calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

在台湾吃的東西 020 鹹豆漿に豆板醤が入っているんだ 北投蛋餅花生湯

xxIMG_6199.jpg

 

在台湾吃的東西 020 鹹豆漿に豆板醤が入っているんだ 北投蛋餅花生湯

 

こちらの、看板もない朝飯やさん、北投蛋餅花生湯は、「とろとろピーナッツの満員電車や〜」な花生湯が有名なようですが、朝のリズムで頼んだ鹹豆漿に豆板醤が入っており、不思議なハーモニーに包まれ、俺的台湾飯に新たな一ページが加わったので、ご報告です。いきなり裏メニューを出されたような衝撃といったら大げさだし、鹹豆漿を出される店の薬味コーナーに豆板醤があればそれをいいだけなのですが、私これ好きです。嫁さんは、辛い鹹豆漿は鹹豆漿じゃない。。と釣れない反応でしたが。。

 

xxIMG_6186.jpg

 

xxIMG_6187.jpg

 

xxIMG_6194.jpg

 

xxIMG_6196.jpg

 

 

 

xxIMG_6198.jpg

 

豆漿(豆乳)は、何か放り込めば放り込むほど、凝固したり分離したりするデリケートな食べ物で、鹹豆漿は豆漿(豆乳)に塩っ気のあるエビやらザーサイやらお酢やらを入れてとろふわになった状態を楽しむ食べ物ですが、直球の豆板醤、アリだと思います。日本でも、木綿豆腐と重曹でとんこつラーメンを作ったりしますが、そのとんこつラーメンに辛味高菜のスパイシーな染み出しが加わったあのスープな感じになって面白おいしかったですよ。このお店は石牌駅が最寄りでちょっと台北から離れているので、よかったらお試しください。

 

xxIMG_6202.jpg

 

xxIMG_6205.jpg

 

さて、こちらのお店の名前にもなっている、花生湯と蛋餅ですが、うまいうまいうまい。花生湯って、どこでもうまいものが出てくるわけじゃないから嬉しいですね。飯糰も間違いなく水準(俺ものさしですが)以上。この後に登った軍艦岩の軽登山でも一切疲労を感じなかったのは、ここの食事が原因かも?

 

xxIMG_6203.jpg

 

xxIMG_6206.jpg

 

xxIMG_6207.jpg

 

淡水や北投に出かける時、もし思い出すようなことがあれば石牌で降りて、徒歩5分。こちらの朝ごはんで1日を始めてはいかがでしょうか?

 

 

北投蛋餅花生湯(看板ありません)

地址:台北市北投區實踐街48巷7號
電話:02−28212516

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック