calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

吉野川(穴吹川合流地点〜安房川島)

xxIMG_9279.jpg

吉野川(穴吹川合流地点〜安房川島)

9時30分の出港。

貞光の河原で「この先で一番気をつけなければいけないよ」とアドバイスを受けていた穴吹川合流地点から少し下った右岸の落ち込みは、遠くから見ても白く泡立っているが、水量豊富なタイミングに助けられ、穏やかな右岸の瀬を進むことであっさり回避できた。今回の川下りは、渇水期のGoogle Mapと比較して、河原がだいぶ後退していたり、中州が水没していたりと、増水期?なのかもしれない。全般的に漕ぎ易いのではないかと思う。

xxIMG_9249.jpg

xxIMG_9260.jpg

xxIMG_9262.jpg

xxIMG_9276.jpg

xxIMG_9278.jpg

瀬があるはずの脇町、穴吹といった奥行きのある町を過ぎたけれど、穴吹川の澄んだ水が合流したこともあってか、吉野川は引き続き清流さを保ち、川底の石がキラキラしていた。

ゆっくり休憩を挟んで、12時半には吉野川市川島町の船着き場に到着。

川の流れにゆだねるだけでスーッとすすんでしまう順調な川下りだったけれど、勢いがつく瀬とカーブの組み合わせが何箇所かあった上、嫌な場所に流木なんかが顔を出していたりして、油断ができなかった。

xxIMG_9287.jpg

xxIMG_9289.jpg

xxIMG_9290.jpg

舟を乾かしてたたみ、船着き場から川島郵便局から発送して身軽になる。二日間お風呂に入れなかったので、徳島駅前のホテル併設の温泉が心地よい。70過ぎのお遍路さんと雑談する。

xxIMG_9295.jpg

冷たい水に浸かることなく、眉山を眺めてお湯に浸かれることに感謝しなければ。。もう少しセーフティーに気遣った装備を改めつつ、もう少し穏やかな川でレベルアップしなければ。。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック