calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

台湾で局留めしよう / 郵局 存局後領

xxIMG_9724.jpg

台湾で局留めしよう / 郵局 存局後領

台湾で買い物をしすぎてしまった。面筋、大根もちの粉に台湾サンダル、乾燥キャベツにカラスミ。フェイスマスクに肉髭。おっと、肉髭は日本への持ち込みが禁止だったか。

早朝便や深夜便での日本帰国の方にはお勧めできないのだけれど、地方の空港で買い付けをして、桃園から帰ったりする人にオススメなのが、桃園空港郵便局への局留め。

発送場所は、買いすぎたり手持ち無沙汰になってしまった場所の最寄の郵便局。台湾の郵便局(郵局)には、段ボール箱なんかも販売しているので、何かを大量に買って持って帰りたい場合は、

1、郵便局からほどない場所で買い付けるか、郵便局からほどない場所を見つけてから買い付け。

2、買い付けてから郵便局へ、

xxIMG_8940.jpg

3、国内発送の伝票の届け先を空港郵便局にし、

「在局後領」と記載し、引き取り(出発日)予定日を「領」の字を合わせての上、記載し、発送。

すればOK。発送元は自己責任になりますが、宿泊先のホテルとかでOKでしょう。

4、台湾国内なら、まず1泊で桃園空港に到着します。到着後、2週間取り置きしてくれます。

5、ピックアップ(郵務:08:30-17:00 )に、身分証明書(パスポート)と伝票でOK!

買い物に限らず、使わなくなった旅行道具やらをドンドン、桃園空港へ在局後領してしまえば身軽な旅ができるかもしれませんね。今回私は、先ずはの台湾旅行で買い付けたものをひとまとめにして局留め発送。釜山から台北経由便で名古屋に向かう3時間の乗り継ぎで、郵便局で荷物をピックアップし、中華航空にて荷物として再チェックインして、帰国しました。

皆さんの旅が身軽になったことで、いつもの一歩先、一歩深い台湾旅になりますように!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック