calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

象山/四獸山步道:靈雲宮登山口-象山-拇指山-九五峰-慈恵堂登山口

xxDSC_7458.jpg

 

象山/四獸山步道:靈雲宮登山口-象山-拇指山-九五峰-慈恵堂登山口

 

フィラデルフィアから帰省している妻の弟と妻との三人で、象山とその背後の山を歩いてきました。

 

象山から様子を見て行ける所まで行ってやろう!というパターンで臨んだのだけれど、縦横にトレイルが走ってすこぶるいい感じなので、2時間半ほど、休みも取らずにひたすら歩きを楽しみました。歩いてすぐにたどり着く、象山ビューポイントだけだってなかなかの登り甲斐がありますし、台北101の眺めも絶品なのですが、そこからもう少し頑張って、拇指山から九五峰まで登り、そこから台北101どころか、台北を一望するトレッキング!をされてみてはいかがでしょう。

 

xxDSC_7400.jpg

 

xxDSC_7388.jpg

 

xxDSC_7402.jpg

 

xxDSC_7415.jpg

 

xxDSC_7420.jpg

 

xxDSC_7434.jpg

 

無理やり当てはめれば、東京スカイツリーの真横に高尾山があるような、台北の面白さを感じることができるかもしれませんよ。

 

お勧め!

 

ルート上では、年配のお年寄りともすれ違うものの、拇指山の尾根筋(山稜線)までの直登は、象山から見上げた時の印象そのまま、ハイキングという言葉が少し生易しく感じるくらいの本格的なものだし、登りきった後の、長い稜線を歩くのも気持ちよい。麓の商店街で、冷めても美味しい類の台湾飯を担いで、見晴台で頂くってのはどうでしょう。

 

xxDSC_7442.jpg

 

xxDSC_7458.jpg

 

xxDSC_7465.jpg

 

xxDSC_7474.jpg

 

xxDSC_7493.jpg

 

ちなみに四獸山の四獸は、象、虎、豹、獅だそうで、象山と虎山は遊歩道で通ることができます。

 

何で象山なのか。。。は、歩いてみて案内板を見てご確認下さい。

 

今回のルートは、MRT台北101站から徒歩、Google Mapや台北人のサポートなんかを得ながらでたどり着ける、靈雲宮脇の登山口にしていますが、MRT象山站の近くからも登山口があります。今回の降り口となった、松山慈恵堂へは、福徳國小バス停が最寄り。MRTですと、後山埤站が最寄りです。

 

xxIMG_6345.jpg

 

xxIMG_6346.jpg

 

xxIMG_6347.jpg


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック