calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ルクソール / Luxor

sR0013658.jpg

ルクソール / Luxor

ルクソールは、エジプトの中でも遺跡がぐっと集中しており、歩き方の町や観光地の紹介にも力が入っている。が、引き続き、エジプト文明に揺すぶられないマイハート。ルクソールの駅舎を出て歩き出しても、意気があがらない。隣町の駅におりたったくらいな気分だ。

ラスベガスにルクソールっていう名前のホテルがある。ホテルの建物はピラミッドの形をしていて、スフィンクスが入り口にデーンと構えていたはず。

が、本家ルクソールに、あのピラミッドはない。ピラミッドのような形をした山を借景とし、その山の麓の谷筋にたくさんの王墓が掘られた「王家の谷」はあるけれど。。そして、無数のスフィンクスが並ぶ参道はある。けれど、そのスフィンクスの一つ一つは、三越のライオン像サイズだ。

日本ブームにあやかって、ラスベガスに日本をイメージした「KYOTO」っていうホテルが建設され、そのホテルの形が姫路城!みたいな感じかな。違うか。

まあいいや、兎に角。

日本人がイメージするサイズのピラミッド、スフィンクスは、ルクソールにない。ラスベガスのルクソールには、それをイメージしたハリボテがある。

sR0013657.jpg

sR0013656.jpg

こんな気持ちのまま、通り一遍のルクソール観光をブログに書いても仕方ないなぁ、なんて思うので、遺跡見物ツアーには参加するけど、遺跡訪問記なんてのは書かないことにしよ。

あんまりいい事書いてあげられないけれど、町自体はグッドサイズで、宿泊したブーメランホテルは、安いのに奇麗でスタッフも最高。なんだか恐縮してしまうくらい。いつかまたルクソールに来るならば、ホテルの名前通りまた舞い戻ってきそう。

ま、こんな感じっす。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック