calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

蘆洲國民運動中心 射箭場

51518404_377071746205782_9148537793704624128_o.jpg

 

蘆洲國民運動中心 射箭場

 

台湾から半弓道場のFBにお問い合わせいただいた台灣傳統射箭聯盟の林さんや皆さんとコミュニケーションしているうちに、旧正月明けに台北で弓を一緒にやらないか?とお誘いをいただいて出向いた射場。

 

本来はアーチェリー場なのだけれど、台灣傳統射箭聯盟の方が定期的に九州の四半的や中国の伝統の弓矢の技を磨く場所にしているとのこと。

 

林さんは韓国や中国、モンゴルでも弓を体験され、世界中の弓に明るく、本業では台湾師範大学で中国語教員もされており、話も楽しませ方も素晴らしく、伝えようという気持ちに愛がこもり、勉強になりました。

 

51332175_3096942116998310_566608801701036032_n.jpg

 

初めての方に弓矢を楽しんでもらい、いかに的に当てるか?などと行った指導方法が、中国式の弓と我々の半弓に関しては共通な部分も多く、言葉ではなくゼスチュアを中心に教える道筋があるのにも感動。台灣傳統射箭聯盟の林さんと周さんがその翌週に高山にみえ、半弓道場で地元の方と弓を楽しんだりすることになり、嬉しさは倍増。弓を放つ技術や狙いの方法など個人的にも学びが多く、早く高山に戻って半弓道を極めたい。。と思うのでした。

 

宮崎県の飫肥で行われている念願の四半的を台湾で経験し、三国志や水滸伝など、中国の歴史に目がない私にとって、中国式の反りのきつい弓を持てるなんて夢のよう、台灣傳統射箭聯盟のみなさん、ありがとうございました。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック