calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

グランドサークル Grand Circle Day-6,7,8

xx15349777_1170392359707822_322761909560755887_n.jpg

 

グランドサークル Grand Circle Day-6,7,8

 

Waveを堪能した次の目的地は、モンタナ。

 

懇意にしていただいた業者の訪問と寒い長野をやり過ごすグッズを手に入れたいということで、グランドサークルのスポットからは少し外れることになる。

 

グランドサークルの見どころで今回行かなかったのは、セドナ/Cedona、アーチーズ/Arches、ザイオン/Zionと言ったところだろうか。行けたところにしたって、嫁さんと「初めて」を共有できないのは残念だけれど、Waveとグランドキャニオンのトレッキングはなかなか楽しかったようで、FBのプロフィールをWaveのそれに変えたり、車の中でギターを爪弾いたりしていい雰囲気だ。

 

xxDSC_6100.jpg

 

xxDSC_6135.jpg

 

xxDSC_6114.jpg

 

次の目的地は、ユタ、アイダホを越えてモンタナ。だいたい664マイル、1000キロちょいのドライブ。東京から福岡くらいを走る。普通ならこの距離を日本だったら車で走りたいと思わないけれど、今日走る区間はハイウェイが大部分で100〜120キロくらい怒られずに走れるにも関わらず、高速料金がかからないからいい。

 

まあ、車を買うか買わないか、利用するかしないか。という根本的な問題はあるけれど、日本は車に関わる税金やら料金が高すぎるよ。

 

さて、出発

 

カナーブ/Kanabを出発し、右に曲がるとブライス/Bryceだなぁというあたりですぐ日没になって、パンギッチ/Panguithという上はサンドイッチと下はパニーニみたいな名前の町を通り過ぎたところで左折し、Utah20号線の峠越え。最大勾配7%の道を標高を上げれば上げるほど、表示板の気温もグングン下がる。2400メートル超えの峠では氷点下10度を記録し、塩カリやら雪や氷やらいろんな物を跳ね飛ばして疾走してなかなかスリリングな道だった。

 

そのあとはI-15をひたすら北上。500マイルの一本道。ユタのプロボ/Provo、アイダホのブラックフット/Blackfootで仮眠をとって、デュボワ/Duboisで朝食。そのままディロン/Dillonを目指したかったけれど、あと少しのレッドロック/Redrockで食後の睡魔に見舞われ、結局ディロンにたどり着いたのは11時過ぎだった。

 

xxDSC_6121.jpg

 

xxDSC_6132.jpg

 

Dillonからは770マイルのなんかでラスベガス。一気にソルトレークシティーまで戻って晩御飯、仮眠を重ねてラスベガスに向かった。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック