calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

大平宿 Odaira-shuku

xxacFAduhWmOE9pfQTMVFnYsOapHYFVIOr9rF_uG6-pQRzMWB8RcFw636-LWjJrkyA2QvBXusP2FPk7w=w452-h677-no.jpg

 

大平宿 Odaira-shuku

 

つげ義春の紀行文や旅を描いた漫画が大好きなのだけれど、その世界観に身を置くのは平成の世ではなかなか難しい。ボンネットバスはもう存在しないし、バスやらを乗り継いで乗り継いでたどり着く山の集落に戸板やガラスがガタガタして、いい感じな家があったとしても、目の前の舗装が完璧だったり、廃業した商店の前には自動販売機だけは据え置かれたりして興ざめだったり、いい感じなんだけどリフォームするには30年くらいオーバータイムだったり。。。

 

xxJLIks0AcUlwJTwTEt3vz88FDkvc7Ltw4kwdtDxid2L0xL1wcrspwd2cAhGDLvOS3aY8iKjudGz51Rg=w508-h677-no.jpg

 

xxKMgIlSGmQCmYysz-K3wuiJq6Kvns4X_7Uv2Lxw-an0KKZuqZWP7uz0PtcbJ2SSU5t9AW39oiQxFREg=w509-h678-no.jpg

 

お遍路や結構な田舎を散々歩いてきた割に、なかなか出会えなかったそんな集落ですが、ひょんなことから、古民家に泊まってみませんか?というお声がけを頂き、木曽山脈山中、ほんの少し飯田よりの大平宿に出かけてきました。

 

xxCqDfwQM1FTFNEuw6Y8s-RoXPyjRrSRV3cCCmzFMHaD-OS13Wal1W3WwT0PP5L7Ac1J0kVCTasgTWDg=w381-h677-k-no.jpg

 

xx755vM75Uj7bXv7vamIIhhIFAy-iT4BXvdpIQy-3ZfC_JYg3Is4hzPF_TNSswmhH8TWpz1agjuFhLiA=w509-h678-no.jpg

 

木曽から国道19、246、険道8号のつづらを不安になるくらい走ったところで、木曽峠と名付けられた高所を過ぎ、しばらく走ると大平宿。標高1200メートルの開田高原でお仕事し、飯田に抜ける600メートルの南木曽に降りてまた1200メートル登ってくるまでに約2時間弱。木曽福島からだったら1時間半で到着できそうな山の中。大平宿は古めかしい家がひっそりと軒を連ねる、まさにつげ義春な世界観の中の集落でした。

 

xxacFAduhWmOE9pfQTMVFnYsOapHYFVIOr9rF_uG6-pQRzMWB8RcFw636-LWjJrkyA2QvBXusP2FPk7w=w452-h677-no.jpg

 

すぐに日が暮れそうだったので、簡単に釣りをするが、水がきれいすぎ(言い訳)で坊主。泊まる古民家に戻るといい感じに囲炉裏が焚かれており、食事スタート。

 

三々五々、同宿の皆さんが集合して一気にいい雰囲気に。グダグダと寝転びながら続ける会話ぼんやり日を眺める時間が入る、最高な時間でした。

 

xx17RoKFCJVhZXrLCDa1_J1-a3o3KWU0AZZW9_wmIMXnil1eA0q8aHONkCz_BlIw5h_AXkbuBN2uVa4Q=w381-h677-k-no.jpg

 

xx2ag6MnJTXTuDsrzaGov-zsf6bCGJU8r_DS7DAxlIGLTyBNvh-nSNagYUR2ti4W5nD7pFZ9iZLhC6yw=w1019-h677-no.jpg

 

xx6DbGiEvX_ZelHWZtafhwojaPgDa--yJip0Vf7hGbiyVr84rK3XUw7LnUfXPCIuEnBVk1o-kzYfJ2AA=w381-h677-k-no.jpg

 

xxvPFc4f9T7GLT1BDAn_yQqoSCsDKQwPv-TIMQDTzCI48PJ7fmS6OWgM34vjPsujm5HDkBFjUZVxTpBA=w1019-h677-no.jpg

 

聚落散策をする暇が今回はなかったのだけど、次回来る時は妻籠宿や温泉と合わせてゆっくり楽しみにこようと思う。外国人も結構喜んでくれるだろうなぁ。大平宿、非常におすすめです。また来ます。

 

ご紹介いただいたShinさんのブログ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック