calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ドンホイ要塞 / Đồng Hới Citadel

xxDSC_7099.jpg

ドンホイ要塞 / Đồng Hới Citadel

xxスクリーンショット 2016-06-01 17.01.11.jpg
場所

このお城も、嘉隆帝/Gia Longのベトナム統一(1802)から間も1812年にまずは土塁式で建設され、明命帝/Minh Mang期(1831〜)にフランスのヴォヴァーンのスタイルを導入し、レンガ組の現在の四角形プラス稜方式に改変されたとのこと。

xxDSC_7096.jpg

xxDSC_7104.jpg

xxDSC_7105.jpg

余談ですが、16世紀から18世紀まで続いた南北に王朝があった時代は、このドンホイの町からほんの少し北のGianh Riverが国境の役割を果たし、南朝の最北の街であり重要な町だったそうで、要塞が建設されてしばらく歴史を下った1885年、清仏戦争で宗主権を清から奪ってベトナムを保護国化したフランスとこの要塞にたてこもるベトナム人が戦いベトナム側が撃退したとのことです。ま、その後の歴史は厳しい植民地化なのですが一矢報いたと考えればいいのでしょうか。。

第二次大戦後の対仏独立戦争では、今度はベトナム国民側から要塞を守るフランスに対して、1945年と1954年に攻撃があったとのこと。

xxDSC_7108.jpg

xxDSC_7109.jpg

細かい内容は分からないけれど、要塞の内部や近辺にある石碑や記念碑は、そのあたりの歴史が記されているのだと思います。

ベトナム戦争当時は、北ベトナムに属したドンホイは、

「石器時代に戻してやる」

xxDSC_7112.jpg

という言葉通りのひどい爆撃を受け、現在の城壁も大きな虫食いがあったであろうと思われる箇所が散見しました。そんな修復前はボロボロであったろうことが想像される要塞は、2005年からの修復がすすみ、他の要塞や都市要塞がどんな形態であったであろうかを想像できるような、往時の姿を再生した仕上がりになっていました。

xxDSC_7113.jpg

xxDSC_7116.jpg

xxDSC_7117.jpg

お城訪問中に白昼夢の中にいるような気持ちになり、ベトナムにしては珍しい物乞いの子供達をいなしているうちに、宿に戻ってしまい、要塞の少し南に移築された正門を訪れるのを忘れてしまったのはご愛嬌。わざわざこの要塞のためにドンホイに泊まることはないかもしれませんが、車を降りて30分くらい見物するにはいいかもしれません。

http://www.quangbinhtourism.vn/en/Destination/TourismResourcesDetail/tabid/227/ArticleId/546/DONG-HOI-CITADEL.aspx

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック