calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ハト料理はやめにします / I won't eat pigeon on this trip.



ハト料理はやめにします / I won't eat pigeon on this trip.


エジプトは新聞売り場を見た印象も、数日前と比べ、英字紙のトーンも抑えた感じになっていますが、国内外の宗教指導者、リーダーの演説のテレビ放送や、ラジオ放送が流れています。その放送に人が集まって聴きいる。。。といった状況ではないし、ヒリヒリするような空気を直接感じる事はありませんが、エジプト以外で起こった事などから考えると、事態の収束まではもう少し時間がかかりそうです。

そして日中関係。エジプトに入って「日本と中国は大丈夫なのかい?」と三回程聞かれました。

こういう状況下でなくとも、中国を旅した欧米人やらに中国外で出会ったり、飛行機の中で自分が日本人だと答えた時になんかに、この手の質問は投げられる時がある。心配からだったり、純粋な興味本位で尋ねてくるのがほとんどだけれど、時にはトーンがおもねるようだったり、アジア人同士でやり合うのを焚き付けるような感じで声をかけてくる輩がいる。もちろんそんな調子の質問には乗っからない。

ウィグルやチベットの弾圧は許せないし、反日教育も理解し難い。そして現在の状況ももちろん許し難い。日本政府や政治家がもう少し賢明だったら、ここまでの事態にはならなかったとつくづく思うが。。

でも、旅行や仕事で、これまで何十回と訪れた中国で、人民からむき出しの敵意を浴びた事は一度もなかったし、ほんの数日前に訪れた北京ではタクシーの運転手と「北国の春」をハミングした。そもそも人民の大多数は、周囲の森羅万象と日々、精一杯格闘している生身の人間が人民の大多数で、日本の事なんて特に気にしていない。というのが個人的な印象で、だからこそ現在の状況だけで、中国がこうだ!と判断したくないし、イオンから煙が上がるのが悲しい。

今も旅の途上で、こんな歳になってもこんな状況にあるのは、シルクロードと歴史とロマンスを与えてくれた中国があってこそなんだよなぁ。。とつくづく思い、心の底から嫌いになれそうにない。

ということで、「日本と中国は大丈夫なのかい?」とエジプトできかれた時は、「今は厳しいけれど大丈夫。」と答えてました。心の底ではちょっと心配だし、在中の日本人の方や企業の方々の状況はもっと複雑なのだろうけれど。

でも、「今は厳しいけれど大丈夫。」と答えられるたのは、エジプト人が、無理に日本の事を身びいきして質問してきたりする感じもなく、騒ぎを心配するようなトーンだから。自分たちだって色々大変なのに。エジプト人最高。。

エジプトで挑戦しようと思っていたハト料理ですが、平和の象徴を食べてしまうようで気分が乗らない。定番の煮込み料理や、コフタ、シュワルマなんかに切り替えます。いや、むしろこういう時こそ、平和の象徴を取り込むくらいの勢いで食った方がいいのかな?


コメント
うん、うん、うん。と頷くことしかできないけど、とても共感する。ハトは、あたしなら、喰らう。食べること自体がその国の伝統を尊重することになるだろうし。
  • oka
  • 2012/09/23 9:07 PM
ちきんのワタシはカイロでハトをいただきました(コシャリも)。
エジプトはカイロ(ピラミッド周辺と博物館を見ただけ…)のみ、ロンドンから弾丸(1泊2日)でしたが。
イスラムなので、鳩を平和の象徴と承知していないのかしら?
  • ドロシー
  • 2012/09/24 6:30 PM
先程(上記に)意味不明な書き込みをしてしまいました…ノアの方舟の話←洪水後にハトがオリーブの葉を咥えて戻ってきたを思い出してしまって…

欧州でもハトは高級食材でした。

  • ドロシー
  • 2012/09/24 10:08 PM
OKAちゃん ドロシーさん

象徴云々以前に、今回は雷に打たれるような結局。。。なんとなく、食べませんでした。ぐだぐだ言わず食べりゃあいいのにね(笑)

気鬱の虫がごそごそしそうなので、気持ちを切り替えて長距離移動しやす。
  • 運び屋@エジプト
  • 2012/09/25 12:57 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック