calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

セントヘレナ島 - ケープタウン航路 1日目 / Voyage from St. Helena to Cape Town Day-1

DSC00644.JPG

セントヘレナ島 - ケープタウン航路 1日目 / Voyage from St. Helena to Cape Town Day-1

ターミナルへの集合は10時だったけれど、島の郵便局でもたもたしているうちに10時過ぎ。集合時間には30分ほど遅れてしまう。乗船手続きはかなり進んでしまっているようだけど、間に合う。

搭乗待ちの乗客と、船から降ろされた郵便物で一杯になっている小さなターミナルで、X線検査と出国審査を済ませていると、乗船手続きを既に済ませた乗客の半分くらいが、フェリー経由でRMS St. Helenaに先に搭乗していった。どうやら、フェリーの定員に制限があるため、乗船を2回にわけるらしい。

DSC00574.JPG

今回のケープタウン行きは、明らかにアセンションからの便より乗客が多い。欧米のリタイア組の夫婦連れが半分以上じゃないかな?

やがて残りの乗客の呼び出しがあり、船に。

DSC00576.JPG

DSC00580.JPG

DSC00582.JPG

前回のC46からC45に船室が移り、この航海は南アフリカのケープタウンから来た爺さんとの二人連れ。

船に乗り込んでから1時間も経たないうちに、安全ブリーフィングがあり、いつの間にか出港準備も住んだ様子。舟橋が外され、定刻通り12時の出港。

DSC00590.JPG

DSC00588.JPG

DSC00595.JPG

慌ただしい出航の時間にもかかわらず、12時きっかりに後方のラウンジに昼食が並び、サラダやハムを突っつきながら短い滞在だったセントヘレナに別れを告げる。

DSC00605.JPG

DSC00608.JPG

DSC00642.JPG

DSC00651.JPG

水平線の向こうに島が隠れるまで、甲板に出て時間を過ごし、夕食までは本を読んだりウトウトしたり。航海初日のエンターテイメントはBingo。ホスト役のパーサーが数字を読み上げるたびに、

「セントヘレナでお酒が飲んでよくなる年齢、18、エイティーン」

とか言葉を挟み、

「ナポレオンが無くなったのは?」
「51!」
「そう、51、フィフティーワン」

なんていいながら進める。

自分より少し年下のオージーのお姉ちゃんが弄られ役に指定されたようで、

「そこのお姉さんのナンバー、69!シックスティーナイン。」

なんてやられ、

「そうそう、彼女は。。ダウンアンダーからのお客さんですから。。。ワッハハッハ!」

ぐほ! そんな一日目。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック