calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

Salt Lake Archery Co.

51983540_381226612456962_3407744468462338048_n.jpg

 

Salt Lake Archery Co.

 

第二弾は、アメリカのユタ州、

 

ソルトレークシティーのアーチェリーレンジ。

 

ショッピングモールの地下に階段を降りると、夢空間、いや、弓空間。近くの学校の生徒さん(小学生?)が課外事業でフーセンを割ったりしながら、レジェンドに指導を受け、先生を含めてかなり自由に楽しんでいる上、本格的なアーチェリーを撃つ方が射場に入っており、午前中にも関わらず空きなし!(羨ましい!)がなく、近くで食事を取って午後からの挑戦でした。

 

利用料金は、一日射ち放題、道具レンタル(弓、指当て/弽)、的で12ドルくらい。

 

52093901_381226732456950_6858919062106275840_n.jpg

 

 

52350966_381226705790286_5522077501582475264_n.jpg

指導もしてくれるようですが、大丈夫だろうみたいなことを言われてしまったので、隣の方を見ながら、見よう見まねで挑戦することに。。距離は生徒さん達のそれの3倍くらい。

 

だんだんとコントロールできるようになりましたが、ターゲットの中心を狙うのは至難の技。弓が重い分、ルーティンをしっかりさせ、矢を放つ状態にし、体の動きを止めないと、ぶるぶる震え、魚のような動きをして飛んで行く不安定な矢になったり、発射の勢いに負けてあらぬ方向にバーンと飛んでしまうことも。

 

的までの距離は約30mくらいだと思いますが、一回、真ん中に入りましたので良いとしましょうか。隣で射っていた方にも「Good Grouping」と褒められたし。

 

52694922_381226649123625_1930111736786976768_n.jpg

 

これはスムーズに矢が飛んだ!出た!という時のターゲットを捉える気持ち良さが、半弓とは違ったり、一回三本の矢を射ち、射ち終えるとそれを抜きに的まで往復するのもいい運動になっていい感じ。初めてなので指導料込みで想定したのだけど、どうぞ、大人なんだからできるでしょ?という感じで自己責任で任されるのもアメリカらしいなぁなんと思いながら楽しむ。

 

半弓道場にくる洋弓経験者の方と、少しお話もできるようになるだろうし、洋弓経験者の外国人旅行者にも違いを実体験から説明できるだろうし、いい感じ。

 

https://www.saltlakearchery.com/

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック