calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

王都ハリハラーラヤ / ロリュオス都城

xxDSC_9034.jpg

 

王都ハリハラーラヤ / ロリュオス都城

 

場所

 

チャウスレイヴィボルやバンテアイスレイ、ベンメリヤと今回は、アンコール遺跡群の中でも中心部から離れた遺跡を優先して回った。

 

1、ブータンやネパールのような政教非分離の国での寺院や城の位置付け
2、きっちりと巡らされた環濠
3、城臭がプンプンする脳みそフィルター

 

xxDSC_9051.jpg

 

xxDSC_9052.jpg

 

などを合わせて回ると、どれもが城や砦や、囲郭にかこまれた都市に見えてしまいきりがない。けれど、バコン寺院を中心とする、ロリュオス都城はアンコールトムが建設される以前に、王都ハリハラーラヤと以外の「城」と明確に位置付けられているし、埋ま利始めている環濠で草を食んでいた牛も「おう、ここは城としてアップデートしてもいいんじゃないの?」というまなざしを送ってきた。よし、アップしよう。

 

ハリハラーラヤは8世紀末から9世紀にかけて栄えていた王都で、アンコール遺跡群の東南に位置している。シエムリアップからも距離はあるが、国道沿いと言って差し支えのない場所に位置しており、バイクで出かけるには丁度良く、観光客で溢れかえる有名遺跡と違って混雑もほどほどで、日程に余裕のあるグループがサンセットサンライズに訪れるような場所となっている。

 

xxDSC_9208.jpg

 

xxDSC_9210.jpg

 

中心部には国家寺院としての役割を果たしたバコン寺院があり、ほぼ正方形の寺域は豊かな水をたたえた水濠があり、その寺域をふた回りほど大きくした正方形の環濠がうっすらと残っている。

 

アンコールトムのような明瞭な城壁は残っていないけれど、環濠の側に立つと、水牛は話しかけてくるし、城域とした側の鬱蒼とした森からは「わかるよ、『海外の城』にアップしたいんだろ。存分にどうぞ」と古代クメール語で声をかけられた気もした。環濠と鬱蒼とした感じでしか明瞭な城郭システムやディフェンスを感じさせるものを見つけることができなかったけれど、アンコール遺跡群との対比や距離、王都として機能するに十分な城域はあった。

 

サンセットの時間帯には、近くを熱気球がアンコールワット方面に向かって流れていったけれど、いつかアンコール遺跡群と合わせて、空から縄張りを感じてみたい。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック