calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

WE 586 BKK-PNH

IMG_3804.JPG

 

WE 586 BKK-PNH

 

寝ぼけ眼でタイ航空のラウンジに向かうと、

 

「このフライトはスターアライアンスじゃない」

 

と一蹴される。

 

すごすごと搭乗ゲート前に移り、時間を過ごして搭乗開始。沖留めの駐機スポットに向かうと、隣の隣の飛行機が、Vietjet Thailandだった。外資の資本制約なんかがあるのだろうけれど、時代は変わるな。

 

搭乗客は客層も国籍もバラバラだけれど、恰幅の良さと面構えもあってか、裕福なインド人が目立つ。仕切られたビジネスクラスの搭乗者もインド系だったし、私の近くのシートには、タイ人のコーディネーターらしき女性を連れ立ったインド人と欧米人のグループなどもいた。

 

IMG_3810.JPG

 

カンボジア在住で、タイでの仕事帰りではないだろう。鼻息荒く、カンボジアに仕事をしに行く様子だ。

新興国のドライブがかかった人達は、彼らのルールや意思のまま、仕事してる様子。カンボジアの復興に深く関わってきた自負が日本人として少しあったから、取って代わられてしまったという印象も少なからず受ける。

 

何してるんだ日本。。という思いと、カンボジアや周辺国が完全に独り立ちし、各国の国是や、仕事をする人の国境を越える意思で回転しているんだなぁ、と改めて実感する。

 

カンボジアというと、飢餓でお腹だけ膨らませた難民キャンプのカンボジア子供たちのイメージが強かった。おそらく、35年前くらい。

 

そのキャンプがあったり、ポルポト時代にカンボジアの難民が目指したり、のちにベトナムに追われたポルポトが潜伏したタイ-カンボジア国境地帯の丘陵地帯を飛び越えると、ほどなく水浸し(に見える)のプノンペン郊外となり、建設的中のビルや工業団地を見下ろしながら着陸。

 

3月に取った1年ビザがあったので、入国審査もあっという間。

 

さぁ、これから2週間頑張っていこう。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック