calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ルクソール西岸観光 / Luxor West bank tour



ルクソール西岸観光 / Luxor West bank tour

「韓国のひとは、チャンジャのことを『ご飯泥棒』といいます。このチャンジャが美味しいので、ご飯がすぐ無くなってしまうので。。」なんて、現地女性ガイドに説明され、つぶれた事務所をリフォームしたような市内の怪しい免税店で、偏差値35くらいなチャンジャやキムチをしつこくすすめられた

「激安ソウルの3日間!」や、

「香港では、大事な人に印鑑を送る事になってます、書道の先生、が心を込め て 彫らなければなりません。あ、皆様のお名前を先生にレンラクして、先生が夕方までに彫った印鑑をツアーの終わり。。え? 一つ100香港ドルです。」と、観光バスの中で営業され続けた

「よくばり香港4日間!」

そんな、団体旅行に参加した記憶がナイルのほとりで、フラッシュバックした。

ルクソール二日目は、宿泊先手配のルクソール西岸ツアーに参加したのだけれど、遺跡間の移動の最中に、「エジプト文明を体感していただく」なんて、テーマをぶち上げ、外せない観光地の一つに訪れるような調子で、

1、現地ガイド曰く、エジプト文明から連綿と続く加工技術が売りの、どうでもいい置物が並ぶ土産物屋

2、エジプトと言ったらパピルス!ということで、パピルスがどのように紙状に加工されてゆくか実演付きのパピルス画屋さん

なんかに強制的に立ち寄ることになる。

どちらの店にもグダグダな空気が漂っていて、所狭しと棚に並ぶ置物や、パピルス画ってのは、まあ自分にとっては値札のついたガラクタといったところ。申し訳ないけれど。これじゃあ、「お土産の一つや二つ買おうかな。。。」っていう気持ちすら奪われてしまう。ぬぅ、これを商売にして彼らが食っているのは百も承知だけれど、やはり滑稽だ。

土産物屋に入った現地ガイドの

「こちらからは何も申し上げません、どうぞご自由に。」

なガイドとしての職務を一時的に放棄しまするといった表情は、ガイド世界のワールドスタンダードなのか、ソウルや香港の土産物で、別人になったガイドさんの表情とまったく同じ。笑ってしまう。

ま、安いツアーなのでそういう場所に連れて行かれるのは仕方ない。

けれど、ハトシェプスト女王葬祭殿の手前で、

「この遺跡はたいしたモノがないので、ここで写真を撮って帰りましょう。その方がお金と時間の節約になるでしょ。」

なんてとんでもない事を言い出したのは、ちょっと腹が立った。腹が立つというか、ボケかと思ったくらいだ。

「そんなら、余計な土産物屋に連れ回すのをやめれ」

とツッコミたくなる。。ったく。

古代エジプト人の死生観や、最期の審判のことをさんざん説明していたガイドさん、現実世界のアナタはちょと問題ありっすよ。

こんなこと続けてたら、いつかあんたの頭に雷が落ちますよ、そして、死後の世界に行く前の審判でダメ出しを喰らい、心臓を獣に食われ、永遠に漂う事になりますよ。。って言ってやろうと思った。。。



ま、これくらいの憤りというものは、思い返してもイラッとするけれど、そんな気持ちも一周か二周するうちに「おもしろ旅ばなし」に発酵してゆくってもの。誰かに語りたくなる馬鹿話になるからいいさ。。。。なんて思ってやり過ごす。

「おもしろ旅ばなし」の外に、

「石の彫像や彫刻、真贋の見極めを見せながら、
 実演販売をする土産物屋の店員。」

が、持ちネタ「現地ガイド/土産物店編」に加わったし、なんやかんやで有意義な現地発着ツアーだったかな?

で、そのネタを披露する為、持ちネタをよりリアルにする為、「安い彫像をふたつばかし買おうか。。。。」って思ってしまった。。。

ら?思う壷かな?

コメント
ルクソール西岸ツアーでご一緒させていただいた日焼け大嫌い女です。ツアーではガイドさんの通訳をしていただき、ありがとうございました。また、私の地元を褒めていただき嬉しかったです。

ホテルを出る時にご挨拶できなかったのを後悔していたので、コメントさせていただきました。これからも素敵な旅を続けてください。お身体に気をつけて。
  • 日焼け嫌い
  • 2012/09/24 2:56 AM
日焼け嫌いさま

りゃ???なんで僕のブログが分かったの?

ブログは愚か、自己紹介もしてなかったはずだけど?何故だ?

それはさておき、ツアー中は楽しい時間をありがとうございました。

普段一人で旅しているので、現地ツアーとかに参加すると、ついつい堰を切ったように話す。。というか、出しゃばっちゃうんですよね。。嗚呼。で、ツアーが終わるとその揺り戻しの自己嫌悪。

そういう駄目な男なので、あの日はお見送りもせず、自己紹介もせずにフェイドアウェーしたのですが。。。でもなんで分かったんですか?このブログ。

地元を旅した時のブログは。。。アップ済みですね。愛が溢れてるでしょ(笑)。
  • 運び屋@エジプト
  • 2012/09/24 3:41 AM
我が家にある空海の置物の横にそのガラクタが並ぶ日も近いですね!
ですよねぇ。私も鳥肌立ちました。。。

海外に出たのが遅かったので
マイルを航空券に交換できることを知ったのも
今から5、6年前。
「マイルで旅をしている人ってどのくらいいるのかな?」
と知りたくなったのも、その頃でした。

で、検索した結果・・・
「この人スゲー!」と発見したのが“運び屋”さんでした。

ルクソールでお話を聞いているうちに
「どこかで聞いたような・・読んだような・・・」
「いや、まさかね!そんなこたぁないよな」
「運び屋さん本人なわけ無いナイ無い!」
と疑惑がグルグル・グルグル・グルグルグル。

帰国後。やっぱり気になる私。
「運び屋さんなわけないよね。当たり前じゃん?」と
“運び屋”を検索・・・・・・・・・・
「あ。友達が写ってる・・え?えーっ!?」


マジだった!本物だった!ご本人だったとは!


お話しした時間も短かったのに。
少ない情報量だけで当ててしまった自分の勘が
一番怖かったです!ちょっと自分が気持ち悪いです(笑)。

日本を遠く離れた地でお会いできた奇跡?に感謝してます。
もっと質問攻めにすれば良かったと後悔してます(笑)。
あー。私にとってですけど、不思議なことってあるんですねぇ。

地元の記事読みました。
ベイブリッジが写っていてウケました(笑)
  • 日焼け嫌い
  • 2012/09/24 8:55 PM
> ゆーすけ

うーん、持って帰る価値はないのだよ。

> 日焼け嫌いさん

多少旅はしてますよオーラを多少出しますけど、
なんだか旅をし過ぎて、自分を縛ってるんですよね。
ま、それを含め自意識過剰なんですよね、俺。

日焼け嫌いさんや学生さん達と食事をしている段階で、
なんなの俺?といった気分になって、気鬱気味になって。。
部屋に引っ込んだのです。。。。

ベイブリッジでいつかお会いしましょう。
  • 運び屋@エジプト
  • 2012/09/25 12:44 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック