calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

四万十川下り Day-2 川登-赤鉄橋 朝出発昼前到着

xxIMG_8803.jpg

 

四万十川下り Day-2 川登-赤鉄橋 朝出発昼前到着

 

テントはそのままにして、朝の6時半起き。市役所の駐車場に車を停めて、江川崎行きの初便を待つっていると、時間通りにバスが現れる。川登大橋に一番近いところで降ろしていただいて500円。大橋を渡って船を再び川に浮かべる。出航。

 

鏡のような水面に目を凝らすと、時折、稚鮎の塊がさーっと通り過ぎて上流を目指していたり、ハゼやエビが水中の石に張り付いたり乗っかったりして、「はい、来た!小宇宙!」が自分の周りで展開しされます。

 

川登大橋から下流を水量が少ない時期にファルトカヌーで下るときは、荒々しい瀬などより、浅すぎてしまった瀬で船が底を擦ってしまうことくらい。おそらく15キロくらいの川旅は、夏の海風が吹き始めない午前中ならば、漕いだらその分船は前に進むし、漕ぐことをやめても押し戻されることもなし。

 

xxIMG_8781.jpg

 

07:40 川登大橋たもと出発
(中村→江川崎バス初便、川登下車経由)
08:40 三里沈下橋通過
09:20 佐田沈下橋通過
10:40 赤鉄橋通過 旅終了

 

三里沈下橋までは、これまでの山が迫りゆったりとした景色が展開して、佐田沈下橋のあたりから旅が終わってしまう寂しさが漂い始め、少し漕ぐと幾重にも重なってきた四国の山並みが途切れ、中村場がある山が見えてくる。。。

 

xxIMG_8788.jpg

 

xxIMG_8796.jpg

 

xxIMG_8798.jpg

 

というコースです。初めての川下りはどうしても時間が読めないので、少し漕ぐのが早かったか?休憩入れればよかったかも。

 

とも思いましたが、充実感でも達成感でもない気持ち良さ。光に包まれ光になるような気分になれる類稀なる場所。世界のいろんなところを旅してきましたが、四万十川の川下りは別格です。

 

xxIMG_8820.jpg

 

xxIMG_8823.jpg

 

東京から最もアクセスの厳しいエリアの旅とはいえ、2泊3日、LCCや格安レンタカーで上手に旅ができる場所でもあります。皆様も是非、よかったらコメント蘭で質問をどうぞ!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック