calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

成田 成田 成田

xxIMG_8877.jpg

成田 成田 成田

「しがないやくざな運送屋、いわば運び屋でござんす」といった気持ちからブログを命名してから10年たちますが、相変わらず物を運ぶことにからんだお仕事で糊口を凌いでいます。そういう場所で働くが故に、「運び屋」を糾弾し、吊るし上げるポスターが、ベタベタ貼られているところで働くことになるのはアレな気分です。一昔前まで「運び屋」ってそんな悪い言葉でもなかった気がするのですが。。。


xxIMG_9105.jpg

仕事の内容は、無在庫/最低限の在庫で商品を販売するという、利益は薄いものの堅実でいい狙い所をやっている輸入業者のお手伝い。頻繁に食品通関やらで空港に出かけています。空港に向かう=フライトだった時代に比べれば、生活スタイルが変わりました。その仕事も、初めのうちは成田でのピックアップもありましたが、最近は羽田でピックアップすることが多くなりました。

無在庫/多頻度/多品種といった輸入スタイルな為、輸入申告も少額扱いになることもあるくらい。そういったこともあって自ずと貨物のボリュームも可愛いものにはなっています(そもそも僕のようなボンクラでなんとかなる貨物量なのだから)が、通関後、数日とおかずに捌けていく商売に関わるのはなかなか気持ちの良いもんです。あまりにも気持ち良く商品が履けるときには、「キャッシュフロー!」と車の中で叫びたくなります(嘘)

xxIMG_9073.jpg

一回の申告/通関が小さいため、大量かつ高価な貨物を一度に送ってくることに比べれば、貨物一件単位の手間隙の時間や労力は大きくなってしまい、まだまだ効率を上げる余地がありそうですが、お手伝いするにしても、羽田はとにかく楽。品川の下町からの車でのアクセスがすこぶる良くって気楽なので、ついついお手伝いしてしまいます。車が手配できないときは、申告手続きだけを済ませて、保税倉庫に貨物を追加料金が発生しない時間内に放置プレイ、道が空いている時に改めて自分か業者がピックアップということもできるなぁ。

羽田空港から飛び立つたびに、成田空港が遠くなってゆくと感じましたが、こういった貨物のお仕事でも同じです。成田くんだりまで出向いたり、オフィスを成田や船橋やらに置いたりすることがだんだん馬鹿らしくなってきます。

成田はLGWやOLY化する。。

なんて航空バカの友人と良くメールを交わすのですが、LGWやOLY程度で済めばいいくらいと自分は考えています。オリンピックが終わったらNRTが、貨物と格安濃度の高い空港になることは間違いないさそうです。2020年以降の航空需要や日本の立ち位置はまだまだ不透明なこともありますが、海外に飛び立っていた旅客を待ち構えていただけの千葉県や成田市、空港周辺の人々に何か想像しろといってもまあ無理な話です。幸せなことが始まる予感がしないのは、不幸な時代に悶着あって建設されたNRTにかけられた呪いなのかと思ってしまう今日この頃なのです。

成田の家のことがあってむしゃくしゃしている部分を差し引いても、デルタの今後や、ユナイテッドが進める非HUB化なんかが進む背景には、日本の立ち位置が怪しくなっているというより、NRTに地力/自力がゼロということを示していると感じます。空港周辺の三流分譲地が月給並みの値段で取引されたり、富里や八街の空き家だらけになって、失敗したパイロットファームみたいな空気が漂っている現実に目をそらしている場合なのかなぁと感じるのです。

xxIMG_9096.jpg

こんなウジウジした文章をアップした朝は、祖国のプロジェクトにアサインされ、朝の臺北松山行きに乗る妻の見送りしたあと、検疫所が開く8時半から、貨物なお仕事。飛ばないけれど、貨物と妻をしっかり運んでいます。まだまだ「運び屋」です。

バビューンと、南の空に飛んで行く飛行機を眺めながら、

「そうだよなぁ、会社が払ってくれる航空券でわざわざ成田発のチケットは買わないよなぁ。」

なんて、ごくごく当たり前のことをつぶやくのでした。


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック