calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

新撰地誌 巻四

s1005739_488657241214674_589574140_n-1.jpg

新撰地誌 巻四

フリーマーケットで見つけたトップ画像の左下、古めかしい装丁の地理の教科書。

明治19年 版権免許
明治20年 訂正再販御届

とある。

「欧羅巴ハ、東大陸ノ西北部ニシテ、北緯三十六度ヨリ、七十度ニ至リ、西經十度ヨリ、東經六十度ニ至ル、大洲中ノ最小ナルモノナリ、」

で始まり、

現在の文章と、ひらがなとカタカナの使い方が全く逆な文体で、ときどき挿絵(白黒)を挟みながら欧羅巴や南北"亜米利加"大陸などを解説してゆく。その文章も十分よ生み深いのだけど、章ごとに現れる色刷りの地図。これが面白い。

s971510_489467297800335_585864328_n.jpg

1887年頃の南アメリカ。 南亜米利加

美味しそうな地図。明治20年のカラー地図。木版画かな?

s64014_489467397800325_1802870096_n.jpg

チリとの戦争に敗れ、ボリビアが内陸国になったのは1884年なのだけれど、時間的なずれもあって「ボリビアに海」な地図。

もうひとつ。

s1069924_489467491133649_405409876_n.jpg

パタゴニアが一個の独立国かのように、赤線でくくられてる。この辺りの歴史は馴染みがない上に、参照できる資料も少ない。。けれど、この「パタゴニア」のエリアが、チリやアルゼンチンと線引きされた理由のひとつには「マプチェ族」や「アラウカニア・パタゴニア王国」が関わっていそうです。
古い地図を眺めていると、旅したような気分になれるので、旅にあまり出なくなった「運び屋」は時々地図のアップデートなんかを使用と思ってます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック