calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ガダーメスへ / To Gadames

sR0014218.jpg
途中撤退したナールートにて。。

ガダメスへ / To Gadames

サハラのオアシス、ガダーメスを目指すが、革命後の混乱とリビア人のやる気の無さの合わせ技に加え、自らが選択した移動手段のまずさがとどめとなって、辿り着けなかった。

バスは運休してるし、乗り合いタクシーはお客さんが集まらず。。。結局、熱射病というお土産だけもらって途中の町で引き返し、嘔吐に頭痛な痛烈な打撃をくらい、24時間程ぶっ倒れてました。リビア手強し。 

ここ最近立て続けに世界遺産のあれこれに難癖を付けているけれど、砂漠の民ベドウィン文化が色濃く残ガダーメスは、旧市街の保存状態などもよく町が世界遺産に指定されているらしい。その上、文化的遺産ばかりでなく、町から数分も車で走れば、波打つ大サハラが果てしなく広がってるらしい。。。。なんて聞いたら、ちょっと行きたくなるよ。やっぱり。

よし、

砂丘に登って彼方に沈む夕陽を眺めロマンティックな気持ちに浸り、

「佐原」とか「鰆」とか。。。愛しいあの子のイニシャルやら。。

落書きし、写真に納めてやろうと思ってたんだけどなぁ。。。嗚呼、

「辿った足跡が、風紋の上で踊り、音符のようだった。」

なんて甘い事をほざこうと思ったのになぁ。

できんかった。。Deep Forestの"Desart Walk"もバッチリ、チュニジアでITunesに落としておいたのになぁ。

今のところ、アラビア語を解さない個人旅行者が、リビアで計画的に移動できるのは、地中海沿岸部に限られると思う。

sR0014209.jpg

旧政府系のバス会社の内陸都市への運行は、運行本数が一日一本か二本ときわめて少なく不安定な上、運行時間は±1時間程度ずれる事もあり、不安定で、利便性が良いとはとても言えない。そんな状況だからか、利用した、ガダーメスとトリポリまでの中間地点、ナールートに向かったバスの乗客は、大型バスに関わらず、自分を含めたわずか数人だった。

そんな頼りないバス路線はリビアでも愛想を尽かされているのか、ナールートの鄙びたバス乗り場にバスが到着しても、ワラワラと寄ってくる人も無く、ガダーメス行きはおろか、乗り合いタクシーの声かけすら無い。

sR0014212.jpg

ここで、周りの人とそこそこコミュニケーションができれば良いのだけれど、トリポリを出ると、リビアでは英語の通用度がかなり低くなり、ガッツが満タンでないと、そこから先の道を拓けなくなってしまう。

トリポリのバス停では、

「ガダーメスに行きたいなら、まずそのナールート行きに乗りなさい。バスを降りた場所から、ナールート行きの乗り合いタクシーが出るよ。」

ということだったのだけれど、バスを降り、周辺でいろいろ尋ねた上、バス停で2時間程粘ったけれど、トリポリ行きのタクシーすら人が集まらないようだった。周囲にはホテルも無い。頭痛は頭全体に広がり、思考と気力を乗っ取ろうとしており、堪え難い。。。

乗って来たバスがいつもより1時間も早く出発し、困惑していたバングラデシュ人看護師さんとタクシーをシェアし、トリポリに戻った。

午後遅くトリポリに到着。回復したのは翌々日の朝でした。

------------

現在のリビアは、革命とその後の混乱が落ち着いていない部分もあり、革命前に編集された「地球の歩き方リビア編10'〜11'」の記載と実情/現状には隔たりがある。歩き方リビア編の情報収集が進められ、編集された2〜3年前のリビアでの旅行は手配旅行が主流だったろうから(今後もそのような状況が続くかと思うが)、少数派の個人旅行者には地図情報などでも物足りない箇所(安宿や乗り合いタクシーが集まる場所が地図の欄外になるなど。)も多く、痒い所に手が届く、頼りになるガイドブックとは言い難い。

ただし、リビアのネットが不安定で、新鮮も旅情報が手に入りにくいのも現実。ガイドブック無しで、辿り着いた先で情報を集め、臨機応変に対応するという旅のスタイルは、時間もお金も高くつく。

だから、情報は革命前のモノとはいえ、助けられるのも事実なのだ。。

ららら、年を取ると言い訳がノタノタと長くなるなぁ。

自分は辿り着けなかったけれど、現在のガダーメス行きの方法を以下の通り纏める。。。

sR0014223.jpg

sR0014224.jpg

sR0014225.jpg

sR0014231.jpg

sR0014230.jpg
途中撤退したナールートにて。。

☆ 個人旅行者としてガダーメスに向かう方法。 2012年10月現在

【乗り合いタクシー】

ガダーメスに行きを考えるなら、朝の8時頃出発のチュニスタクシー乗り場周辺で、根気よく尋ねる事。昼過ぎに探しても、「明日」と言われる事が多い。

【飛行機】

現在、1日1往復の航空便がある。Libya Airways/リビア航空。トリポリ中心部Haiti St.にオフィスがあり、片道ビジネスクラスが50リビアンディナール。約3,000円だった。エコノミーはいくらだ??ただ、翌日、二日後のチケットは手に入りにくい。限られた日程で飛行機を利用するなら、リビア航空のオフィスで早めの購入を。

個人的には、トリポリ到着後、すぐにリビア航空のオフィスに向かい、航空券の手配をしてしまうべきだったと痛感。

----

トリポリとガダーメスのルート上にある、ナールートは、歩き方にもページがきっちりさかれ、自分があえなく撤退した町でもあるけれど、無理して途中下車する程の町でないと思う。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック