calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

EY 889 PEK-AUH

sR0013265.jpg

EY 889 PEK-AUH

空港に到着すると、チェックインカウンター手前の、荷物をラップに包んでハイ安全!コーナ付近で、人民同士が声を張り上げ大喧嘩。二人とも恰幅が良いので大迫力。逃げる。

チェックインを済ませ、出国審査。エグゼクティブ感ゼロの中国国際航空のラウンジで時間をつぶして搭乗。飛行機に乗り込んで食事のメニューを見るとびっくり。日本語メニュー。日本酒が置いてある。

sR0013246.jpg

sR0013249.jpg

sR0013252.jpg

sR0013255.jpg

sR0013257.jpg

知らなかったけれど、このフライトは名古屋発北京経由のアブダビ行きらしい。なるほど。日本人の乗務員さんも二人搭乗されているそうで、機内アナウンスは、アラビア語、英語、中国語に日本語を加えた四カ国語だった。

sR0013259.jpg

sR0013260.jpg

sR0013261.jpg

sR0013262.jpg

sR0013265.jpg

sR0013266.jpg

フルフラットなシートの寝心地はなかなか。最近の航空会社ではスタンダードになりつつあるけれど、ブランケットでなく、薄手でも布団のようなタイプがいいっすね。

個人的に寝られる度が

ビジネスクラスっぽいブランケット → 薄手布団  +5くらい
ほぼフラット → フラット +3くらい

な感覚です。

食事は、深夜1時半出発と言う事もあって、お好きな方はどうぞなスタイル。一応、中華系を頼んでみたけれど、数時間前に胃袋に注入した、鮑鍋がクラクラするくらい美味*だったので、エチハドなりに頑張っているのだろうけど、まったく食指が動かない。。。といいつつ8割は食べました。

sR0013269.jpg

sR0013271.jpg

* ぶらりさんのアワビ鍋の批評。

昨日の晩飯はコレ。鍋は鍋でもアワビ鍋っすよ、奥さん!

クコの実やナツメがぷかぷか浮かぶスープはいかにも体に良さそう。なおかつ優しさの中にコクもあってスゲーうまい。甘辛味のつけだれも、何とも言えない奥深い味わいで、否が応でも期待が高まりまくりんぐですわ。

むっちりとした食感のアワビに、キノコの女王キヌガサタケ。ふわふわの中にシャキシャキのレンコンが存在感を主張する肉団子に、贅沢なことにマツタケも投入!その他タケノコ(?)や中国野菜やつるつるピロピロのワンタンもあり。

ああ・・・最高にウマかったっなあ!アワビ鍋万歳!

アワビ鍋のスープを人民御用達のお茶ボトルに入れ、麺だけもらって突っ込んでじゅるじゅるいきたかった。。。なんて書いたら、あんまりフライトレポにならないっすね、スンマせん。でも、こんな物を食ったあとは、ビジネスにのせてもらったところで食事に感動できないってことをお伝えしたく。。。

sR0013267.jpg

sR0013268.jpg

sR0013274.jpg

sR0013273.jpg

朝食はホットケーキ。英語でパンケーキ、発音的にはパンケーク。

反警句。。。ほっとけ!ってこと?

以上、機内サービスに関してはほとんど寝ておりましたので、画像のアップデートでお許しを。

この記事のトラックバックURL
トラックバック