calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

すんき

 

すんき

 

凍てつく土地が生んだ奇跡の食材「すんき」がテレビ東京取材されました。

 

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/you/feature/post_125361/

 

木曽谷の一番北は、現在では塩尻市になっている、奈良井、贄川宿。塩尻の名前の由来に、塩が尽きるという意味で「塩尻」とあるように、海から遠く離れた木曽地方においては塩は貴重なもので、信州や甲州を拠点にした武田氏が、仇敵の上杉氏に「塩を送られる」という話も有名ですね。

 

そんな山深く、かつ冬の生産力がゼロに近くなり、野菜を保存しなければならなかった土地が生んだ食品です。信州のじい様ばあ様が冬の間、コタツに入って漬物を突っつくなんていうのは、むしろ贅沢だったのかもしれません。

 

この「すんき」は、木曽は木曽でもさらに奥の開田や三岳、王滝といった土地で育まれた食材で、

 

「ったく、福島の連中には、『腐った葉っぱをくってらぁ』なんて言われたもんだけどなぁ。」

 

なんていう話を聞いたりもします(笑)が、

 

木曽は木曽でも暖かい木曽でまず作って、そのあと少しずつ標高を上げる。収穫期をずらしながら生産力を上げる作付けや取り組みなどを行い、All木曽!で頑張っているので、ぜひ皆さんも食べてみてください。木曽の蕎麦に放り込んで食べると美味しいですよ!

 

仕込みも最終段階で、今月末には売り切れてしまうかもしれない幻の食材!是非食べてみてください。あ、夏にモロコシ野郎やったり、赤かぶの収穫や、レストランのお手伝いをさせて頂いているおんたけ有機さんのスンキをまず一押しさせていただきます!

 

おんたけ有機


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック