calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

カッパドキア / Cappadocia

10330233_10204112852885570_8273362929460318196_n.jpg

カッパドキア / Cappadocia

イスタンブール到着後、オトガルに屯するオヤジに微妙なバス会社のバスに捕まってしまい、目的地までちょいと時間のかかるカイセリ経由の夜行バスでのカッパドキア入りとなった。

10409544_656681657745564_1959513909451286585_n.jpg
10425120_656681704412226_6837220717211793934_n.jpg
10502201_10204112853045574_5424728795465000545_n.jpg

カッパドキアの奇岩奇勝についてはもはや説明不要だし、思いを込めて旅している人に比べたら、本格的な下準備もツアー参加もしなかったので、細かいことは割愛して他のブログやガイドブックにまかせ、この地の城塞やそれに準じた建造物を細かくアップデートすることにしよう。短い滞在だったけれど、ツーリスティックだけれど、イスタンブールなんかに比べればノンビリできるギョレメの町をふらついたりし、結局は楽しんでしまった。

カッパッパパ、ルンパッパ。

1977204_656681701078893_6253048816942836725_n.jpg
カッパを捕獲すべく、投網をうつ少年。尻子玉をとられんなよ!

ツアーに参加して、カッパドキアのめぼしい箇所を回ってみたのだけれど、担当ガイドがトルコではマイナーなクリスチャンなのにも関わらずアタチュルク大好きで、カッパドキアとトルコの歴史を説明する一連の流れの中で、ギリシャやアルメニア、ロシアのことを「Enemy」と言ってはばからない。ツアー客にはスペインのカップルもいたのだけれど、「一昔前まではトルコがEUに入りたかったけれど、今はそうでもない、EUが俺たちのお金欲しさにEUに入れたがっている。」なんてすごんだりする。ドライブかかってるなぁトルコなんて感服しながら、ツアーバスの外の、乾いた果てしのない穀倉地帯を眺めたりした。

熱気球には乗れなかったので、代わりにカエルに飛んでもらった。そんなカッパドキアの滞在。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック