calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ロンドン / London

sR0014358.jpg

ロンドン / London

数年前、シンガポールのホーカーズだったと思う。

脂っこい料理とビールを挟みながら「全部の国に行ってみたいなぁ」なんて友人に口を滑らせその気になり、カリブの旅あたりから国巡りのスイッチが完全にオン(乗り放題ゲームなんかもいい思い出だ。)になった。その後の展開は、ブログの通り。なんとかリビアに辿り着いた。

内容はともあれ、運にも恵まれた。

夢から覚めてしまえば。。。失ったひと財産やチャンス、がっつり積み重ねてしまった半無職の日々。なんてモノと、否が応でも向かい合わねばならない。

それらを指差され、この数年を「Wasted!」と言わてしまうと、もうぐうの音も出ない。内から外から湧きあがるモノを跳ね返す盾も、切り刻む剣も、リビアに辿り着いて手にはいる程、甘くない。旅に区切りがついたところで、人生は続く。

何のために生きて来た、何のために生きる。知るか!分からん!

やるなら今しか無い、それだけだ。頑張らねば。

学生みたいな青臭い事を、ピャピャピャと書いてしまった。

旅の終わりの乾杯は、パディントンのパブのエール。カチャンとジョッキを鳴らした相手は、先月末に会社員人生を終え、区切りの旅行でヨーロッパにやって来た友。

苦労や悩みも多いが、人生まんざらでもないなぁと思えるのは、乾杯して、青臭い事を未だに語りあえる友がいて、たまたまロンドン到着日が同じで、こうしてパブでエールを飲めるからだ。

そういえば、シンガポールのホーカースでビールを飲んでたのも、お前だったなぁなんて、パブの閉店まで話しこむ。いい夜だった。

コメント
え、運び屋さん引退するんですか!?(ブワッ
mickstokyoさん

一区切りついたので、アップデートの頻度は下がるかもしれません。

でも、ブログの方はもうしばらく続けたいですね。
  • 運び屋@多摩地区
  • 2012/10/10 2:01 PM
カリブのスタンプを見せたときのあのときめき顔が忘れられませんよ。
  • 大熊猫
  • 2012/10/14 8:49 PM
世界全ての国を巡る。私には想像つきませんが、どんな感じなんでしょうね。

きっとご自身でもきちんと消化されてるんでしょうから、私が口幅ったいことを申し上げるのもあれなんですけど、海外での一人旅での孤独な時間、知り合った人たちとの濃密な触れ合い、それらは意味があるとかないとかじゃなくて、大切なものなんだと思いますよ。

お友達も新たな旅立ちなんですね。幸多い旅路となりますよう、祈っています。

運び屋さんもここが一つの節目。新たな旅立ちの前の一息入れてください。また、次の旅(それがいわゆる「旅」じゃなくても)の目標が見えてくることを期待しています!
  • snowforest
  • 2012/10/14 10:50 PM
大熊猫さん

そんないい顔していましたか? 覚えていない。今の俺はいい顔してるのかなぁ。

snowforestさん

ぐっと来るコメント、本当にありがとうございます。帰国後のドタバタもようやく落ち着き、「さあ次の事を!」モードになっております。ここまで来れた事、皆さんへ感謝!なんて書くより、更に悩んで苦しみながらも、生きてゆきます!と宣言する方が似合ってますかね?まだまだいきますよー!
  • 運び屋@多摩地区
  • 2012/10/17 10:13 PM
出会いは2年間にもなりますね。

その時は運び屋とはつゆ知らず日本に帰って来てから知りましたが、僕はあのマンチェスターでの出会いは忘れません。

またあの時に託された日の丸もまだ持っています。

そう思うと色々な縁があるのだなぁとつくづく感じます。


今自分も人生の岐路に立っています。

久々にブログ見て、何か色々と運び屋さんと話したいなと思った夜です。
  • takayuki
  • 2012/10/18 8:49 PM


あの日の丸、持っていてくれたんだ。

嬉しいねぇ、よし、2014年のデンバー大会にも持って行こう!

そうそう、マンチェスターでお会いし、オーストラリアに勝利したあの感動、
あれは本当に忘れ難い。

とっ散らかり気味に、当時のブログにも書いたけれど、あの勝利は、Takayukiさんをはじめ、卒業後もクラブチームで真剣勝負を続け、全てのラクロス選手が研鑽を重ね、、協会審判団などがラクロスの火を燃やし続けた結果だと思っています。

僕は、現役時代ぱっとしなかった上、社会人ではほとんどプレーできず、早々に引退してしまったので、その後は母校や、国際親善試合に時折顔を出すだけでしたが、あの勝利と、スタジアムの一体感は、本当に痺れました。生きててよかった!

歴史的勝利をつかんだ涙の応援団長!

人生に真摯に向き合ってる人間だけが持つ、ハートがあるじゃない!

岐路に向かい合い、胸張って道を選んで、進んで行ってください!

メールください!飲もうじゃないの!

  • 運び屋@東村山
  • 2012/10/18 11:54 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック