝食から部屋に戻ると、ベッドの上に、二つ折りにされた紙切れが置いてあり、明けてみると、島のガイドと船のパーサーがやり取りしたメールをコピーしたモノ。

「アレンジ承りました!運び屋さんを港でお待ちしています。」

の内容。早いうえに、メールコピーを到着前にこういったモノを手にできるのはなんとも心強い。

DSC00230.JPG

DSC00231.JPG

船のラウンジに置いてあるセントヘレナの観光案内によると、ナポレオンのお墓は、予約の上、正午から数時間しか公開されていないようなのだけど、この船からのメール一発で、お墓に向かうゲートは開けておいてくれるは、ナポレオンの屋敷も午後6時過ぎなのにもかかわらず、公開してくださった上、丁寧にガイドして頂いた。

DSC00237.JPG

DSC00253.JPG

DSC00254.JPG



RMSセントヘレナ、セントヘレナの旅行会社、そしてその結びつきの強さ。侮れない。万が一、同じようなルートだったりで、セントヘレナでの時間が余りとれず、観光の準備がままならなかった方、是非、船のレセプションにご相談を!

事情を知っているアシスタントパーサーさんが、船のメインラウンジで行われる入国審査の一番目に誘導してくださった上、船と船着き場を結ぶフェリーにも、自分だけを先に乗せてくれるなど、気を遣って頂いた。

DSC00268.JPG

DSC00280.JPG

DSC00300.JPG

DSC00301.JPG

入国審査は、滞在先の申請と、旅行保険の提示が求められる。自分は、今回の旅だけに保険はかけていないので、クレジットカードに付帯されている保険で行うという旨を伝えると、OKとのことだった。

DSC00304.JPG

DSC00306.JPG

DSC00308.JPG

2泊3日の船旅なかなか順調じゃないか。。

コメント
昨日イカと三羽のペンギンがフォークランドより17日かけて届きました
有難う!!!
残り少ない旅を楽しんでください
日本に帰国の際には、ガク&モナカと共に島で会えるかな
私たちもまだ行ったことがないので、是非ご一緒しましょう、楽しみにしています
  • 北川 温之・宣子
  • 2012/03/09 11:16 AM
こんにちわ!

届きましたか!お名前を存じ上げませんでしたので、名字だけでお届けしたことご了承ください。

こちらも島でお会いできること、楽しみにしております。
  • 運び屋@東村山
  • 2012/03/11 8:00 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック