calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

プノンペン / Phnom Penh - カンポット / Kampot

IMG_5832.JPG

 

プノンペン / Phnom Penh  - カンポット / Kampot
 
前日にシアヌークビルゆきのチケットを駅カウンターで購入(8ドル)しておいた。

 

「明日の朝、7時出発!6時半集合!」

 

みたいな連絡を受け、翌朝早朝に目覚める。大雨が落ち着く間隙を縫って駅へ。

 

IMG_5825.JPG

 

IMG_5822.JPG

 

IMG_5813.JPG

 

年代物の客車にバイクを放り込むと同時にジェネレーターを積み込んだ木造の貨車、その後ろに車を平積みする無蓋車が繋がれている。機関車がないよね。。と思ったら年代物の渋い奴がゆっくりのっそりやって来て、がっちゃんと繫がった。

 

IMG_5907.JPG

 

IMG_5888.JPG

 

座席が直角という噂は聞いていたが、シート番号の指定から座席のスタイルからドアやら細かいところやら兎に角。。斬新だった。簡単に言ってしまえば粗雑でテキトー、せっかくの年代物の車両を貶めるような内装なのだけど、安全安心便利快適に慣れている日本人からすれば、これで走るなら良いじゃないかよとも思う。

 

IMG_5878.JPG

 

IMG_5868.JPG

 

ツッコミだらけの内装の車内で、だらだらと家族が過ごし、機関車の様子がおかしくって何にも無いところで止まってしまっても、車掌さんに変わって英語ができるカンボジア人が欧米の旅行客が声をかけ、事態を伝え、大幅に遅れることを知らされたみんなが大笑い。赤ん坊が泣いたり笑ったりしてる。

 

IMG_5875.JPG

 

IMG_5906.JPG

 

もともと余裕があって遅延上等で、不便な交通手段になり下がってしまっているカンボジア鉄道にそれでも乗る人達だし、途中で一時停止したタケオは、鉄道の脇で、自分のお尻の穴か尻尾を追っかけ回して犬がぐるぐる回ってるような駅だった。

 

IMG_5922.JPG

 

IMG_5838.JPG

 

IMG_5815.JPG

 

日本でこれやったら、アレレなことになるだろう。車内で泣く子供や爺さん婆さんへの配慮やらがニュースや討論される対象になっちゃうような国だからなぁ。日本は。。

 

IMG_5871.JPG

 

IMG_5894.JPG

 

IMG_5923.JPG

 

IMG_5855.JPG

 

IMG_5883.JPG

 

IMG_5837.JPG

 

IMG_5834.JPG

 

AIや革新的な技術と組んず解れつして、安心安全便利快適に突き進み、東京の世の中が3時間前進している冬の日。カンボジアは夏の日に、44になったばかりのおっさんは無事(ここ大事)、3時間遅れでカンポットに到着。幸せ過ぎる車内や同じルートを自転車で駆け抜けた四半世紀前の俺がフラッシュバックして車両の連結箇所で、涙がボロボロ溢れたり、特別な感情に身を包まれてました。

 

まだまだガキンチョですね。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック